先日は、楽天撤退の記事を書きました。 | せどりや古本業界のことなど徒然雑記

せどりや古本業界のことなど徒然雑記

古本業界のことなど徒然雑記。せどり引退後、ネット書店をオープンし、その後、実店舗(買取のみ)も運営する、古本屋の日々の成長記録を発信中。


テーマ:

ノウハウは有償ですが提供します。笑

 

普通に、商品の出品点数を増やせば増やすほど、

売上は上がるのですから、続ければいいんですが、

商売的に面白くはないんですよね。ほんとに。

 

出品制限無制限なので、恐らく1億はすぐにいくでしょう。

しかしこのまま続けていく気力がなくなったんです・・・。

 

「浮利を追わず」

 

その言葉に集約されるかな。

 

そう、有名な住友商事の

経営理念の一つです。

 

 

浮利を追わず、とはどういうことはというと、
辞書で調べると「ふり」とは、

 

ふり【浮利】
まともなやり方でない方法で得る利益。あぶく銭。 ―を得る 
出所:大辞林(三省堂) 

 

ということです。


一時的な利益を追わない。
社会的価値のない
利益を追わない。

ということで、住友商事さんは行動の指針としました。

 

確かに、商社であるだけに、モノを作らないわけです。

しかし、転売や、株式や先物等など一時的に儲かるもの

であっても手を出すのは良くない。やってはいけないと。

 

それが社会的に役に立たなければ、そんな利益は追って

はいけないと考えたのでしょう。

 

いまでいうと、ビットコインですね。

あれだけ、高騰するならと法人で購入している

社長もいるでしょうね。そろそろ暴落のリスクも

はらんでいますが・・・。

 

うちは、”浮利を追わず”、お客さん喜んでもらえる

仕事をしていきたいということで、古本買取の

実店舗もオープンしました。

 

実店舗の売上なんて知れているのはわかっていた

ものの地元のお客さんとの交流も生まれ、実際、

多くのパソコンを使えないシニアのユーザーに

喜んで頂いております。

 

昨年の夏のオープンから、1番のリピーターさんは、

初老の方で、もう10回近く持ち込み買取されてます。

ジュンク堂のカバー付きで。笑

(本当は取っておいてほしいですが。。)

 

 

 

大阪の古本屋日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス