大人2人にベッドは1つ? | The Power of Travel

The Power of Travel

オーダーメイド旅行会社 SEASONの旅行ブログ


テーマ:


The Power of Travel


欧米のホテルはツインルームなのに、ベッドは1つという部屋が実に多い。

欧米では、子供でもない限り親子で旅行に行ったときでも通常1人1部屋を取る。

また、たとえ同性の友人同士でも相部屋ではなく、部屋は別々に取るのが当たり前。

ところが、日本人は他人同士でも、相部屋(ツイン)で泊まる。

そして、夫婦でも別々のベッドで寝る人が多い。


日本人観光客が利用するホテルは中級以上が多いので、少なくともそういったクラス

のホテル滞在する欧米人であれば、ツインルームに2人で泊まる(相部屋)ことは

ない。欧米人でも恋人や夫婦であれば同じ部屋に1つのベッド(ダブルベッド)に泊まる

ことはある。


日本人の私たちは、ツインルームと訊けば必ずシングル以上のベッドが部屋に

つ入っているという先入観がある。


昔、添乗員としてホテルにチェックインする際、

よく困った経験がある。


ホテルにチェックインする際、鍵を参加者に配る。


夫婦なのにダブルのベッドが一つしかない部屋を、ホテル側は平気であてがってくる。

私が(またかと)困まり顔で思案していたら…


提携先の日系(イケメン)スタッフが、私の様子を察したのか、

ニッコリと笑って歩み寄ってきた。


「よかったら、その鍵配るの 僕やりましょうか?」

彼の思いがけない申し出に、

ついつい自分可愛さに、「本当?悪いねえ」と下駄を預けてみた。


すると、その青年、いたって快活な笑顔で、お客さんに向かってこう言った、

「皆さんお疲れさまでした これからお部屋の鍵をお配りします。」


「ここハワイでは、お部屋にベッドが2つのフツーのタイプ、そしてハッピーなハネムーン仕様の

ダブルベッドが1つのお部屋をご用意しております。ご夫婦のお客様!ベッドが2つのお部屋

が当たれば、いつも日本で泊まるホテルと同様、かわりばえしなくてすみません。ハネムーン

仕様のお部屋(ベッドが1つ)は残念ながら数が限られます、それでは… 本日のご当選は

…○○さ~ん おめでとうございます アロ~ハ お二人は今晩ハネムーンをやり直していただ

きまあ~す。」


ツアー参加者の拍手!頭を掻きながら 鍵を受け取る御主人。

(まんざらでもなさそう…)


結局、ベッド1つの部屋に当たってしまったご夫婦は 嬉しそうな表情…。


意外だった。

まさか幸運を引き寄せた幸せ者!?

旅先で感心し、「モノはいいよう…」だと、いたく感動したことを覚えている。

SEASONさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス