みなさんこんにちは~^^

 

年末年始の営業時間のご案内でございます。

・12/27(水)は通常通り営業致します。

・12/28(木)が本年度の最終営業日となります(通常営業)

・12/29(金)から1/2(火)まで年末年始休業になります。何卒宜しくお願い致します。

・1/3(水)から通常営業となります。

 

年明けのSALEなどのご案内は詳細が決まり次第ご案内したいと思います。

福袋の事や不明な点は連絡をいただければと思います。

 

 

って事で本日のご紹介は昨日の続いてビルケンのご紹介です。

 

【BIRKENSTOCK】 ”BOSTON oiled leather”

1年を通して最も履いているのがボストンになります。勿論そう言う位ですから何種類かは持っているし、季節を問わず履けるので回数的には自然とそうなってしまうのですね。ボストンを履かない日々は想像が付かないと言うか、今の実生活では多分ありえないでしょうね。馴染んで履き心地が良いってのが一番の理由だと思っているのですけど、それ以上に見た目も大好きなのよね。まぁこの2つの要素があれば登板回数が自然と増えてしまうのは理解出来ます。本当にボストンって優秀な中継ぎ投手みたいですね。ブログで野球の話を広げるのは良くないって聞いているのでこれ位にしますが、例えを野球に持っていくのは立派なオッサンだと言うのも理解しております(笑)

 

何やら資料を見ると、これはオイルドヌバックらしいのですね。画像はエエ感じの艶がありますが、店頭に並んでいるのは革の油分と言うか潤いが全く無くて、これでお客さんに売る気なのかね?とさえ思ってしまうのです。と言う事で購入後にニュートラルのクリームを染み込ませてみたのがこちらのボストンなのです。

 

いいね、これ。この潤いなら安っぽく見えないし、何しろ雰囲気があります。ビルケンのオイルドヌバックって雰囲気自体は悪くないのだから、ちゃんとすれば良いのにと思ってしまいます。

 

片方5分くらいだから、自分でやれよと言う事なのかなぁ(笑)それとも僕らが気にし過ぎなのか?軽く磨くだけでもはや別物なのです。あるお客さんは磨いてくれって言うからその場で磨いてお渡しした事もあります。

 

お色はアンティークブラウンだそうな。この乾いた感じはもはやアンティークそのもの。画像はクリームを入れているので潤っておりますけど。

 

優秀なフットベットはもう語らずもがなでございますね。コルクをはじめとした何層にも重なったフットべットが僕らの足をサポートしてくれるのです。数時間で足に馴染むと言うのも素晴らしい。2日も履けば~でございますよ、奥さん。

 

安定のヒールカップ。しっかりホールドしてくれるのですが、スウェードのライナーがしっかりと汗を吸収してくれます。これで匂い対策はバッチリですね。

 

 

 

このアンティークブラウンにはこの色のソールがピッタリですね。

 

と言う事で履いてみましょう。折角なので店頭にあるクリームで保湿していないバージョンでどうぞ。もはや別物ですけど(笑)

 

 

見慣れたボストンでもアッパーの素材が違えばまた違った気分になれます。

 

狙った訳じゃないけど、エエ感じに乾いております。これがベースなので驚いているのです(笑)雰囲気はありますけどね。

 

あー見ていると磨きたくなる。雰囲気はありますけどね(笑)

 

その後どうなるかを知っているだけにもどかしい。

 

一応今やりたいスタイルで合わせてみました。ケーブルのカシミヤかと思いきや、ピーターブランスのシャギードックでございました。

 

最後は潤っているこちらでどうぞ。履き込んでいけば色ももっと濃くなって、これにしかない雰囲気へと変貌を遂げるのです。それは2度美味しいと思えるレベルでございます。と履きまくっている強みで語れるのですが(笑)スタイルを選ばないのも好きなところなのです。ボストンならではの程よいボリューム感も味わっていただけたらなとも思います。それではお店で見てくださいね~^^お待ちしております。

 

 

【BIRKENSTOCK】 ”BOSTON oiled leather”

・アンティークブラウン

・サイズ38~42

・オイルドヌバック

・¥15,000

 

 

tanaka