みなさんこんにちは~^^

 

週末に向けて入荷が沢山ありました。

 

アンデルセンのコットンバージョンですね。相変わらずのボリュームと、ここにしか無い風合いが素晴らしい。勿論イタリア発でございます。当店では初となるニット帽も充実しております。季節的にコットンです。

 

マッキントッシュから、いやトラディショナルウェザーウェアからリニューアルされて、マッキントッシュにかなり寄せた雰囲気にアップデートされたコートが届いております。これカッコ良いなぁ。

 

SLOWからは新作のヘルメットバッグが届いております。小振りになったヘルメットバッグは使い勝手も良さそう。色にも注目したいですよね。

 

FOBの定番シリーズも充実しております。ピケパンもかな~り久々にサイズが揃っております。Gジャンやカバーオールもエエ感じ。

 

本日にも何か届くらしいので、ご紹介出来たら良いですね~。それでは週末もお待ちしております~^^

 

そんまま終わってしまいそうになってしまいましたが、本日はこちらをご紹介しない訳にはいきますまい。

【Fileuse d'Arvor】”MATELOT”

MATELOTと書いてマテロと読みますよ、と初めてご紹介したのがこの前の冬の事だからそんなに前じゃないのですけど、大ヒットして慌てたのを昨日の事の様に覚えております(笑)今の気分で着れるサイズ感ですし、売れるだろうとは分かってはいたけど、ビンテージリブもあるし流石に様子を見ながらの数だったのであっと言う間にゴールデンサイズが完売してしまったのですね。その後のお問い合わせの数も多く、こんなにも反響があるのかと慌てたと言う話でございますが、じゃぁって事でしっかりと色数を揃えて春夏シーズンを迎える事が出来ました。

 

ビンテージリブとの違いを復習しておきましょう。使っているイタリア糸は同じですね。ここが変わってしまうと繋がりの無い物になってしまいますよね。総針ではないけど、同じニット編みなのですね。ですので、糸自体の伸縮性もございますが、ニット編みならではの伸縮性も充分に感じられるはず。これが最高の着心地の元となるのですが、洗ってもこの優しい着心地が変わる事が無いのです。

 

好評だったのはこのボートネックです。クルーネックに近いボートネックですので、インナーが見え過ぎる事が無く、スッキリとした着こなしを可能にしてくれます。シャツとの重ね着のバランスも良いので、色々な意味での”丁度良い”がある首元なのです。

 

でもですよ、ビンテージリブでも好評だった、絶対に伸びない首元の仕様は一緒なのですね。このフランスで特許を取得したと言われているこの仕様は、機能だけではなく見た目も良いので、ダルボーファンにとっては絶対に外せないポイントとなっておりますよね。

 

ビンテージリブとの違いはまだあります。ボーダーのパターンもナバルではなく全体にあります。

 

そして最大の違いと言えばやはりサイズ感が上げられますね。編み地の違いがあるので、当然と言えばそうなのですが、ビンテージリブと比べると着丈が短めに設定されているのが分かりますでしょうか。その分、横幅は少し緩くなっているのですが、この調整が絶妙でしてね、スッキリとしながらも今の気分で着れるのではないでしょうか。

 

とても大事なアイコンです。これも外せないのでは。フランス海軍のヘリ空母ジャンヌ・ダルクの紋章が左裾にございます。

 

裾にはスリットが入っております。無くても充分に気持ちの良い着心地なのですが、あるとやはり嬉しいですし見た目のアクセントにもなっております。

 

さてそろそろ着てみましょうか。ソリッド、ボーダー合わせて10色展開でございます(笑)

 

ベージュ×ホワイトの配色ですね。淡いベージュが堪らないのです。

 

糸の色が良いブランドですので安心して着れます。しかし良いベージュだなぁ。

 

サイズMを着用しております。程よい開き具合の首元と、絶妙な長さの着丈が魅力ですよね。

 

噂の使い勝手の良い首元と

 

フランスブランドらしいブランドネームです。

 

絶妙なサイズ感を演出すべく、色落ちした710と合わせてみました。足元はこれからの季節で気分が乗るDIEMMEで。

 

お次はそのベージュのソリッドでございます。ソリッドも期待しちゃいます。

 

良いね。とても新鮮です。

 

こっちも良い感じ。今の気分のサイズ感なのです。

 

品のある首元です。

 

ソリッドバージョンも良いですね~

 

春が待ち遠しいです。何でも合いそうなベージュですね。

 

お次はイエロー×ホワイトです。このイエローも気になってしまいます。

 

いつもならチョイスしないお色だけど、これならば?と思ってしまいますね。それだけ色が良いって事です。

 

これで着心地が良いのだから困っちゃう。

 

春らしいイエローは、日差しがあればもっと綺麗に見えるはず。オリーブのパンツとかにも合わせたいですね。

 

このパターンでいきましょう。お次はソリッドのイエローです。同じアクセントカラーならこっちの方が使いやすいって人も多いのかな。

 

そんな気にさせてくれるイエローですね。オリジナルの16Gニットでもイエローの動きは良いし、皆さん段々と春モードになって来ましたね。

 

サイズ感も良いですし、色も良いと来ればもう迷わずいけるのでは。

 

これも気になりますねぇ。

 

グリーン×白のボーダーです。この配色も気になってしまいます。

 

これぞアクセントカラーでしょうか。でもまぁ白が入るとこの手のボーダーはまとまりが出ますよね。

 

着てみるとこれも良いじゃない。

 

ジーパンと合わせてみると普通にいけますね。太めのチノパンにも良さそう。

 

良いじゃないですか。

 

続いてソリッドなグリーンです。こちらも先程のイエロー同様、ボーダーよりは割と使いやすいイメージなのかな。

 

色の事はイタリア人に任せろと良く言いますが、まぁそれを地で行く素敵な発色です。

 

明るいお色なハズなのですけど、そこまででもないですね。

 

これがこれで良いのでは。爽やかに着ましょうか。

 

お次は定番な配色ボーダーですね。MARINE(ネイビー)×白のボーダーです。

 

1枚は持っていたいそんな配色になるのでは。

 

この配色についてはもう語る事は無いでしょう。サイズ感が良いねとまた言ってみる。

 

着て洗えば多少の縮みはあるのでしょうけど、着ればすぐに元に戻ります。そうやって自分のサイズ感にしていきましょう。

 

関連性は持たせておりますが、ベースの白ではなくネイビーをチョイスしました。バスクシャツと言えばのお色でもあります。

 

深みの中に感じる青みと艶がよろしいですね。ビンテージリブでも普遍的な人気を誇るMARINEなのです。

 

これは毎シーズンやるつもりですので。

 

丁度良い開き具合のボートネックも改めて良い感じ。

 

基本的にスッキリしているサイズ感なのです。大人の方にも着ていただきたい。

 

お次も定番カラーのボーダーを。濃い目のグレーにMARINE(ネイビー)な配色でございます。ビンテージリブで昨年別注したお色に近いので覚えている方も多いでしょう。

 

昨年度かなり人気のあったお色なので、ビンテージリブじゃなくマトロで登場しても良い感じに映ります。

 

元々好きな配色ですのでこれは嬉しいかも。程よい緩さもまた違ってよいですね。

 

この配色だと合わないパンツを探す方が難しいのでは。バックサテンのオリーブとか鉄板となるパンツも皆さまそれぞれにあるのでは。

 

最後は春だけではなく夏もイメージさせてくれるブルー×白のボーダーです。これも気になりますね。

 

ブルー×白は定番配色なのですけど、ブルーがかなり明るいのでチョイスしてみたのです。爽やかで良いですね。

 

フランスのブランドらしいブルーですね。昔からこの手のブルーが好きで、色々買い捲っていた記憶があります。

 

これに白いパンツとかもカッコ良いのですよね~勿論短パンにも良い感じでしょう。袖を捲って5月6月のスタイルを楽しみたい。

 

以上で長かった10色のご紹介を終わります。先述の通りな内容なので、この手のバスクシャツに今求められている条件が沢山詰まっているように感じます。この内容でこのプライスってのはやはりお安く感じます。XSもご用意しましたので、是非女性の方に着て頂きたいのです。勿論フランス製ですのでご安心を。色々な拘りが詰まったフランス製のニットソーを是非体感してください。それではお店でお待ちしております~^^

 

 

【Fileuse d'Arvor】

”MATELOT”(ソリッド)

”MATELOT”(ボーダー)

・10パターン

・サイズXS~L

・コットン100%

・フランス製

・¥13,800

 

 

tanaka