学祭成沢班 公演情報

テーマ:

こんにちは!

始動後初めてのブログ更新となります。

学祭成沢班です。

 

この度の文化祭公演にてチェルフィッチュ・岡田利規氏の作品『三月の5日間』を上演させていただく運びとなりました。


公演詳細が決定しましたのでプロモーション映像と一緒に発表させていただきます!







成城大学演劇部 2018年度文化祭公演


『三月の5日間』


作:岡田利規(チェルフィッチュ)

演出:成沢哲志


【作品紹介】

アメリカ軍がイラク空爆を開始した2003年の3月21日。

この日を挟んだ5日間における数組の若者たちの行動を語る、チェルフィッチュ・岡田利規氏による戯曲。

2017年から2018年にかけて上演されたリクリエイテッド版を上演致します。


【出演者】

岩佐瑞保

土谷峻史

小杉千慧

成沢哲志

本間明香莉

高橋南帆

木村阿友美

石井優美花

熊澤圭悟

松島拓哉


【スタッフ】

制作 松島拓哉

照明 児玉悠里香  中條彩乃

宣伝美術 臼井汐音

映像製作 白崎雄太郎


【日程】

2018年11月2日(金) 10:45開場 11:00開演

11月3日(土・祝) 13:30開場 13:45 開演


【会場】

成城大学5号館 521教室


無料公演(全席自由席)

どなた様でもご来場いただけます。



皆様のご来場を心よりお待ちしております。

あともう少し

テーマ:
最近一段とに寒くなり、風邪に気をつけなければならない季節になりました。平班照明担当の一年、小林です。
本日は、当日のポスター素材の撮影と稽古を行いました。




皆さんいい表情をしていますね。
何だかんだ本番までの日数が少なくなってきました。来週にはついに本番一週間前となります。限られた時間の中で集中していいものを見せられるようにしたいです。
皆さん体調を崩ぬよう、お気をつけください。

それでは!

マジック15!

テーマ:
おはようございます。
鎗田班小道具スタッフのラムと申します。
ニックネームを名乗りすぎて本名忘れそうになっております。

本日11/18(木)をもちまして、文化祭公演までの残り日数は15日となりました。いえーい。
Twitter等にも流れておりますが、改めてこちらにも詳細を。コピペって便利ですね。

成城大学2018年度文化祭公演
[日程]
11/2(金)、11/3(土・祝)
[会場]
成城大学5号館2階521教室にて上演

[演目]
『三月の5日間』
演出・成沢哲志
作・岡田利規

『ゴレンジャー(仮)』他
演出/脚本・菅野平

『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
演出/脚色・武山夏子
原作・最果タヒ

『B・HAPPY』
演出・鎗田慶太郎
脚本・橋口征司

本公演は事前予約不要の全席自由席、無料公演となりますのでどなたでもご鑑賞頂けます。

[タイムスケジュール]
11/2(金)
10:45~11:00  開場
11:00~12:05 『三月の5日間』
12:20~13:30『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
13:45~14:45『ゴレンジャー(仮)』他
15:00~16:05『B・HAPPY』

11/3(土・祝)
10:45~11:00 開場
11:00~12:05 『B・HAPPY』
12:20~13:30『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
13:45~14:50『三月の5日間』
15:05~16:05『ゴレンジャー(仮)』他

*各公演の開場は開演15分前となります。



さて、本日の稽古風景はこちら。







………………ん?











武山班




『十代に共感する奴はみんな嘘つき』



pv公開しました



short verはこちら↓



full verはTwitter



成城大学2018年度文化祭公演

[日程]
11/2(金)、11/3(土・祝)

[会場]
成城大学5号館2階521教室

本公演は事前予約不要の全席自由席、無料公演となりますのでどなたでもご鑑賞頂けます

[タイムスケジュール]
11/2(金)
10:45~11:00  開場
11:00~12:05 『三月の5日間』
12:20~13:30『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
13:45~14:45『ゴレンジャー(仮)』他
15:00~16:05『B・HAPPY』

11/3(土・祝)
10:45~11:00 開場
11:00~12:05 『B・HAPPY』
12:20~13:30『十代に共感する奴はみんな嘘つき』
13:45~14:50『三月の5日間』
15:05~16:05『ゴレンジャー(仮)』他




【あらすじ】
「感情はサブカル。現象はエンタメ。
つまり、愛はサブカルで、セックスはエンタメ。」
女子高生・カズハは世界に対してマシンガンのように言葉を放ち続ける。
詩人、小説家の最果タヒの原作を初舞台化!
カズハの世界が一変する瞬間とは?濃密な2日間を疾走する作品。



演出/脚色・武山夏子



原作・最果タヒ








人は何かを積み上げながら生きていく、そんな風に思いながら生きるけど、それって本当にそうなのって、


積み上げていくんじゃなくて、切り崩していくのかな、


死ぬ時って何も残らない気がするから、


今の自分を構成してるパーツが、過去の自分だと思い込む、


そう思っていないと、今を生きる意味を失ってしまいそうで、


でも今を生きることに過去は関係なくて、


未来のために生きる、とかもあるんだろうけど、


過去も未来も、すこしも関係ない、


積み上げていくとか、切り崩していくとか、


そんな今の状態が何かを蓄積してるみたいな、


そんなのはどっちでもなくて、


今は今でしかないから。





この本のあとがきを読みながら、前田司郎の『生きてるものはいないのか』のことをちょっと思い出して、生きることの尊さを感じて、それっぽいことを書いてみた。




あ、

いま、過去を積み重ねた。




この考えの矛盾のようなもの、矛盾ということ自体が失礼な気もするけど、

それが今の自分に、心地よいというか、

過ぎ去っていった過去を、過去の自分が、

何を考えていたのか、何を思っていたのか、

何を美しいと、何を正しいと、

抱いていたのかわからないけど、

それが今の自分を汚すことになっても、


過去を無理矢理に整理して、なんとなく理解したつもりになりたくない。



きっと、この今書いていることも、

いつか過去になって、

でも、過去の自分は自分のものではないから、

今を生きていきたい。



今を生きる故の過ち、

すなわち、喜び、



そんなことを感じながら、舞台つくっております。

せびその目で観てください。

十代の人もそうじゃない人も。


お待ちしております。




過去の自分を、今と未来から、

今の自分を、過去から、未来から、


限界まで自由にしていたい。











久々の通し

テーマ:
こんにちは
4年の赤坂です。
昨日は久々に稽古で通しをやりました。色々と細かいところの直すところや良くするところが見つけられました。そして、残り数日の中でより楽しい劇を作っていこうと思って頑張っています!

稽古をやれる日々も少なくっていき、今の班のメンバーと一緒にやれる稽古が少なくっていくのをさびしいなと思います。自分は4年生で最後の文化祭、そしてこの文化祭が終わるとほとんど部での活動もないことにもさびしさを感じます。

思い返せば、同期全員で部の活動に参加したということも少なかったので、今回の文化祭の班で同期が多く集まれて、それで楽しく稽古をやれていることとそのような機会を作ってくれた演出さんに感謝しつつ、残り少ない稽古を大事にしていこうと思います。

文化祭では見てきてくれるお客さんが楽しいと感じられるような劇を作るよう頑張りますので、是非観に来てください!お待ちしております!!