【栃木県】

那須(那須の篠原)…なす(なすのしのはら)

 

《現 在》

栃木県那須町、那須塩原市、大田原市など

 

《原文と訳》

おくのほそ道~那須野

おくのほそ道~黒羽

おくのほそ道~雲巌寺

おくのほそ道~殺生石、遊行柳

 

《検 証》

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須①八重撫子のこと

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須②馬は一人で帰れるのか?

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須③黒羽の知人とは誰か?

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須④芭蕉が歩いた直道

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須⑤芭蕉が泊まった「玉入」

「おくのほそ道」をいろいろ考える~那須⑥ふたたび「八重撫子」

 

《説 明》

栃木県北東部に広がる、広大な平地と緩やかな丘陵・高原地帯。
古来は狩をし、武士の世になってからは武術や馬術の鍛錬する場所として知られた。

か細い道が多く、旅人にとって、道に迷いやすい草むらが広がっていた。

 

《和 歌》

みち多き那須野のみ狩りの矢さけびにのがれぬ鹿の声ぞ聞こゆる    藤原信実
(みちおおき なすののみかりの やさけびに のがれぬしかの こえぞきこゆる)
 
もののふの矢並つくろふ小手の上に霰たばしる那須の篠原      源 実朝
(もののふの やなみつくろう こてのうえに あられたばしる なすのしのはら)
 
 

【俳句アトラスHP】  UP!  http://haikuatlas.com/   ←クリック!

【刊行句集のご紹介】
 渡辺政子句集『修二会』出来ました! NEW! 
【NEWS】  
 辻村麻乃句集『るん』を読む会  
NEW!

  俳人・髙柳克弘の世界展    

 加藤房子句集『須臾の夢』第21回横浜俳話会大賞受賞!  

 「鴻」第13回全国俳句大会   NEW!
【俳句講座LIVE】        
 第9回 「俳句の“切れ”について 俳句には2つの切れがある」 
  第10回「不易流行について 芭蕉が晩年提唱した理念」 
  第11回「近現代俳句史① 正岡子規の俳句革新運動」