気まぐれにたわごと

ブログ名を変更しました。好きなマンガ・アニメ関連の話題をチラシの裏的に雪利が語ってます。


テーマ:

死んだ目で家事をする母。

水入れに水汲んでますが、あきらかにあふれてます。

ジョージィを追い出したら息子二人も出て行ってしまったせいです。


アーサーの献身的介護の末、目覚めたジョージィはケビンに頼む。

自分が何者か詳しく知りたいと。

ケビンはバトマン家が赤ん坊のジョージィを引き取ったいきさつを説明する。


流刑囚の夫を持つ母は森で赤ん坊のジョージィをバトマンパパに託して息絶えた。

遺体も追っ手に回収されて・・・・もうない。

-------------------------------------------------------------


説明終わってケビンは兄弟に家に帰るように言う。


だが、ジョージィがいない家には帰らないと言うので、

母は流刑囚の子だからジョージィを憎んだのではなく、

息子を愛するがゆえに心配して思いつめてやったのだと説得。


それで冷たいというよりは、息子を思う愛ゆえの事だと納得し、兄弟も家に帰る気になる。


精神的ダメージが大きく、疲れて眠るジョージィ。


帰りを待つ母の為に先に帰るアーサー。帰ってやりたいけど

目覚めるときジョージィのそばにいたいと言うアベルは残り、  抜け駆けして告白。

ジョージィはロエルを愛してるので困ります。 言葉も出ません。


ジョージィはあとで母さんさえ良いと言ってくれるなら家に帰りたかったのに

アベルがあんな事を言うから帰れないみたいな事をケビンに言う。


本人がいなくなった所で責めるような言葉!!。Σ(゚д゚|||)ガーン

本気の告白貰ってんのに感じ悪い女だな・・・・。


確かに兄と思ってた相手から急にそんな事言われたら困るだろうが、

ちとあんまりだぜ。(´;ω;`)


母は子供達がいつ戻ってもいいように部屋を綺麗に整えます。

娘の部屋もきちんとセットしつつジョージィのベッドで泣き伏せる。


ジョージィを追い出した事も後悔してるのです。


そうこうしてるとアーサーが戻ってきたので母感激!!。

ジョージィとも仲良くやると約束します。


その後、アベルは家の前に戻ってきて浮かれながらアーサーについに告ったと

はしゃいで報告。(おい、無神経だぞ、兄・・・!)


当然、自分のプロポーズは断られないと思い込んでるアベル。

すごい自信です。(´-д-;`)

アーサーはロエルの事を知ってるので呆然となるが


呆れる通り越して哀れだと感じてる顔に見えました。


アベルが思い切り道化です。

なんと言う空気読めない、バカ。って、カンジです。

バカすぎていっそかわいいです。(笑)



ロエルは船の中でエリーズに別れ話を持ち出す。

あなたは貴族のしきたりや家のしがらみから

抜けられないと言うが、家も何もかも捨ててもいいとロエルは言う。



だが、ロエルは絹の服を脱いで生きられる男じゃない。

それを知っているエリーズ。

まだ希望は捨ててません。


彼女は昔からロエルを見てきた幼馴染ですから。


次回はジョージィが長い金髪切って船乗りになって

ロエルを追うって話ですが、セミロングになっただけでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

うわあああああおおおおなんじゃこりゃーーーーーーーっ

作画大崩壊の巻イイイイイイイ。


てか、オンザ眉毛やめろおおおおおおおおおおおおっ!!

アベルとアーサーがかわいそうだ!。

ぶっちゃけ悲劇のジョージィよりかわいそうだ!。(え)


ja

今回アニメから画像拾う気が萎えた。 ('A`) なので自作のイラストあげます。


アベル、木にもたれてお昼ね中に寄り添うジョージィ・・・の図。木が見えないけどね。・・・。


将来アベルと、こんな風に仲良くおだやかに過ごしてくれたら

良かったなってゆう願望。(´・ω・) 


巨にゅうになってるのは成長したらもしかしたら

おっぱいも大きくなるかもという妄想。(笑)

-----------------------------------------------------------------


では,本編を簡単に説明。


今回、ジョージィがロエルとの逢引から戻ると

マジ怒りの切れた母さんに出生の秘密を聞かされ、家を追い出され、絶望してると

ロエルの幻を見て、川にドボンという話です。


救出したのはアーサー。

ケビンの家でジョージィの体が冷え切ってるので人肌で暖めるという事件もあり。


ジョージィの楚々としたチクビも見えてました。

|・`) ・・・・でも別に萌えなけどね・・・。

|彡サッ

てか、寝顔がかわいくありません。顔、伸びてるし。

オンザよりはマシか?。


暖めを犬が手伝ってるのにうけた。

エロさを軽減しようとのスタッフの配慮かと。


てか、犬の行動に感動して泣くケビンって・・・。

アーサーの献身的介護より、そっちで泣くとは!!・・・動物ネタに弱いタイプか。(笑)

しかし、アーサーが裸で暖める行為よりも俺の熱い思い、全部お前にやるとかいうセリフが

くさくて恥ずかしかったよ・・・。


今回はお母さんに同情しました。かわいい息子を思えばこそですよねえ。

罪人の子供に息子やりたくないって、普通の親なら思うよね。

ジョージィ自身に罪はなくても。


そうそう聖人っぽくなれないよ、人間は。

子供の頃に見たのなら多分、母にムカッとしてるんだろうけど

大人になるとこの場合、同情するね。


あ、アベルがジョージィはロエルを好きなのに

まだ気がついてなくて結婚するって意気込んでるのが気の毒です。


あらら・・・・です。(´-д-;`)

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

不満!!。母からジョージィの出生の秘密を聞かされました。
そしてあろうことかアベルはジョージィが流刑囚の子だと
知ってあきらめようと悩んでる。

原作マンガじゃ最初から知ってて恋してたと思うから
こんな悩みシーン、なかったように思うけど。

犯罪者の子だから諦めようとするのはかっこよくない!ヽ(`Д´)ノ
バカってゆうより、不甲斐ないというか、器が小さいっていうかね!!
諦めようとする理由が気にいらん!。

アーサーはジョージィの出生の秘密を聞いて、
可哀想なジョージィ・・・と、こっそり泣いてます。(ノД`)



そしてアベルはジェシカの店で飲んだくれてる。 ('A`)


あげくジェシカにせまる。 ('A`)


ジョージィを忘れる為に他の女に手を出しました。


めくるめく快楽の世界に突入しそうになるが・・・
ジェシカに愛してるわ、信じてもいいのよね?と、言われると、途中で止めたアベル。

愛してない、と答えて。ジェシカショック!!。
プライドはきっとガタガタになった。

アベルよ・・・正直なのは認めるけど・・・。orz 

そして去るアベルにジェシカは思わず追いすがって質問。

答えて、恋人がいるのね?。それに「ああ」と答えたアベル。


ほんとにほんとにオバカさん♪
教えてあげよかお馬鹿さん♪

(スクールランブルED曲)

まだつきあってないだろって何回言えば・・・!!。
アベル脳内では、恋人と想い人が同じなんですね。

かたやジョージィはロエルに夢中。


嵐の夜、寝付かれなくてロエルの事ばかり考えてたら・・・・・・

Σ(・ω・ノ)ノ いましたよ、外に!。


雨に打たれながら。びしょ濡れで。はたから見たらストーカーですよ。(´Д`;)
しかし。以心伝心にもほどがあるぜ!。


そして・・・この嵐の中の密会熱烈ラブ現場をおかんが見ました。

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン


なんて子だろう!アベルはジョージィの事で悩んでるってゆうのに!

って、激怒。


エリーズとの婚約破棄して戻ってくると約束したロエルは去り際に

ジョージィへのプレゼントでオルゴールをくれるのですが、


それを袋に入れてあろうことかジョージィの首に下げます。

工工エェ(´Д`)ェエ工 おつかいのワンちゃんか!?犬あつかいか!
もっと人間らしく!(爆)

わざわざ首からかけなくても無くさないだろ!と、
思ったが、この先の展開だとありうるな。川にドボンで。

サンドイッチ落としたの覚えててあんな事してんだったらマジウケるけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

舞踏会の日がやって来ました。

バトマン兄弟は貴族を怒らせ、総督の孫

(資産家)ロエルに無礼を働いたのに招待されています。


パーティの準備をするロエルサイド。


ジョージィが来るのを心待ちにしていたロエルですが、

総督がジョージィにブーメランの腕を客の前で

披露させようと考えてるのを知り、

(; ゚ Д゚ )そりゃないべ!ってなもんです。

それじゃまるで見せ物だと反対する。


たしかに舞踏会に来てそんな事やらされたら大道芸人みたいですよね。

エリーズはろくにマナーも知らないのだからせめて芸でも見せないと

かわいそうで意味ないみたいな事を言います。

凸(▼皿▼メ)コノアマ!


招待したのは間違いだったかもしれないと考えるロエル。

うん、間違い。(´・ω・`)


一方、バトマン家。

ドレスを持たないので「このままでいい」などと

ジョージィは言ってます。( ̄△ ̄;)エッ・・?


