戦略人事 | 越智経営サポート/社会保険労務士 越智事務所

越智経営サポート/社会保険労務士 越智事務所

経営戦略・ビジネスモデル・組織作りをサポート


テーマ:

戦略人事とは?

「戦略人事」とは、企業経営において、経営戦略と人材マネジメントを連携・連動させることで競争優位を目指そうとする考え方、およびそれを実現するための人事部門の機能や役割などを包括的に示す用語です。

今までも人事部門には、事務処理や労務管理などの定型的なオペレーション業務だけでなく、人的リソースの適正配置やプロジェクト管理、人材開発などを通して経営戦略の実現を支援する“ビジネスパートナー”としての機能が求められてきました。

2000年代以降、人事のそうした側面があらためて重要視されており、「戦略人事」がキーワードとして注目を集めています。

(日本の人事部 より)

 


 

戦略人事が担うべき役割とは?

人事は、自社の経営戦略を、経営陣と同じレベルまで深く理解したうえで、「人や組織の専門家」としての意識ををもって、経営者の意思決定のサポートや助言にあたり、時には反対意見を述べてでも戦略を実現できる組織を創りあげることが求められます。

そのためには、自社のビジネスモデルや事業環境、組織を俯瞰したうえで、競争優位を維持するための人材戦略を考え続けることが必須となります。

(BizHint HR より)

 

 

人事の施策は経営理念や経営戦略、事業戦略などから作り出されるものであると同時に、経営戦略の一部であると思います。。

そして、社労士にも同じことが求められていると考えています。

 

越智成悟さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス