カプコン: Dead Rising3のチューニング中。30FPSが目標に | みらいマニアックス !
新型コロナウイルスに関する情報について

カプコン: Dead Rising3のチューニング中。30FPSが目標に

カプコン・バンクーバーはMSの協力を受け、ロンチに間に合うようにDead Rising3のパフォーマンスの改善を試みていると、同社のシニアプロデューサー、Jason Leigh氏がVideoGamerに語っている。

本日午前に行われたこの作品のフレームレートとパフォーマンスについての議論で、Leigh氏は開発チームが「(このゲームの)パフォーマンスに多数の問題」を抱えていたことを認めた。これは理解しうるものだ。

「このデモは実際には数週間前のもので、現在はもっと良くなっています。リリースするまでにはもう少し改善していく必要がありますが。

E3とGamesComで展示されていたデモでは、数多くのゾンビが画面に表示された際に30FPSを大きく下回ることが見受けられる等、一定のフレームレートを維持するのに苦しんでいた。

「私たちの目標は30FPSです。私たちはバンクーバーにおり、MSはシアトルにありますので、訪れるにはたったの3時間しかかかりません。ですから私たちは技術の人間をいったりきたりさせているのです。MSの人も、このゲームがロンチ時点でスムーズに動作するようにサポートしてくれています。


NS: Videogamer  Capcom working with Microsoft to improve Dead Rising 3 performance in time for launch