耳の聞こえないおじいさんへの支援 | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba
2018-11-09 16:55:01

耳の聞こえないおじいさんへの支援

テーマ:くらしの相談

こんにちは。

 

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

 

以前にもブログに書きましたが、

https://ameblo.jp/seijini-kokorowo/entry-12409335118.html

 

耳の聞こえないおじいさんの支援をしています。

 

彼は、家事などすべて自分で器用にこなします。

 

しかし、今まで医者にかかったことがなかったせいか、薬を飲むことができない。

 

ホント、驚きで・・・歯医者に行ったこともないと言っていました。

「自分でね~、いち、にい、さん、しい・・・ご、ろくかな?全部自分で抜いたの」と。

 

 

今、彼は、靴擦れが悪化してものすごい腫れて、抗生物質。てんかんがあるので、その薬。それから耳の薬が必要です。

 

急にこれだけの薬を飲むことになって、彼は認知機能が低下しているのだから、飲めないのも無理はない。

 

忘れたり、間違えたり・・・

 

 

朝、昼、夕と飲む薬を分けて、袋に入れて渡したけれど、忘れてしまう。

 

薬を飲むときだけ来てくれるヘルパーさんはいないし、そんな支援はないと言われ・・・

 

だから、今、私の事務所に来て薬を飲んでいます。時間にはちゃんと来るようになって、もう少し練習すれば一人で飲めるようになるかもしれません。

 

この間、耳鼻科、皮膚科、脳神経科とあちこち一緒に病院に行きました。そう、通院の支援というのも介護保険ではできないのです。

 

だから一緒に私が病院に行っています。

 

耳が全く聞こえないので、ボードをもって筆談でやりとりしています。

 

昨日は、先日耳鼻科で、偶然、鼻のなかにできものがあるのが発見され、総合病院への紹介状をもらっていたので、行ってきました。

 

検査、検査、すごく時間がかかり、二人してヘトヘト。

 

来週結果が出ます。来週また一緒に行くしかありません。

 

結果が悪性だったら・・・心配です。

 

事務所の花壇をすごくきれいにしてくれました。

 

毎日朝、夕、植木に水をあげてくれる。

 

ありがとう。

 

今、入所にむけて施設を探しています。

 

なんか、お別れが悲しい。

 

ちょっとの支援で、まだまだ一人で暮らしていけるのに・・・

 

 

明るくて性格がいい。

 

太陽のようなおじいさん。

 

まだ、もう少し、このままくらしていけたらと・・・

 

その人に応じた、必要な支援がない。

 

この国の介護は本当に脆弱です。

 

 

 

 

 

 

久保みきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース