美脚の妨げは素敵なシューズ? | 大阪市福島区こころとからだのトータルケアサロンシーズ

大阪市福島区こころとからだのトータルケアサロンシーズ

大阪市福島区にある隠れ家、こころとからだのトータルケアサロンシーズです。

ゆったりとした時間を過ごしながら
心や体の重い荷物をおろすお手伝いをさせて頂きます。


テーマ:

柔道整復師、相生晋平です。

 

私たちは靴を履いて歩く、ということが当たり前になっています。

 

少し前の時代にさかのぼると、靴よりも草鞋や草履といった日本の履物を使用していました。

靴は西洋から入ってきた文化。

 

生活圏の違いの中で育まれてきた文化の違いがある。

 

その中で、日本は履物に関しての生活を劇的に変化させたといっても言い過ぎではないかもしれません。

 

欧米文化に合わせた歩き方をするようになった、とも言い換えることもできますよね。

 

根本的に骨格が違うのに、靴に合わせた生活をしようとしていることが歩行の乱れやしんどさになっているのでは?と思えてきます。

 

男性でも女性でも、ブーツ姿とか色々かっこいいですが(汗

あんまり、日本人の骨格には合ってないってことです。

 

また、歩くときには「踵から地面に着くのが大事」と耳にすると思います。

 

これもあんまり正しくない。

 

歩幅が日本人より大きい海外の人たちにとっては、踵から足が付く動きの方が効率的だったから、今の靴の形が合ったりします。

 

靴のために自分の身体の動きを合わせていく…って思うと、なんだか違和感がありません?

 

道具を身体に合わせるのか、動きを活かすために道具を使うのか。

 

でも、そんなこと考えず、かっこいいメーカーの踵設置シューズとか使っちゃうんですよね(汗

 

二択の前者に気付かないうちにはまりこんで、身体を傷めることもしばしばだったりですよ。

 

だから、最近ではつま先を上手に使うシューズなんかも開発されているみたいですね。

 

日本の文化にあった草鞋や草履も、歩くときにはつま先接地が起こりやすい履物。

 

歩き方一つとっても、エネルギーに無駄がなく筋肉を使える方法が、美脚につながります。

 

急に何もかも変える、って難しい。

 

だからって、なんだか騙されてるみたいな戦略にばかり乗らないで、身体のためを思うことも大事。

 

僕もかっこいい目線で買ったブーツとか、何足も持ってますが、足を休ませる工夫もちゃんとしております。

 

何をしたらいいねん?

 

なんて話は、施術の合間のよもや話として聞きにきてくださいませ。

 

 

 

 

クローバーシーズのinstagramはこちら↓↓クローバー

seeds.aroma

 

 

 

何気に読者が増えている

時々ブラックシナさんが現れる(ブログも十分ブラック)

よもやま話メルマガはこちら→メルマガ登録

 

電話06-6225-7571

バラ初めてのお客様へ

バラセッションメニューHP

バラアクセス案内

バラご予約状況

 

 
 
 
■人気メニューはこちら■
人気ベーシックアロマトリートメント 70分¥8,000  100分¥11,000
人気さとう式リンパケア 60分 ¥6,000~
人気きらら式小顔整顔60分 ¥7,500
 
 
 

 

美しい未来を引き寄せる

こころとからだのトータルバランスケアサロン シーズ 

 

553-0003 

大阪市福島区福島2-8-22 福田ビル501号 602号

 

ゆったりとした時間を過ごしながら心や体の重い荷物をおろすお手伝をさせて頂きます。 

大阪市福島区 北区 中央区 西淀川区 尼崎市 神戸市 芦屋市などからお越しくださいます。

大阪市福島区 こころとからだのトータルケアサロンシーズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント