夏の思い出~息子と過ごした夏休み | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba
2018-09-09 16:28:32

夏の思い出~息子と過ごした夏休み

テーマ:子どものこと

こんにちは。

 

夏を振り返って・・・

 

 

8月13日から約1週間、息子とお盆休みを過ごしました。

 

ブログを読んでくださっている方は、すでにご存じと思いますが、息子は重度知的障害の自閉症です。

 

26歳です。

 

浦和特別支援学校に12年通い、卒業して障害者のリサイクルショップで働いています。

 

今は親元を離れて先輩2人と一緒に3人で3DKのアパートを借りて、健常者に手伝ってもらいながら暮らしています。

 

お盆休みに父のお墓まいりに二人で行きました。

 

お墓は千葉にあります。

 

父は住んでいたマンションの近くのお寺に亡くなる前に自分でお墓を買っていました。

 

父が亡くなってしばらくして、母は老人ホームに入りましたので、お墓の近くには私の家族は誰も住んでいません。

 

息子が千葉に行くのは、10年ぶりくらいのことだと思います。

 

息子は、電車の乗り換えなどよく覚えていました。

 

途中自販機でCCレモンを買いました。

 

いつもはコーラが好きでコーラを選ぶのに?

 

押し間違えかな?

 

そうだろう。

買ったけれど手にぎゅっと握って飲もうとしません。

 

駅に着くと、お墓と反対の方向に走っていく息子。

 

「そっちじゃないよ~」

 

叫んでも反対方向へ早歩きする息子。

 

身体も大きく体力もあります。

 

私はがんばっても追いつきません。

 

母の住んでいたマンションに行ったのです。

 

よく覚えていたものです。

 

もう、そこには住んでないのに・・・

 

オートロックなので、インターフォンの前に立っていました。

 

母の老人ホームには何度も一緒に行っていて、引っ越したと理解していると思っていましたが・・・またこっちに戻ったと思ったのか?

 

困りました・・・

 

頑として動きません。

 

もしだれか住民の方がおりてきて、ドアからでたらそのすきに入ってしまうだろう。

 

息子はエレベーター乗って昔母が住んでいた家に行ってしまうだろう。強引に入ってしまうかもしれない・・・どうしたらいいのだろう・・・私は本当に不安でどうしたらいいのか分かりませんでした。

 

適当に番号を押して呼び出した息子。

誰もでませんでした。

 

ようやくあきらめて戻りました。

 

じっと、CCレモンを見る息子。

 

思い出しました。

 

昔、本当に押し間違えてCCレモンを買ってしまい、そのまま母のところへ行き、息子はCCレモンを母に渡しました。

 

母はとても喜んで、息子はセンスがいいと、とってもおいしいと喜んで飲んだように思い出します。

 

覚えていたんですね、

 

その後、お寺に行ったけれど、4時を過ぎていたのでお墓の入口に柵が閉まっていてお墓参りはできませんでした。

 

その後もハプニングがあり、疲れて果てて、その日は千葉のビジネスホテルに泊まりました。でも、夜中、「帰る」と言い出したり・・・懸命に説得して分かってもらえました。

 

翌日、二人で葛西臨海公園に行きました。

 

ここも小さいころによく行ったところです。

 

 

懐かしかったです。

 

 

 

夏休みとあって、とても混んでいました。

 

はぐれてしまったり、てんやわんやでした。

 

 

他にも1週間、いろいろ大変なことがありました。

 

でも、今思えばいい思い出となりました。

 

息子、母、ほんの少し成長できた夏でした。

 

来年はどんな夏休みになるのだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保みきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース