和食器のサイズについての豆知識 | うつわにこだわる方にとびきりの特別感と彩りを提案する 作家物の高級和食器を揃えた首都圏で唯一の京焼・清水焼専門店「青花堂」ブログ

うつわにこだわる方にとびきりの特別感と彩りを提案する 作家物の高級和食器を揃えた首都圏で唯一の京焼・清水焼専門店「青花堂」ブログ

普段の生活にお気に入りの器があると楽しいですよね。
さらにその器が持つ魅力・ストーリーを知ることでより愛着が湧きます!個人でうつわ好きな方はもちろん、飲食店や料理教室をされていて商売道具のうつわにこだわりたい方に必ずご満足いただける品揃えになっています。


テーマ:

和食器の大きさを測るときに、独特な数え方の単位があります。

 

「寸」という単位で、1寸=3cmになります。

 

5寸皿(約15cm)とか7寸皿(約21cm)というような呼び方をします。一般的には馴染みのない単位だと思いますが、和食器のお店に行くと必ずといってよいほど見かけます。

 

知らない人にとって、あまり親切な表記とはいえませんが、1寸=3cmと覚えておくとあとは掛け算をすれば良いので簡単です。

 

では、実際にはどんなサイズがあり、どんな料理を盛りつけるのに向いているのかをまとめました。

 

1.3寸皿(約9cm)

 

 

「豆皿」とも呼ばれる一番小さいサイズのお皿です。

お新香や、珍味などを盛りつけるのにおススメです。

 

2.4寸皿(約12cm)

 

 

お茶菓子や果物、ちょっとしたおつまみ等を盛り付けるのに最適です。

 

3.5寸皿(約15cm)

 

 

取り皿として非常に使いやすいサイズです。
使いやすい大きさなので、何枚も揃えておきたいサイズのお皿です。

 

4.6寸皿(約18cm)

 

 

少し大きい取り皿です。
1人前のパスタやサラダを盛ったり、焼き魚を盛ったりもできます。
こちらも使いやすいサイズなので、真っ先に揃えると重宝するでしょう。

 

5.7寸皿(約21cm)

 

 

1人前のメイン料理に最適なサイズです。
食卓に毎日登場するといっても過言ではない程、出番の多いサイズなので、その日の料理や気分によって変えられるように、違ったデザインのお皿を何枚か揃えておくのも良いかもしれません。

 

6.8寸皿(約24cm)

 

 

3~4人のご家庭ならメインの料理を盛りつけるのにピッタリなサイズです。

あとは、それぞれが5寸皿や6寸皿といった取り皿に取り分けていくと良いでしょう。
1人前として使うのであれば、大盛りでよく食べる方向けのお皿になります。

 

7.尺皿(約30cm)

 

 

尺とは10寸(30cm)を表します。だいたい人の肘から指先までの長さと言われています。
このような大皿を家庭で見かけることは少なくなりました。

大家族で使う場合や、お客さんを家に招くときに使います。
 

現在ではどちらかというと、展示用として飾り皿としての使われかたの方が多いかもしれません。

 

 

読者登録ボタン

 

 

 

 

ホームページ・お得なメルマガ登録はこちら▼

首都圏で唯一の京焼・清水焼専門店 青花堂

 

ご購入/商品検索に便利な青花堂のネットショップはこちら▼
https://www.rakuten.co.jp/seikadou-igata/
 
青花堂インスタグラムはこちら▼
 貴重な器を日々アップしています。気軽にフォローしてください

https://www.instagram.com/seikadou_official/

 
青花堂 赤坂店
東京都千代田区永田町2丁目14-3
TEL:03-3597-8381
営業時間 11:00-19:00
定休日 なし
 
青花堂 田園調布店
東京都大田区田園調布2-51-5
TEL:03-3722-1505
営業時間 11:00-18:00
定休日 日曜

 

青花堂さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス