人的補償 | 元プロ野球選手のセカンドキャリア 〜つぶやき〜
新型コロナウイルスに関する情報について

人的補償

阪神が久保選手のFA移籍による人的補償で、鶴岡選手を獲得しました。


捕手という重要なポジション柄ですから理解も出来ますが、チームには
既に藤井、日高選手と、他球団から獲得したヴェテランがいます。


今回の鶴岡選手も同年代のヴェテランです。

何人、同じ年代で同じようなタイプの選手を獲れば良いのでしょうか。


チーム編成においてビジョンが全く見えません。


しかも若手捕手も一向に育っていないのは何故なのでしょうか。
育っていないのか、ただ単にチャンスがないだけなのか。
もっと言えばスカウティングに問題があるのか?


捕手というポジションは一人前に育つにはかなりの時間が掛かります。

即席では無理です。

経験という大きな時間と労力のいる投資をしなければなりません。


おそらく今回の鶴岡捕手の獲得は現場の意見が反映されたのでしょう。
相手方から見て、鶴岡捕手の評価が高かったと思います。


ただ彼が活躍する云々の前に、阪神はチームのビジョンを一度
再検討すべきだと思います。


その方がより長く常勝チームを造れると思います。