「もったいない」は日本人の発明の母?「ワサビチューブ」と「瞬間接着剤」 | 片づけセラピストⓇ(整理収納アカデミアマスター)藤岡 聖子official blog 親子の幸せを紡ぎ出す部屋作り

片づけセラピストⓇ(整理収納アカデミアマスター)藤岡 聖子official blog 親子の幸せを紡ぎ出す部屋作り

スピリチュアル整理収納アドバイザー
全国で7名のみの整理収納アドバイザー1級認定講師&アカデミアマスター藤岡聖子です。

整理収納と風水とカラーセラピーで
心楽しく過ごせる空間をつくります。


テーマ:

片づけで、愛と幸せをあなたに羽根パープル上反レインボー羽根パープル上反レインボー

藤岡聖子です。

 

 

今朝のNHKで、もったいないを解決しようという番組が放映されていました。

 

 

わさびのチューブに残るワサビ。(ややこしい)

 

 

こちらはメーカーにも多数の声が上がっていたようで

チューブの開発についての秘話を話されていました。

 

 

はじめはチューブの素材を柔らかくすることで

肩から押し出しやすいようにしたのだそうです。

しかし、消費者からは「ワサビが残る。」との指摘が!

 

 

そこで

チューブの肩をなだらかにし、角を無くすことで解消させたそうです。

日本人って、細かいところに目がいくのですね。

海外だったら、そこまで気にしないかもしれないな~。

 

 

 

なだらかになっているチューブは

マヨネーズ、ケチャップをはじめ

様々な容器に使われていますね。

 

 

キャップの汚れも気になるところで

そこも開発されています。

これも消費者の要求からきているのでしょう。

液“キレ”がよく、“キレイ”に使えるので、“キレいいボトル”

 

 

 

海外製だと、さかさまにして自立する容器がありますね。

肩がなだらかだと自立しないので、収納グッズの出番となります。

 

 

 

100円ショップの収納グッズは

消費者のこだわり「もったいない」が

原点になっているのかもしれませんね。

 

 

 

瞬間接着剤は、誰しも経験があると思いますが

 

「まだ残っているのに、固まって使えない。。。」

 

 

 

復活方法があるか?

 

続きはこちら

 

 

 

 

 

4/19,21幸せ片づけ風水セミナー

整理収納アドバイザー2級認定講座

 

個人ホームページ

法人ホームページ

Facebook

Facebookページ

藤岡 聖子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。