先日、ムスコのガル男、中学の卒業式が、やっぱり簡略化され、参加できる保護者の数も絞られながら、実施。

 

ムスメのガル子の時同様、平日に卒業式が開催されるというこのスケジュール・・・。

 

月に2回も有給取れるか~い

と旦那、卒業式に参加できず。

 

サラリーマン、しかもティーンを子どもに抱えるというこの年齢の親は、中間管理職。上からも下からもそう簡単には好きになってもらえねぇ厳しい立ち位置・・・。休み2回も取ったら、「何を休憩しとんねん」ですわ・・・。

 

ムスメのガル子にぼやくと「うちの学校、自営業の社長多いから

」と

 

ぐうの音もでねぇ...

 

ということで、2名参加枠のひとつが空いたので、ムスメのガル子と一緒に卒業式へ向かったのである。

 

もう今年が最後やな、というあのユースオーケストラ用に買っていたタキシードに、ジャズコンサートで着た黒いシャツと花柄ネクタイという


リノの音楽シーンセットで着飾ったガル男。

 

こうして式は始まったのだが・・・

 

今回の主役は15歳。ムスメの時の18歳主役の時にくらべるとやっぱり、幾分保護者の年齢層が若くなる。特に15歳が長男長女の場合は特に・・・。そうなるとどうなるかというと、中年の代名詞、呼吸するように出てまう「咳払い」がもともと搭載されてない人たちが増えるのだ。

 

このご時世、咳払いは、御法度

 

その中で平均年齢を引き上げている一派にいるワタシはというと、その機能を搭載してしまっているので、式中何をしていたかというと

山ほどツバを飲み込む

 

それだけでは心もとないと、右手にフリスクをスタンバイ。出来るだけ口の中での滞在時間を伸ばそうとするのだが、言うてもミリサイズの粒、すぐなくなってもうて、また次を放り込む、また次、また次と、その感覚

ししおどしのカン!くらいのペース

 

清涼感でしかない胃が出来上がるという。

 

こうして、一回たりとも咳払いを聞くことなく、式は無事終わり、子供たちのクラスごとの記念撮影が中庭で行われることになり、その様子を2階のバルコニーからぼんやり見ていた。

 

すると、ムスメのガル子がお世話になった先生がやって来たので、色々と昔話に花を咲かせていた・・・その時だった。中庭にいる拡声器を持っている先生が「今この写真に写るのは、1組のお子さんと保護者だけですよ~、ほかのクラスの保護者は入らないでくださ~い」と。

 

記念写真用に並んでいる子供たちを見ると、いつのまにか後ろ3列に保護者が立っているではないか。

 

え?保護者も写真に入んの!?

聞き漏らしてた~

 

と、その時点で初めて知ったオカン。ガル男のクラス?1組ですやんか。オカン、急げ~!と階段を駆け下り、中庭を猛ダッシュ。「あ~あ~あ~」と苦笑いのガル男。急いでひな段ステージを駆け上がるのだが、一段ずつの段がまぁ、高いこと。なんとか空いていて上の方の段に滑り込みセ~フ。ガル男からは遠く離れた位置に立つことになり

コレ、誰のオカンよ

状態。

 

焦って走って降りて登って、もう

フリスク、上がってくるか思たわ

 

 

おめでとう、ガル男。

こんなオカンで申し訳。



 

【おまけ】
・アメリカで「聞いてへんで~おいっ!」と早朝からパニクったお話は➡コチラ                             
・アメリカのスーパーのトイレで出くわした、便器様が「オレ、聞いてへんで~!!」と言うてるように聞こえた驚きのテクノロジーのお話は➡コチラ

 

【お知らせ】
休校中どうすごしてる?
ちょっとした暇つぶしpresented by ガルたち
夕方ごろ投稿予定!
お楽しみに!

 

★ランキングに参加中。押してってくれたら泣いちゃう★
 
★ココを押したらこのブログのフォローできちゃう★
 
★Boiの楽天ルーム始めました。ブログ内で紹介したものをのせていきますよってに★
 
★このブログに初めてお越しの方はコチラ。登場人物の紹介があるので、途中からでもブログがわかりやすくなります★
 
★インスタやっとります。フォローしてくれたら嬉しいやん★