修羅場・危機・ピンチの現場
Amebaでブログを始めよう!
2005-03-03 13:27:46

リサぷちギレ事件。 ビンタ編 ③

テーマ:波乱万丈生活!?
真夜中になってからやっと電話がつながった。

私はもぅ風呂も入ってパジャマでした。 でも、電話がつながった瞬間に怒りがこみあげてきて、『今から行くから待ってろ』とだけ言って切りました。

私は大急ぎで化粧をして着替えて出かける用意をしました。 家族はみんなもぅ寝静まっている中、ふと鏡の中の自分を見ると、まるで鬼のような恐ろしい顔・・・  

『これが本当に私の顔なのか?』
って思うほど、怒りに満ちた顔をしていたのを覚えております・・・(笑)

とりあえずタクシーに乗って私は彼の実家へ向かって家の前までついたらすぐに携帯に電話しました。  

『今家の前。 すぐに出てきて』

彼は本当に来ると思っていなかったらしくビックリしていましたが、すぐに出てきました。

『なんだよ~』なんて、ちょっぴりヘラヘラしながら出てきた彼の顔を見た瞬間、私の怒りは大爆発!!!!!!!

バッチーーーーーン!!!!!

言葉よりも何よりも先に手が出てしまったっっっ!!!

そして夜中にもかかわらず大声で泣き叫びましたっっっ!!!

『ふざけんなっ なめんのもいいかげんにしろっ テメーなんかもう知らねぇっっ』

私はあんまりにも連絡の取れない彼をちょっと心配もしていたのだ。 「もしかして何か事件に巻き込まれてるかもしれない・・?」など。。。 よって、怒りも倍増してしまった。。

なのにヘラヘラしやがって。 本当にぶちキレだった。

『どこの女んとこにいたのか言えよ』  ちょっと冷静になった私に彼は女友達の家に泊まった事を素直に白状しました。。  

『でも、本当に何もなかったし、具合悪くて泊まっただけだし。。。』
もう言い訳なんて通用するワケもない。

私はこれをキッカケに彼とはもぅ別れようと決心したのだった。。。
(結局この後すぐには別れなかったんですがねぇ。。。)

2005-03-01 08:44:34

リサ、ぷちギレ事件。 ビンタ編 ②

テーマ:波乱万丈生活!?


私はその電話の後、頭の中を整理してみた。

まず、
Kは会社の飲みには行ってない・・・
  
先輩の家にも泊まっていない。
 
でも昨夜は帰ってきていない。
  
昨日の夜から誰かと一緒にいて、その誰かの家に泊まった、、、

という事だ。

そういえば・・・? 今日仕事は?  彼は会社から電話してきたのかしら?? あれ? もしかして休んでる??  

私はまたKに電話をしてみたが、またもや出ない。
そして意味不明なメールが返ってきた。 

『具合が悪くて声が出ないから電話できない。さっきはまだ平気だったんだが、今は電話は無理』   ?????
そして、今日は会社を休んでいる、との事。 今もまだ先輩の家にいる、との事。 

はぁ??  まだ誰かの家にいる、って事???

そしてそれからはメールすら返ってこなくなった。

冷静だった私もさすがにイライラしてきた。  イライラしたまま夜になったが、家にも戻っておらず電話もメールもシカトのまま!!!

そして真夜中になってから・・・
2005-02-28 08:42:52

リサ、ぷちギレ事件。 ビンタ編 ①

テーマ:波乱万丈生活!?
皆さんは彼氏・旦那に『浮気』をされた事ありますか・・・?

私は今まで何人かと付き合ってきましたが、私の知る限りではあまりそういった経験がないんですよ。 まぁ、私はかなり鈍感だから気付いてないだけかもしれませんが。。(笑)  知らなければ『浮気』にはなりませんしね。

昔、一度だけ彼氏の行動の奇妙さに気付いた時があったんです!
私は実家で彼氏も実家だったんですが、ある日彼Kは会社の飲みがある、と私に言っておりました。 私は寝る前に電話したんですが、電話にも出ません。  いつもなら別に気にしなかったこんな事が妙にひっかかった!  ナゼでしょう? 女の勘???  

飲んでて携帯に出れない、なんて別におかしい事じゃないはずなのに、なんだかムカつく・・ おかしい。 なんだか、おかしい。。 

私はとりあえず寝たんですが、次の日、彼の携帯ではなくて実家に電話してみました。 すると彼ママが「昨日は帰って来なかったのよ。 会社の先輩のところに泊まるとか言って。。」との事。 そして私はすぐ彼の同僚に電話したんです。 

「もしもし、Sさん?昨日、Kって会社の飲み行ったんですかね? 」と。 Sさんは明らかに動揺したんです! で、

「あ、昨日は行ったみたいだよ。 俺は途中で帰ったからいつまで飲んでたかとかはよく知らないけど・・・」
と動揺しながら曖昧に答えたんですよ! で、その後またすぐにKに電話しました。 すると今度はKもちゃんと携帯に出たんですよ。 私はKに

「昨日会社の飲みだったんだよね。お疲れ様だったね。 Sさんも来たの?」
と普通に聞きました。するとKは


「そうそう、Sさんとずっと一緒にいて飲みすぎちゃって、先輩の家にSさんと一緒に泊まったんだよ。
と。。。。

バカめ。。。  ポロ、っとはいてしまったわね。。  フフフ・・・ さぁ、どうしてやろうかしら・・・・?  

つづく・・・
2005-02-25 08:12:53

リサ、ぷちギレ事件。 サンダル編

テーマ:波乱万丈生活!?
これもまたK君と同棲していた時の話なんですが・・・
(私はK君と付き合ってる時が一番キレまくってたかも…スマン!K君!笑)

ホワイトデーにK君にシルバーのかわいいサンダルを買ってもらった♪
ヒールが高くて華奢な感じのそのサンダルを私は超~~気に入っていて、いつもはいていました☆☆☆

ポカポカ暖かいある日、私はK君と一緒に車で台場でデート♪していたんですが、ささいな事が原因でケンカに・・・

しかも、カポー達が仲良く寄り添うあの海辺で・・・(汗)

原因は本当にささいで、忘れてしまったんだけど私はこれまたキレて、
買ってもらってそんなにたっていないそのお気に入りのサンダルを海へ向かって『ポ~ン!!!』
と投げたのです。。。

「はぁ~スッキリ♪」なんて言いながらもう片方のサンダルも投げました・・・  

振り返って彼を見たら、また唖然としていました。。。

スッキリした私は「サンダルなくなって歩けない。おんぶして」と笑顔で言って、K君は黙って私をおぶって車まで歩いたのでした・・・(笑)

なんてワケがわからない、そしてワガママ放題だったんでしょう。。。
2005-02-24 10:04:21

リサ、ぷちギレ事件。 カレー編

テーマ:波乱万丈生活!?
もぅ何年か前なんですが、彼氏と同棲していた時の話です。

彼は年下でいつもニコニコしてるK君♪ かわいい顔していて、仕事もそれなりに頑張っている人でした。

K君には女友達も多く、私は当時神経質だったしかなり情緒不安定でした。。(情緒不安定は今でもたまに・・・?)

そんなある日、私は仕事から帰って2~3時間かけておいしい、おいしいカレーを作っていたのです。 色んな野菜を煮込んで、おいしい肉も煮込んで、『早く帰ってこないかなぁ~♪』と、乙女のように、そして新婚夫婦のように彼の帰りを待ちわびておりました。。。 う~ん・・・新鮮だ!!

ところが彼の帰りが遅い。 そして連絡もなければ携帯もつながらない。
私はだんだんイライラしてきて、カレーと共に私の心の中もグツグツと・・

で、夜遅くなってから彼は帰ってきました。 ちょっと酔っ払ってヘラヘラしながら。。 
私はその彼の態度にカッッッ!!!
っときて、
『どうせまた女友達と飲みにでも行ってたんでしょ!!』と作ってあった特製カレーを。。。

部屋中の床にばらまきました。。。 アハ・・・  

彼はビックリして(きっと酔いもさめたでしょう・・)私のその行動をボ~っと見ていた。  私はおたまで残ったカレーをすくっては壁にもペッペッ!とかけまくり、風呂に入る用意をしてボーゼンとしてる彼に一言

『私が風呂から出てくるまでに、このカレーを全部キレイに拭いておけよ・・・』


風呂から出てきたら部屋はキレイに片付いており、彼は謝りまくっておりました。。。。(笑) あ、笑えねぇ~って!?

