喪中はがきが届く季節。平均寿命と健康寿命。 | モノ・お金・こころの整理で幸せを引き寄せる片付けセラピー

モノ・お金・こころの整理で幸せを引き寄せる片付けセラピー

片づけセラピスト藤岡聖子のブログです。モノの量は、こころの状態で変わってきます。お金もこころ模様に関わります。部屋が片付けば心が喜び、幸運を引寄せます。お金も幸せ大好き!整理収納で、笑顔一杯の暮らしを手に入れませんか?

 

片づけで、愛と幸せをあなたにドキドキ

片づけセラピスト藤岡聖子です。
 
 
最近、朝晩涼しくなってきましたね。
日の出時刻も、6時を過ぎてからなので
朝日が昇るのを見ることが増えました。
 
 
朝、雲の中から上る太陽を見ていると
あっという間にオレンジから光色に変わっていきます。
この色が見えるというのも
白い雲が周りにあるからですね。
自然の恵みを感じます。
 
 
さて、
喪中はがきが届く時期になりました。
年齢を重ねていくと、ご両親のご不幸があったと
喪中はがきを受け取ることが増えます。
 
 
 
幸い自分の親は、なんとか二人で暮らしていますが
いつどうなっても不思議ではない年齢です。
今年は、年賀状をどうするつもりなのか
聞かないといけないですね。
 
 
 
数年前に、父がずっといただいていた年賀状の辞退をした方がいます。
お取引をしてくださったお客様のお婆ちゃまでした。
 
 
 
父が引退してから10年たっても、年賀状をくださっていました。
それだけ父が慕われていた証ではありますが
そこまで深いつながりでもないとのことでした。
 
 
 
お婆ちゃんにしてみれば、
出す人が少なかったのかもしれません。
 
 
周りから一人、二人、欠けていく後期高齢者である仲間。
 
 
 
いずれはその立場になるのでしょうが、
若いうちは、自分のことが精いっぱいで
親の周りの人間関係なんて
気にも留めないでいるのが普通でしょう。
 
 
 
定年退職する年頃になって、
ようやくその身になって考えられるのかなと思うのでした。
 
 
 
そうなんです。
友人から、退職したとのメールがきました。
「再就職を探しに、ハローワークに行ってきます。音譜
 
 
彼女も、実母の介護に苦労をした人でした。
介護って、誰にとっても大変ですよね。
徘徊がなかっただけ、良かったって振り返っていたけれど。
 
 
 
平均寿命は延びています。
下の表は、WHO2018年版
 
 
厚生労働省が公表している平成30年(2018年)の簡易生命表1)によると、
日本人の平均寿命は、男性81.25歳、女性87.32歳。
 
 
WHOは2016年をまとめたモノで、厚労省のは2018年。
2年の間に、少し伸びたようです。
 
 
しかし、大切なのは健康寿命。
元気に暮らせるのはいつまでかというと。
 
(WHO2018年版)
 
 
74,8歳。
平均寿命との差は、9.4才。
 
 
そもそも健康寿命とはなにかというと、
心身ともに自立し、健康的に生活できる期間。
 
 
ん~~~。
10年近く、健康に問題がある~介護状態ですか。。。
 
 
介護自体の平均的な期間は、4年7か月だそうです。
 
 
 
 
 
さて、あなたはどんな準備をしますか?
 
親、そして自分。
 
健康で良い年のとり方をするために。
 
 
 
将来を見据えて、エンディングノートセミナーをしています。
個人に即したお話を、TV会議システムでしています。
遠方の方でも大丈夫です。
 
 

気になった方は、こちら。

 
 
《保有資格》
ファイナンシャルプランナー、
相続アドバイザー、
終活アドバイザー
 

ぽちっとしてね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ

 

メルマガイラストメールマガジンしています。

 

新月と満月に配信中。

皆様にお得になるような情報

最近気になることなど

自由に発信しています。

 

メルマガ登録はこちら