ぞんびーのどらーま | GAME-MUSIC-SPORTS(暁いんふぇるの)

GAME-MUSIC-SPORTS(暁いんふぇるの)

ゲーム、音楽、スポーツをメインテーマに。

 ゾンビ映画ですね~

 シーズン2も終わりまして、全部見ることができましてん。
 シーズン2だけはHuluってなぁ…

 うーん…出演陣の演技云々については何も思いませんでしたが…
 全体的なストーリー構成として、なんか見てて恥ずかしかったりとか…
 ありがち、とかベタではないんですけど…なんだかなぁって思うシーンが多々。
 感動的なシーンもありましたし、全部見たわけですから、つまらない作品かと言われるとそうでもなく。

 クサい

 という表現につきるかなと思います。臭いの話じゃないですよ?
 セリフ回しとか演出全般の話ね。


 ウォーキングデッドやキングダム、映画を含めるとゾンビものっていろいろあります。
 満を持して日本の連ドラでゾンビものだったと思うんです。
 NHKでもあったんですけどね。ゾンビがきたから人生見つめ直した件、だったかな?

 人間ドラマや家族愛はさておき、恋愛要素に代表する男女のアレコレを挟み過ぎたんじゃないかな。
 主演の2人の軸はいいとして…
 あれこれ詰め込み過ぎたとは思いませんが、なんかゴチャってんなぁっていう印象はある。
 これが2クール丸々やれたらよかったんでしょうけど、ちょっと短すぎたのかなと。全16話かな。


 中条あやみが、JOKERだったかなと。
 ヒロインでもあり、トラブルメーカーでもあり。
 敵側から記憶喪失からあれこれ。
 飯豊まりえの方が好感が持てましたね。

 竹内涼真も典型的なヒーローというやつでしたね。

 嫌な役の人もちょっと多すぎた感じはありますが、作品としての人物像がわかりやすいってのはあると思います。
 どれも典型的な人柄だったかなと。


 ゾンビサバイバルっていうジャンルもだいぶ完成されていると思うので、それをようやく国産ドラマでやったなぁと。
 それと同時に、地上波とそれ以外のコラボというところで…
 視聴率とかね、興行的にはおそらく失敗に近かったんではないかと思いますが、いろんな面でいい試みだったんじゃないでしょうか。


追記:
主演の男性のスキャンダルにも多少泣かされた感じってあるのかなぁ?


追記:
曲は大好きです。