取締役の任期 | アメフト好き行政書士の独り言

アメフト好き行政書士の独り言

神戸市中央区の
行政書士森本唯史のブログです。

私が運営する事務所のウェブサイトは
http://www.g-concourse.comです。
宜しくお願い致します。


テーマ:
こんにちは。
コンコース行政書士事務所の森本です。

今日はお客様の指名願の書類を作って
無事発送しました。
1件仕事を終えてホッとしております。

今日のテーマは「役員の任期」についてです。
役員の任期といえば平成18年の会社法改正で
最長10年まで任期を伸ばすことができるようになりました。

確かに10年としておけば、10年に1回登記をするだけなので
登記費用を節約できるとも考えられます。

しかし、デメリットもあります。

一つ目として役員を10年間途中で交代できなくなるということです。
2年にしておけば、適任の方が取締役になっていたとしても
2年たてば自動的に退任となりますが、
10年としてしまうと、簡単に辞めさせることができません。
最悪、話題となった大塚家具のようにもなりかねません。

二つ目として取引先や利害関係人への情報公開が不十分になるという点です。
2年に1回登記をしておけば役員の任期が2年であることがすぐにわかりますが、
10年にしておくと役員の任期がいつ終わるのかが登記事項証明書を
見ただけではわかりません。
登記事項証明書には任期は記載されていませんからね。
第三者にきちんと会社の情報を開示する点から考えれば
10年というのも問題になるかもしれません。

どちらにされるかは経営者の方の判断ですが、
2年にするメリットもあるということです。
当事務所では登記業務は取り扱っておりませんが、
責任もって専門家をご紹介いたします。
ご不明な点があればお気軽にご相談ください。

それでは。



森本唯史(コンコース行政書士事務所代表)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス