名参謀 | 元プロ野球選手のセカンドキャリア 〜つぶやき〜

名参謀

スワローズが強い。


この8連勝だけではなく、昨年の後半からずっと安定した戦いを
しているように思います。


小川監督になってから見違えるチームに変わりました。


その好調の要因の一つに伊勢コーチの存在が大きいと見る。


伊勢コーチは現役時代に「伊勢大明神」として代打の
スペシャリストとして有名な選手でしたが、打撃コーチとしても
数々のチームを歴任された、これまたコーチのスペシャリストです。


ヤクルトでは野村監督にも仕えて、ID野球も経験されている。


性格も大変明るく、いつも選手に声を掛けるなどムードメーカー的な
役割も出来る方である。


私は近鉄時代に一緒だった事があるが、選手の
扱いに長けたコーチとして印象があります。


その後、巨人にも在籍されたが、直ぐに退団されている。

選手から聞いた話では、
データーを駆使した話、打撃論、また投手には、打者心理の話など
非常に参考になる会話をされていたそうだ。

それもおしつけでなく、やんわりと言ってくれるそうだ。

その距離感が上手いんでしょう。



今思うと、巨人はもったいないことをしましたね。
一軍はもちろん、二軍の若手育成にはもってこいの人材ですから。


その点、ヤクルトは在籍も長いので、思い切って手腕をふるっているのかもしれません。


4番の畠山なんて、今素晴らしい活躍をしている。
まさしく純和製で生え抜きの主砲だ。


川端なんて活きのいい若手も出てきた。


おそらく伊勢さんが、狙い球などの細かい指示をされていると思います。


スワローズは、投手陣もしっかりしているし、これから先も安定した
戦いを続けると思います。