U-23アジア選手権 日本×シリア | GAME-MUSIC-SPORTS-LOVE

GAME-MUSIC-SPORTS-LOVE

ゲーム、音楽、スポーツをメインテーマに。

 1-2で負けて、連敗。グループリーグ敗退が決まりました。

 五輪が自国開催でよかったですね^^

 

 1失点してからようやく尻に火が付いたかなぁという感じですが。

 E-1で辛めの評価をした相馬が頑張ってたなぁ…よかったです。齋藤よかったですね。

 食野交代はどうだったんだろう…唯一違いを作れた選手のような気がするので。

 

 東京五輪出場権を持ってるから、大会を、相手をなめてかかっていた、というのではないと思います。

 本人たちにその気はないですし、数値化できないのが難しいでしょうけど、勝つ気持ちがある、ただしそのレベルはとてつもなく低い、という感じなのかなと。

 

 

 1試合目よりやる気はあったかなぁくらい。負けたら終わりでしたからね。

 夏休みの宿題をギリギリでやったものの2学期に間に合わなかった、という説明でどうでしょう?!(してやったり…?)

 

 ようはサッカーって職業なめてるんですよ。人生もかかってないし、クラブで活躍すればいいや程度なんでしょ。よく日の丸を背負う責任とか言いますが、その意味がわかってないんじゃないかな。

 責任とか言うと重いだなんだという話もありますが、重いんだよ。

 

 試合に負けたとかグループリーグ敗退はどうでもいい。

 気持ちや意識の軽さに苛立ちと怒りを覚えますね。本人たちは誇りや責任、気持ちの強さを持ってやってるんでしょうけど、それが低次元だってことがわからないんですよ。イライライライラwww

 

 選手も言ってましたが、懸けてるものが違うとか、戦えてないとか、そこの意識の差は根深い。

 今までどういう気持ちで、また意識の低いところでサッカーやってんだなこの子らは、と思いました。代表の諸先輩方が気持ちの部分で甘さを指摘したり、気持ちが大事という意味がそこにある。

 精神論や表立った気迫、闘志、熱量って最低限ないとだめなんじゃないかな。結果が伴わないと本当に酷評になる。

 

 

 この代表は本当に難しい。海外組も多い、選手も固定しきれない中でパフォーマンスを出し続けるのも難しい。しかも五輪出場権を持っている中で、選手選考もまだ続いてます。

 コンスタントに招集できる数人でスタメンの軸は作るべきだったのかなと。

 少なくとも、この時期まで多くの選手に可能性を残し過ぎたのもいいことではなかったのかなぁとか。昨秋もそうでしたけど、けっこうな選手がギリギリまで試されてますよね? コパ・アメリカ、E-1と召集・出場機会に恵まれ過ぎていたってのもありますかね?

 選手の、五輪代表に選ばれることへのモチベーションに差があるのかな? とも思ったり。

 だって、この中の選手で本番で選ばれるのって何人でしょう? OA枠フル使用なら半分も残らないような?

 

 

 監督については…続投を積極的に支持はしませんが解任を強く推さないです。

 選手だけの問題じゃないことは確かですし、更に上の協会云々ってなるともうわけがわからなくなるので、あえて選手の話をメインに書いてます。

 森保さんは優しいし甘いのかなぁ? くらい。戦術的なところはもうわからんわからんw

 2試合の決勝点は、監督の指示とか指導以前の問題ですからね。監督の言う勝負勘や勝負強さってのは、そこを指して言ってるんではないかなと思いました。

 

 本来なら五輪出場権が潰えたこの試合後辞任(解任ではなく)、ってのは筋道としては治まりがいいかなとは思います。

 五輪代表とA代表のシステムが違うところはどうなん? とも思います^^;

 

 

 

 結論:

 現時点で五輪への期待は0ですけど、五輪で結果出せばすべてが変わるwww メンバーもガラッと変わるでしょうし。そんなもんっすよねvv がんばれ日本!!