私はイライラもスッキリおさまり、気持ち良く眠りについたのでした♪

しかし、後で考えると・・・カレーもったいな~い(T0T) ごめんよ、カレー・・・
2005-02-17 09:43:34

顔ボコボコ事件

テーマ:波乱万丈生活!?
(>O<)

皆さんは顔をボコボコになるまで殴ったり、殴られた経験なんてありますか・・・?

私は一度だけあるんですっっっ(><)

もちろん、悪いのはこの・・・私!

それは短大生の時でした。 彼氏の家でまった~りテレビを見ながら話してたのです。  遅い時間でした。  真夜中だったかなぁ?
話の流れで『秘密』の言い合いをしていたんです。
「実は俺・・・」とか「実は私・・・」なんて感じで遊び気分で・・・

それで私はついついちょっとした浮気(?)の話をポロ、としてしまったのだ。。。

『今話せば全部許すよ~ 今しかないぞ~ それでお互いスッキリしよ~』なんていう彼の言葉にのせられて。。。

あーーーーバカな私!!!  そりゃぁ、怒りますよ! 誰でも怒りますって!! 別に誰かとHしちゃった、とかではないんですが、内緒で遊びに行ってしまった話を・・・  そしてやりかけてしまった事を・・・
(ちなみに彼氏の方にはそういった浮気のような秘密なんてなかった・・)

彼は・・・  彼は・・・  怒り狂い、顔つきが変わりいきなり私の顔を
バッシ~~ンッッ!!!
 
 と平手打ちしました。。

私は『ごめんなさい! もうしません!』なんて叫んでたけどそんなの彼には聞こえてなかったでしょう。。。  右から左から何度も何度も手がとんできました。。

で、そのうち私の耳がキーーーーン…となりだし、私は殴られながら心の中で「あぁ・・鼓膜破れるだろうなぁ 耳聞こえなくなるかもなぁ」と思っておりました。。

私は頭までボーっとしてきて倒れこんでしまったら今度は背中やらおなかやら蹴りだしました。  「もぅ、どうにでもしてくれ。。。」と私は静かにしていました。 痛さというより恐ろしさで涙は流れっぱなしでしたが。。

彼は落ち着いたけど、黙ったまま寝る用意をして寝てしまった。

私もその隣でそのままの体制で気付いたら寝てしまい、起きたら彼は仕事に行っていた。

私はとりあえずバスルームへ行き自分の顔を見てビックーーーリ!!!

そりゃぁ、もぅ!!!  見られた顔じゃなかったんすよっっっ!!!

目は腫れてほとんど開いてないわ、ところどころ気持ち悪い肌色になってるわ、口は
歪んでるわ。。。  


あまりのヒドい顔に一人大笑いした私もどうかと思うが・・・

まぁ、まさしく『口は災いの元!』なんですよね。。っていうか、その前に浮気をするな、って事だけどね(笑)

幸い、鼓膜も破れなかったし怪我をしたワケではないから良かったが、もちろん学校に行く事も家に帰る事もできず腫れがひくまで彼の家にいたのだった。。。

人ってキレると怖い・・・と思った出来事でした。。。



2005-02-11 00:30:08

なんで・・いるの?

テーマ:波乱万丈生活!?
私が社会人になったばかりの時の話です~

私の就職先はやたら「新人歓迎会」ばかりやる『飲み会大好き♪』な人ばかり集まっていました・・・(笑)

私はあんまり飲めないんですが、みんなで飲んでワイワイ騒ぐのが大好きで、何度目かの飲み会では調子に乗りすぎてベロベロになってしまい・・・ 新宿の駅で座り込んで寝はじめてしまったのだ。。あ~恥ずかしい…

で、同期の一人が友達を呼んでくれたんですよ! なんて優しいヤツ~♪
ベロベロになった私を車に乗せてくれて家まで送ってくれました!

が、、、、家で待ち受けていたのは。。。 当時付き合っていた彼氏。。。

ん? なんであなたがここに・・・?  って思うじゃないですかっっ!!
だってその時はもぅ夜中の2時頃だったんですよ!? しかも私の実家にでっせ?
 

私は酔っ払ってたのもあるんですが、玄関入って彼を見た瞬間

『ん? なんでアンタがここにいるわけ??』

とヘラヘラと言ってしまったのです。。

もともと気が短いその彼氏H君はその言葉にブチ切れて
『なんだと? 俺がどれだけ心配してたかわかって言ってんのか? オイ! ちょっとこっち来い!!』

と私の胸ぐらを掴み、玄関からリビングまで引きずっていったんです。。。 
私はなんで怒られてるかもわからず引きずられるがまま・・   

なんで? 私今、怒られてる・・・?

そしてそして、リビングついたかと思ったら次の瞬間! 
私を殴ろうとしたのか、拳を振り上げえたーーーー!!
ピーンチ!!  殴られるーーー!?  

なんて思ったら、たまたまその時うちに来ていた親戚の叔父さんが必死に彼をとめた!!!!!
『お前、何うちの子に手出そうとしてんじゃ、コラ!!!!』


彼を私から引き離して今度は叔父さんと彼のバトル・・・
私は・・・ そのバトルの中・・・  ビビりながらもやはり酒が入ってる為・・・  
眠たかったのだ。


結局彼はなんやかんや怒鳴り散らし帰って行った・・・

その後、親戚の叔父さんは「なんなんだ、あの男は!!」と怒りまくるし(当たり前だろうけど・・・)、妹はビビっちゃってるし母も怒ってるしでうちの中は大変~
でもそれでも私は・・・・ 

 眠たかったのだ。。。

こんな短気な彼でしたが、普段は優しくて大好きだった。  そして、そんな怒り方するのも愛情表現のうちなんだ、私はきっとすごい愛されてるのだ。。。なんて勝手に思っていた。  

もちろん彼はすごい私を好きでいてくれたけど、それは今思えば大事にされているとは言えないし、やっぱり女に手をあげるような人はダメだろう。。。。  なんでもっと早くそう思わなかったのだろうか? そして、こんな殴りかかってきそうな彼を目の前にして『眠たかった』私は、以前、もっとすごいケンカをしていた為、ちょっと慣れていたのだろうか!?
2005-02-09 19:46:55

今思えばストーカー・・・④(最終)

テーマ:波乱万丈生活!?
とうとう私は…  N君のお母様に電話して全てを話してしまいました。。。

話の最後には「ご両親からの説得でも彼が変わらないようでしたら、警察に言おうと思っています」と。。。(あぁ、気の毒…ママ…)

お母様はビックリして「そんな、あの子が? 私はすっかりまだ付き合ってるものかと思ってたんですよ。 うまくいってるとばかり聞いていましたから。。 」って。

そうだろう。 きっと彼は家ではそう言ってただろう、と予想はついていた。  『警察』という言葉にちょっと動揺はしていたが、

「わかりました。 主人にも話してこちらでなんとかしますので、警察はちょっと待ってください・・・」
との事。

私は、きっと親が言ってもしょうがないだろうな、、結局警察に言う事になるんじゃないかなぁ~なんて思っていました。。。

ところが。。。。

その電話以来、全てがピタッ!と終わったんですよ!本当にピタ!!!っと。。。
その頃私はもぅ短大生になっていました。。 

約1年半… 病気になりそうに追い詰められた事もあった。 笑顔で刺されるんじゃないかとも思った。 

たった1年半・・・
されど1年半・・・  
私には長い長い1年半・・・


やっと ... 終わったのです

事情を知っている友達は言いました。。。

『嵐の前の静けさ、って感じ・・・』

やめてくれ~! マジでやめてくれ~!! そんなこと言うなよ! と私はしばらくはまだビビっていました。

最後にお母様に電話してからもぅ何年経ったでしょう。 それから彼とは全く関わっておりませぬ。   嵐は来ませんでした。  今のところ・・・

この出来事で私が一番思った事は⇒ もっと早く警察や親に言えば良かったかも!?だったのです。 その頃はまだ『ストーカー』なんて言葉も知りませんでした。。 

そしてそれが教訓になり、 何年か後に起きる『事件』に役立てました。  

それはまた書きます。。。

バカにもほどがある(?)私はこんな風に色んなゴタゴタを引き起こしていくのです。。。  
2005-02-08 17:50:22

今思えばストーカー・・・③

テーマ:波乱万丈生活!?
絶え間なく届けられる手紙・・・  そしてガンガンかかってくる電話・・・

夜、電話線を抜いて寝るコト数日・・・  朝起きてまた電話線を入れる生活・・  だんだん疲れてきた。

たまに電話に出てしまった時には「会おうよ」「俺しかリサの事守れないよ」「リサだけが大好きだよ」「リサも俺の事が好きなんだよ」「なんで俺を好きなのに嫌いなフリをするんだ?」  もぅ、うんざり。  

たまに渡したいモノがあるから、、、と言われて私が会わないでいると、ポストに置いて行ってた。封筒だった。 『ん? 手紙か?』なんて思って中身を見てみたら、、、、金だ!!!  わ~い♪わ~い♪・・・じゃなくて、ヤバイ!!!
 以前、電話でN君が「欲しい物は何?」と聞いてきたので荒っぽく「私が欲しいのは金。 今は金だけ」と言ったのだ。

だがだが、、、悪魔の私が耳元で囁いた・・・『私は頼んだワケじゃない。 くれ、とは言ってない・・・ これは・・この金は・・・ え? 使っちゃえ!!??』  そうなんです。。  私は何度も言うようだがバカなので普通にその金を自分のお小遣いに…(汗)

その後も何かとお金をもってきた彼。。。 私が英検に受かったから、とか短大合格した、とか、クリスマスだから、とか・・  何かと理由をつけては金を持って来た彼…  
私は立場上、何度も断ってはいたが、実際金は使ってしまっていた。。
(おそらく全部で5~60万円くらいかなぁ) バカバカ! なんて小娘だ!

相変わらず私の態度は冷たかった。 私の冷たさもどんどんグレードアップしていき、電話口でも「うぜぇ~んだよっっ!」「キモイんだよっっ!」の連発・・   でもでも、私がヒートアップすればするほど彼は冷静に返してくる。。 冷静なりに内容もヒートアップ! 

彼「昨日はベランダでビニール袋振り回して何してたの?」
私「・・・・(なんで?なんで知ってるの?私の行動を…)」

私はその日確かにベランダにてビニール袋を振り回していた。。。 ベランダに置いてあるじゃがいもを取りにいったついでに風で遊んでいたのだ。。。(こんな私もどうかと思うが・・小学生でもやらないぞ?)

たまにうちに来ては、どこかで私の行動を見てる・・・  
怖い怖い!!
真剣に怖くなってきた!  また、気付くのが遅い私!

電話を一方的に切った時なんかは数分後には家のインターホンがなったりした。 もちろんN君だった。。。  しかもーーーー笑ってるよーーー!?  覗き窓の向こう側でヤツは笑ってるよーーー  なんなんだ、その笑顔はーーー!?

絶え間なく送られてくる手紙と鳴り響く電話とついには家にしょっちゅう来るようになって私は耐えられなくなり・・・
2005-02-08 14:08:34

死ぬほど好きだった彼へ。。。

テーマ:ちょっと休憩・・・
私は22歳の時にめっちゃくちゃ好きになった人がいました。。。 彼は1歳年上の長身・オシャレな人でオレンジレンジの「りょう」(・・・?かな? 声が低~い人…)にソックリなカッコイイ人だったのです。  私は飲み会で彼に出会ったのですがもぅ好きになっちゃってどうしようもなくなっちゃって・・・
何度かそのメンバーで飲み会をしていくうちに、奇跡的にその彼と付き合う事ができたんですっっっ!!!  いや~、あれは本当に奇跡!としか言いようがない。。  だってだって・・あんなに素敵な彼が・・・あ、もぅいいですね。。(汗)

でもね、彼の好みの女性は『強くてしっかりしてて世話好きでなんでも一人でできる泣かない女!』だったんすよぉぉ。。。  私なんて正直、その真逆・・  で、そのタイプの女性像を聞いていたので演じました!!! 演じきりましたよ!!!
いつもキビキビ! 彼を叱るほどの強さ! 傷付いても泣かない! 
はぁ・・・疲れた。 正直、疲れました。 それでも彼が大好きだった私は必死でしたよ。  彼は性格的にいい加減で適当で女好きで酒豪さん。。。一体彼の何が良かったんだって?? う~・・・ん、私にもいまだによくわからないっす! 顔?雰囲気?声?  なんでしょうねぇ。。  

とにかく必死に頑張ってた私。 好きすぎて心の中ではいつも「いつ振られるかわからない」と思っていました。 だから、ちょっとした事でも嬉しくて泣きそうになるし、死にたいくらい傷付くし。 それを表に出さずにいたもんだからもぅ大変でした!