みすぼらしいのでやめた方がいいよ!。

カーテンでドレスを作ってからかわれたのを思い出せよ・・・!。

シルクのドレスで武装してんだろうからよ、やつらは!。


アベルはエリーズがむかつくし、見下されるので反対する。

もっともだよ!。


でも行かないともっとアレではと懸念するアーサー。

待て!、(;゚⊿゚)ノよく考えろアーサー!。


母も反対、何より私が恥をかくと、止めます。

ここはおかんに1票。


牧場にて

結局舞踏会は諦めるジョージィ。


いつか素晴らしいドレスを買ってやると言うアベル。

あの高慢ちきな姫よりよほど今のお前の方が綺麗だと褒める。


( ^-^ *)良かったね、

彼は本気で言ってますよ。


伝書犬がやって来て、ケビンの家に行くジョージィ。

コーンのつぶとり機のお礼に死んだ女房の若い時のドレスをくれました。ヤッタネ!


これで舞踏会に行けばいいと言われますが、窮屈な思いするだけだから

行かないと説明するジョージィ。


アベルやアーサーに見せて驚かせたいのでさっそく他の部屋で試着するジョージィ。


水辺にやってきて一人物思いにふけるジョージィ。

このドレスは胸が余る。かがむと見えそうでやばい。(*´Д`)・・・・サービス?(笑)

ケビンの奥さんはすごいボイン(死語)だったのだろうというジョージィ。


本当は舞踏会に行けず、少し残念なジョージィ、

ロエルの事を思って一人で赤面したりしてます。


そんなことしてるとロエル登場!。


ドレス姿を褒め称えたり、エリーズは幼馴染で

妹のような感情しかもてないとか言いつつ、くどきにかかる

あまつさえ・・・

(*・(  )ちゅっ


そして

その現場を目撃してる男がいました。

アベルです。

今日はお家目掛けてダッシュという逆パターン。 酒をあおります。


(#`皿´) あの野郎ーーーー!

ジョージィにキスなんてしやがって・・・!と

マジ怒り。


薪割りしてたアーサーがやってきて急ピッチで飲む兄を心配しますが、

切れた兄貴にジョージィに本当の事を話すと言われ、喧嘩勃発。


ジョージィに真実を知らせれば家族を失うという事で傷つく。

アーサーはだから止めたい。 言わせたくない。

自分の想いを封印してでも幸せを願う。


でもずっと隠し通せるものでもなかろう、あからさまに似てない。

家族の中で一人金髪。


きちんと現実を認めさせて、それでも自分は愛してるから

幸せにすると、それを信じさせてあげられるならアベルもそう悪くはないのですが、

家族というより所を無くす事に耐えられるほど今の彼女は強くはない。


でも本当の事を隠されてると怒る人もいますから言ってみるまで普通わかりませんよね。


アーサーは年の割りに出来過ぎな人格者です。

典型的少女マンガ王子系キャラです。


しかし、髪型のせいで私はアベル派です。

情熱的で男らしい、我侭さ加減も思い込みの激しさもはたから見てる分にはいい。

ほとんどの人間は自分のやりたいようにしか出来ない気もするし。

人間らしいです。

傷付けても奪われたくない、その様子はまだ、愛というより恋って感じが

痛くていいです。 焦げるような感情が。


暖かいアーサーと熱いアベル。引き立てあってます。


3次元、リアルでは私も温厚な優しい人がいいけどね。


そして今の所、ロエルはぬるい感じです。

まだ逢って間もないのにキスしたりとか、テンション高めなわりに、イマイチです。


喧嘩の途中で母が戻り、かわいい息子二人が喧嘩する

元凶がジョージィだと知るや、嘆きつつ不吉な流刑囚の子だとバラす。


あげく、家を追い出してやると言う。


兄弟は流刑囚の子だとは知らなくてアベルはまた恒例行事で家を飛び出すが、

結局誰の子でもジョージィを嫁にしたいという結論に達するアベル。


アーサーは家で母のなだめ役。


大波乱です。


空気読まずにジョージィは戻って来てドレス姿を見せるが、母はさっさと脱げと怒ります。


ジョージィを魚とりに誘って銛も持たずぱんつ一丁で潜るアーサー。


それで素手で魚取れたらすごいよね。(笑)

でも網持ってたから追い込み漁か。(設置してなかった気がするけどね)(笑)


捕ったどーーーーーーーーーーーっ!ってちょっとやって欲しいと思う私には

ロマンが足りませんね。( ̄∀ ̄*)HAHAHA



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。