瞑想って何? | 自然 (じねん)
新型コロナウイルスに関する情報について

自然 (じねん)

自然道・主宰、下野誠一郎のブログ。
森羅万象を表す自然(じねん) について語っていきたいと思います。あとは自然道のワークショップの予定など。どうぞよろしく。


こんな質問が来ました。



「瞑想とは、何も考えず、頭を空っぽにすることですか?」



結論から申し上げますと、人は意図的に思考を止めることはできません。



思考を止めようとすると、当然「思考を止めよう。」という思考が湧いてきます。



瞑想によって、思考が消えるとすれば、それは結果です。



瞑想と一言で言っても、様々な種類があります。




その種類の分け方を簡単に言えば、浅いか、深いか。




残念ながら世で教えられているほとんどの瞑想法は、浅い瞑想で、あまり効果がありません。



マントラなどを伝授されて、深い瞑想に入る方法があります。こちらの方は、効果があるでしょう。しかしお金がかかります。さらに頻繁に瞑想会に出席しないと長く続きません。




私の教えている神門瞑想は、ひじょうに簡単な方法で、深い瞑想に入ることを可能としています。



深い瞑想とはなんでしょう?



人は、食べ物だけからエネルギーを得ているわけではありません。




宇宙からのエネルギー、空からのエネルギー、源からのエネルギー、呼び方はいろいろです。



そのエネルギーを取り入れて生きています。



このエネルギーがエネルギーの貯蔵庫であるハートに入って来るのが、夜眠っている時、本当に深い睡眠状態が訪れた時、なんです。



その時間はわずかに5、6分。



エネルギーだけではありません。本来の自分が、望む生き方をするための様々な情報もその時手に入れています。



そして、それらの情報は、全然別の時間にダウンロードされます。



深い瞑想に入ることができれば、睡眠時に深い睡眠が訪れた時よりも、もさらに堅固にソースと繋がることができるのです。



思考はエネルギーです。感情もエネルギー。そして、怒りもまたエネルギーです。



これらのエネルギーは、三次元に存在していません。



繰り返される無駄な思考、抑え込まれたネガティブな感情、抑圧された怒りのエネルギーは、やがてゴミとなり、ソースと繋がるエネルギーラインに詰まってきます。


するとソースから送られるエネルギーに滞りが起こりはじめます。



三次元的な身体に入ってくる生体エネルギーが、減れば、やがて心身共に衰えてきます。


深い瞑想に入ると、ソースからのエネルギーの流入量が一気に増えます。



するとエネルギーラインに詰まったゴミが押し流されてくるのです。



そのゴミは、三次元的な身体を通して排出されます。



瞑想時、雑念が湧いたり、感情が吹き出だしたり、涙が流れたり、体が動くなどの現象が起こります。


それらの現象は、ゴミが排出されることによって起こるのです。



怒りは、瞑想時には出ません。



瞑想を続けていると、ある日突然、抑えきれない怒りの感情が湧いてくることがあります。


あるいは怒りを爆発させるためのシチュエーションが用意されることもあります。



そんな時、怒りを爆発させても、それほど問題にはなりません。



怒られた相手も、怒った自分も、その後、なんであんなに怒りの感情が爆発したのか、よくわからない、という結果になります。



そう深い瞑想とは、エネルギーラインの浄化を促進するものなのです。



瞑想を続けていれば、思考のゴミが浄化されて、そのうち雑念もわかなくなります。それが瞑想をすると思考が消える、という結果になるのです。



神門瞑想を、一日30分、あるいは1時間やれば、どうなるでしょう?



こんな効果があります。



自律神経が整います。

深い睡眠が取れるようになり、睡眠時間は短縮されます。

活力が溢れてきます。精力も溢れてきます。

物事に積極的に取り組めるようになります。

無駄な思考がなくなります。

直感力が冴えてきます。

迷いがなくなります。

心が平安になります。

物事にこだわらなくなります。

物事が自然に起こるようになります。

心身ともに健康になります。

性格が明るくなります。

運も良くなります。

人生が楽しくなります。




瞑想する時間がないと言う人がいます。



しかし一食抜いても、仕事サボっても、瞑想をした方が結果はずっと良くなります。



少なくとも睡眠時間は1時間から2時間短くなるのは確実です。




瞑想を習慣化した人はラッキーです。


これから一生、あらゆる不安から解放された自由な人生を送ることができるからです。


どうぞ瞑想会とワークショップにお出かけください。




今年はまだ山菜料理と筍料理を作っていません。

これは去年作った山菜と筍づくしの朝ごはん。

ああ、山菜と筍が食べたいよ~(≧∇≦)

{B3D9FF90-EC7A-43F0-A57B-75C50B9EAB3F:01}