最近、相談が増えている親権剥奪の工作の相談 | 闇のよろず屋本舗ビジネス情報ブログ

闇のよろず屋本舗ビジネス情報ブログ

復讐代行、別れさせ工作、その他特殊案件からビジネス案件まで多種による確実な案件のみを更新


テーマ:
何故でしょうか。

最近、復讐工作依頼と共に相談&依頼が増えてるのが【親権問題】のご相談。

それも父親側からの依頼が主に多いのが見受けられますね。

子を思う気持ちは皆同じですね。

勿論、子どもの為、きちんとお話を聞いてご依頼の受注の可否を決めます。子供が苦痛な場所に引き入れるわけにはいきませんから。あくまで親権がある側に問題がある場合に子どもの為の工作です。

親権剥奪については、こちらでも詳しく書いておりますが、

親権を争う場合、または既に親権が片方にある場合、工作内容は異なりますが、どちらにせよ最終判断は家庭裁判所に委ねられます。

家事調停官、調査員、調停員などは【子の福祉】を重視し、それを親権の判断基準にします。
それに加え主なる養育者は誰だったかなど踏まえた上で、どちらの親と生活する方が子供が幸せかが見られてきます。

ただ統計上、親権者となる割合は母親方が9割と定まっているのが実情です。

それは母親方の不貞行為や粗悪な生活環境など問題点があるにも関わらずです。

それは主に養育者は母親、幼い子どもの場合母親が有利、などと言われているから。

子供の目線では考えていないわけですね。

その為、親権剥奪工作は、家事調停官の判断証拠となるものを幾つも作っていくことで親権剥奪を実現させていきます。

例えば父親が親権者の場合、

その父親の

育児養育にそぐわない、適応ではない生活環境を工作で企て作っていき、状況証拠を揃えていきます。

例えば、

何らかの工作で自身の散財やトラブルや被害による莫大な負債を負わせる工作を仕掛け、その返済に追われる生活や滞納での催促(取り立て)などによる子供にとっての悪影響や、

辞めさせ工作による失職による収入減の剥奪

不安や恐怖などの感情を左右する工作を仕掛けストレスなどをかけ、精神的疾患に及ぶ育児能力の欠落、

何らかの工作で反社会勢力(893など)と癒着せざる負えない状況やトラブルの作成

社会的信用の剥奪を含めた、不法行為や性犯罪や虐待の疑いなどを作り、記者、マスメディアに扮した工作員を親族、会社や近所に取材と称し接見

など、要素は幾千も作ることが可能で、この様な状況証拠を作ることで、離婚前の親権剥奪や親権変更の申し立てにより確実な親権剥奪が実現できます。

尚且つ、この問題に特化した専門家や弁護士を取り入れることで更に確実なものにしていきます。

【情】というものは怖いもので、いくら悪影響な生活環境でも、それに慣れてしまうと自然とその環境でも幸せと感じ、悪影響を与えてる親にでさえも情が湧いて、そこから抜け出したくないという感情が生まれてしまいます。

そうなる前に、子どもの為にもそこから助け出してあげる事が大切ですね。



よろず屋本舗さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス