LGBTの方々の差別解消へ。同性パートナーシップ認証制度を求める請願、採択されました。 | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba
2018-07-09 21:00:10

LGBTの方々の差別解消へ。同性パートナーシップ認証制度を求める請願、採択されました。

テーマ:市議会

こんばんは。

 

西日本を中心に甚大な豪雨被害が出て、

胸が苦しくなる思いです。

 

被害にあわれた方に心よりお見舞いを申し上げます。

 

 

今朝は西浦和駅に立たせていただきました。

 

ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

さて、6月議会の報告の続きです。

 

今議会では、市民から出された請願が採択されました。

 

請願の採択はめったにないことなので、本当にうれしく思います。

 

日本共産党、立憲・国民・無所属の会、公明党の3会派が障害議員となったこの請願は、

 

「同性パートナーにおける『パートナーシップの公的認証』に関する請願」でした。

 

一部自民党議員の退席はありましたが、反対なしで採択されました。

 

同性同士で生活をする人にも家族として認証する制度を求めたこの請願は、LGBT当事者の方から出された請願でした。

 

LGBTと言われる性的マイノリティの方々は、今や、13人に一人と言われるほどです。

 

かつては病気として治療の対象とされていましたが、現在は否定されています。

 

けれど、今でも偏見や差別は根強いものがあります。

 

ありのままでいい。

 

ありのまま、自分に正直に生きていける権利は当たり前の権利のはずです。

 

世界的にも社会制度を見直し、LGBTの人たちが排除される現状を改める動きが広がっています。

 

日本の法律では、婚姻は男女の間のみ成立します。

 

だから、家族として認められない。

 

家を借りる時や病気の治療の承諾などが認めてもらえません。

 

行政が同性の家族を認証することで、そうした問題が解決されるなら、さいたま市でも絶対にそうするべきです。

 

請願が採択されて、これで、さいたま市も「同性パートナーシップの公的認証制度」へ一歩踏み出したと言えます。

 

早く実現しますように。

 

久保みきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース