固まったイメージが身体の飛躍を邪魔してる? | 大阪市福島区こころとからだのトータルケアサロンシーズ

大阪市福島区こころとからだのトータルケアサロンシーズ

大阪市福島区にある隠れ家、こころとからだのトータルケアサロンシーズです。

ゆったりとした時間を過ごしながら
心や体の重い荷物をおろすお手伝いをさせて頂きます。


テーマ:

柔道整復師、相生晋平です。

 

「こりがあるから、血流をよくするのに店に行ってストレッチをやってもらわにゃいかん」

 

というご主人の言葉に、その奥様は

 

「毎回そんな話しとるけど、効いとるの?」

 

なんて、会話をしておりました。

先日、ある喫茶店にいて、そのお隣の席にいた老夫婦の一コマです。

 

まだまだ、

 

血流をよくする行為=ストレッチが一番

 

みたいなイメージが蔓延しているんかなぁ、と印象的なシーンでした。

 

そもそもストレッチとは何か?

 

ウィキペディアさんに解説をお願いすると、

 

「ストレッチ」という言葉は、1960年頃にアメリカで発表されたスポーツ科学の論文中で使われ始め、1970年代後半より急速に概念が広がった。 ボブ・アンダーソンの著した『STRETCHING』(1975年)が普及を大きく促進したといわれる[3]。アンダーソンが提唱した静的ストレッチは現在、広く用いられている。

 

という文言が最初に出てきます。

 

スポーツも様々な進化を遂げている世の中で、いわゆる筋肉を伸ばせばいいというイメージだけが1960年頃のままになっている気がします。

 

一つのイメージを追い求めるのは簡単で効率的かも知れません。

 

が、本当に何かを改善したいというのであれば、正しく原因を考えられる環境も大事になうもの。

ストレッチは組織を伸ばす運動ですから、血流を促すが目的になると効果は大きくない方法にあたります。

 

ですが、なぜか上記のご主人の会話のような思い込みが生まれる。

 

そして意識やアクションが限定されてしまいます。

 

効果が薄い時は、最適なアクションができていないからかも。

 

メンテナンスの方向転換をお願いできる環境かもポイントにできたらうれしいですよね。

 

ストレッチのやった感や心地よさも魅力的です。

 

ただ、せっかくなら一つの感性に囚われず、いろんな方法を気軽に試して身体をさらに飛躍させてもらえたらです。

 

 

 

 

 

クローバーシーズのinstagramはこちら↓↓クローバー

seeds.aroma

 

 

 

何気に読者が増えている

時々ブラックシナさんが現れる(ブログも十分ブラック)

よもやま話メルマガはこちら→メルマガ登録

 

電話06-6225-7571

バラ初めてのお客様へ

バラセッションメニューHP

バラアクセス案内

バラご予約状況

 

 
 
 
■人気メニューはこちら■
人気ベーシックアロマトリートメント 70分¥8,000  100分¥11,000
人気さとう式リンパケア 60分 ¥6,000~
人気きらら式小顔整顔60分 ¥7,500
 
 
 

 

美しい未来を引き寄せる

こころとからだのトータルバランスケアサロン シーズ 

 

553-0003 

大阪市福島区福島2-8-22 福田ビル501号 602号

 

ゆったりとした時間を過ごしながら心や体の重い荷物をおろすお手伝をさせて頂きます。 

大阪市福島区 北区 中央区 西淀川区 尼崎市 神戸市 芦屋市などからお越しくださいます。

大阪市福島区 こころとからだのトータルケアサロンシーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント