終のすみかを選ぶ | シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

専門家「税理士*社会保険労務士等や銀行員*保険外務員等」は、今どうすればお客様に喜ばれるかを重視しがちですが、私はもう少し長期的に見てお客様に喜ばれる「お金」のアドバイスをします。

         1年9月15日   おはようございます

 

 

 

    高齢化が進み、最後の住み家を考える老齢者が世間

 

  には多くなっているようでどうすれば、本人はもちろん家族

 

  に迷惑をかけたくないと考えている老齢者が多いようです。

 

 

   まず、在宅でと考える場合、在宅の支援制度をよく知って

 

   対策を考えましょう。

 

 

 

   ※ 在宅介護の支給限度額「東京都豊島区の2019年9月」

         「月額の目安」

 

 

  要支援1       5万7000円

 

  要支援2       11万9000円

 

 

  要介護1       19万円

 

  要介護2       22万4000円

 

  要介護3       30万7000円

 

  要介護4       35万1000円

 

  要介護5       41万1000円

 

 

 

   ※ 負担割合はいろいろ

 

 

   介護保険の支給限度額を超えた

 

   部分   ⇒  10割負担

 

 

   介護保険の範囲以内      介護保険の対象外のサービス

 

   「訪問ヘルパー、訪問看護、訪問  「ベットの世話、草むしり」

 

   リハリビ、ディサービスなど」

 

        ⇒ 所得に応じて       ⇒  10割負担

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

   以上のように、地方自治体で色んな在宅介護の応援制度

 

  があるようですが、自治体によっても相当違うようなのでお住

 

  まいの自治体に問い合わせてよく調べて今後の対策をとられ

 

  ることをお勧めします。