その頃、私はよく彼の寝顔を見ていました 何をしてくれなくてもいいから、自分のそばにいてほしかったので、彼がそばで寝てるだけでもぅ幸せいっぱいでした  とてもモテる人だったのでよく女の子から電話もかかってきたりして私は平気な顔してても実は気が気じゃなかった。。  だから、むしろ寝ていてくれた方が良かったのかもしれない・・・!?

『このまま死んでくれた方が・・・』くらい思ってた。←もぅ病気ですよね。ほとんど。。  愛情と呼べるのかどうか微妙なところですが、とにかく自分だけの彼でいて欲しかったんすよ。。 歪んだ愛情、とでも言うのかな。

結局数ヶ月で色々あった末、別れてしまった。  別れた後、友達として何度か遊んでたんだけど、その時彼が私に心の内を話してくれたんです

『リサは強くてしっかりしてて怖くて… なんか一人でも平気だし友達といつも遊んでるし、俺がいなくても平気な顔してて辛かったよ 俺はそういうタイプの女と付き合った事なくて、正直どうしていいのかわからなかった。まぁ、今だから言えるんだけどね リサにはもっと甘えて欲しかったし頼って欲しかったなぁ 』

『・・・オイ! オイオイオイ!  オイオイオイオイ! そりゃぁ~ねぇ~だろぉぉぉ~!!  こちとら必死だったっての! 必死に強いフリしてただけだってのっっっ!!』なーーんてもぅ言えず。。。

そこで私は思いました。  一緒にいる時に自分をさらけ出さなかったら、関係が続いても疲れるし偽ってるだけになるし、でももし続かなかったらそれはそれで後悔はないじゃん! 一番厄介な結果があたしだよ

『偽りの自分を必死で作り、その結果・・・偽りの自分に彼が不満だった。。』

まぁ、しょうがない。終わった事だ。 恋人関係も友達関係も短い間だったけど、その時のドキドキやワクワクやメソメソ…やソワソワなんて、これから先は経験できないだろうと思う。 あれだけ人を好きになれて良かったし勉強にもなったかな。

ちなみに彼に言われたショックな言語集・・・(言われてもあたしゃ、平気な顔してたゼ)

①私は当時車の免許を持っていなくて無免で運転していた。(ご・・ごめんなさい)

彼「お前さ、免許ないんだし危ないから運転するのやめろよ」


私「え~、慣れてるし大丈夫だよ 危なくないよ(ウッソ、もしかして心配してくれてる?? 心配してくれてるじゃーーん(^▽^))」

彼「じゃぁさ、今度から運転したいなら誰か友達の車とか借りてきて運転しなよ」


私「・・・・  (な…何を言い出すんだ?) 」


彼「俺の車で事故られたら俺が大変じゃん。お前の友達の車だったら俺関係ないから、それなら安心だよ」


私「あ・・そう? そうねぇ… (一回コイツひいてしまいたい・・ 神様…許してくれますよね… 許されますよね…?)」

②みんなでワイワイお花見で、ちょっとしたケンカの発言

私「アンタはね、優しさってものが足りないんじゃない?(言ったゾ! とうとう私言ってやったぞ!!自分に乾杯!」


彼「え? じゃぁさ、優しさのあるヤツ探しなよ。 マジで」←メッチャ素で言ってたがな。。。


③彼とバーで飲んでて…

私「あんた、飲み屋とか行って彼女いるってちゃんと言ってるわけ?」


彼「は? お前何言っちゃってんだよぉ~ そんな事言えるわけねーじゃん。 めちゃくちゃ元気に彼女募集中です♪って言ってるけど。」


私「だよね。 聞いた私がバカだった。 漏れそ~!ちょっとトイレ!」


彼「・・・ってオイ! お前ホント俺の話聞いてないよね。。」


死ね! バカ! あたしゃ、涙が出そうなのをこらえてトイレへ駆け込んだんじゃ!私はトイレへ行き一人声を殺して泣いていた… しばらくして顔を直して戻ったさ。

彼「なっげ~な。 うんこ?」


ヤツの顔にうんこ投げつけてやりたかったわ。。

まだまだこんな会話たくさんあるけど・・ヘコんできそうなのでこの辺で・・・

チーーーーン・・・  合掌。  






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。