11月 活動報告 | SEAWEST

SEAWEST

同人ゲーム制作サークル「SEAWEST」(しーうぇすと)のブログです。


テーマ:

 

皆さま、こんにちは。
缶三郎です。

11月も終わりですって。わー大変!
そろそろ腹をくくらないとまずい時期になってまいりました。

制作中のサマーバケーション(仮)ですが、進捗は良くないです。
なので今月はこの進捗報告も簡便に済ませて、シナリオ頑張ります!

以下、さくっとベルリン旅行について書きます。
今月の頭にドイツのベルリンへ行って参りました。

旅行の主な目的は作中に登場させる、ある小道具を作るためです。
※単純に海外旅行してみたかったというのも、もちろんあります!
 

なぜドイツ、ベルリンかと申せば現在制作中のビジュアルノベル

サマーバケーション(仮)に出てくるヒロインが住んでる場所だからです。

 

だもんで、ちょっとばかしお話に絡むんですね。

 

作中でドイツ人ヒロインを登場させるので、ドイツについてはもちろん下調べはしてます。

書籍は割と片っ端しから買って、ネットでブログなども読んで、関連する映画もいくつか見て、
日本にあるドイツ人学校にも何回か行ったし、ドイツ語ネイティブ先生の授業も受けたし、
ドイツ関連の講演やイベント(オクトーバーフェストとかクリスマスマーケットとか)へもたびたび足を運びました。
ドイツ留学してたつんにも話を聞いたし、そして何よりアドバイザーのZephyrさん(ドイツ出身)には本当に何度もドイツ事情についてのお話を伺わせてもらいました。

だからもはやドイツは私にとって庭みたいなもんです。
 

そんなわけで満を持しての、いざベルリン!

航空チケットと宿だけ予約して、あてもなくブラブラと街歩きに行ってきました。
 

↑ホテルから望むベルリンの夜明け。

 朝7時(8時だったかも)くらいになると街に鐘が鳴り響くので、環境音を録音しなくちゃ!と思って慌てて飛び起きたりしてました。

 

↑ホテルから適当に歩いての街並み。素敵ですよね。

 

 

結果、どうだったか。
わかっちゃいましたがやっぱり「百聞は一見に如かず」でした。

なにが想像と違うかって、ドイツ人はデカいですよ。
デカいのはわかってましたよ。でも本当にデカいんですよ。

しかもベルリンはクラブ文化が強く、アンダーグラウンド系なアレが、

だいぶアレだったんですけど、割とアレでした。ビビりました。

直接的な身の危険とかは全然感じなかったですけど、

その前に威圧される感じです。

 

紳士な人たちももちろんいっぱいいますけど、

それはそれで人としての格の違いを見せつけられるというかなんというか。

そもそも僕の仕入れていた前情報だとドイツ人はダサいということでしたが(パリとか比べての話)、

鼻白んでしまうほどにカッコいいですよ、彼らは。

 

そんな感じでした。

 

よく周りから海外旅行すると自分がちっぽけに思えてくるよと聞いてましたが、

なるほどこういうことかと合点が言った次第です(たぶん違う)。

そんなベルリンですが、見どころは沢山ありました。

激動の歴史の中心地だったわけで時代の流れをもろに受けて建造物も比較的新しいものが多く、
素晴らしい近代建築の宝庫で見ていて飽きません。

Twitterにも少し載せましたけど、壁によって東西に分断され取り残されたポツダム広場(Potsdamer Platz)なんて、

とくに凄いです。

 

↑その中でも名物のソニーセンター! ドーム状の羽がカッコいい!

エネルギッシュでした。

でも今回の旅行でなにより良かったのは紅葉でした。
黄葉と書いた方が良いのでしょうか。

今回宿を取った近くに、ティーアガルテン(Tiergarten)という公園(ベルリン動物園のすぐ脇)があるんですが、
黄葉のあまりの見事さに、連日通いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



僕はじじくさい所があるので紅葉大好きで、日本のあちこちの紅葉見にいきますけど、
まったく違う印象を受けました。

大雑把な比較でいうと日本はせせこましく、猥雑な感じがします。
限られた土地の中で多くの木々植物が生い茂って、生存競争して、
そこがまた動的な魅力に溢れ、生き生きしてるとも言えますが。

一方、向こうはとにかくデカいんですよね。木とか空間とか。
向こうはなんでもデカいですね。
なんなんでしょう。

空間の余白がたっぷりあるんです。
だから曇り空でも明るくて、開放感がありました。

もちろん空間設計による意図的に作られた余白でしょうね。

ティーアガルテンなどは、もともと王侯貴族の狩場だったらしいんで。

なるほど、こういうところなら馬に乗ってイキって狩りもしたくなるわと思いました。
庶民には手の届かない地上の楽園。最高のステータス。

僕は庶民なんでそういうのを僻みたくもなるのですが、
正直、どうしようもなく美しい。

ここだけをとってもベルリンを愛せそうでした。
公園内は静かで穏やかで品があって、本気でここに住みたいと思ってしまいます。

 

やっぱり都市のど真ん中に、こういう公園が堂々とあると

度量が違うなあと思わされますね。

公園を出て近くの駅前に行くと、雑然としてどこでもありふれた街になるんですけど。

最高でした。

そんな感じで、ベルリンを楽しんで

合間で旅の目的も無事に果たして、めでたしめでたし。

 

いやー良かった良かった。さよーなら、ベルリン!

と意気揚々と帰りの飛行機に乗ったんですけどね。

 

便が遅延しまして乗継ができなくなりまして、

ブリュッセル(ベルギー)でまさかの1日足止めです。

 

ドイツでの、ベルリンでの日々はほんの序章に過ぎなかった…!

という程度に人間力を試される怒涛の展開に突入しましたが、無事帰国できたのでよしとしましょう。

 

本当に運が良かった!

 

ちなみにブリュッセルも半日観光したのですが、

なんか、こう……

 

ディズニーランドって感じでした。
楽しかったです!

 

seawestさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス