市長第1516号回答で「周辺の皆様との連携が不可欠」と、基準をすり替えてきました。
1778号では「開発許可申請されたものは都市計画法で技術基準管理者の同意で許可する」と周辺住民の賛同無しでも許可するとの回答。
横浜市は、都市計画審議会で「周辺住民の賛同得るために今後市と事業者が協働して行う」と答弁しており、公約を反故にするのか質問しました。
陳情書(pdfファイル)

 

2021/2/5付で陳情書への回答がありました。
市長は、「事業者に対し市民の皆様の質問等に対応するよう働きかける、市の事業者への働きかけは上郷開発の魅力や利便性を高めるために周辺の皆様との連携が不可欠との考えで行っている」との回答で、「周辺住民の賛同を得る」とはなっていません。
横浜市は、周辺住民の賛同を得ないまま詭弁を弄して許可するなら、詐欺行為と言わざるを得ません。更に追求していきます。
回答(pdfファイル)