今日は自分メンテが

 

早く終わったので

 

 

気になる事

 

少し書きたいと思います。

 

 

 

 

 

なにかと「糖」って

 

悪者にされがちぃだけど。。

 

 

確かにね、短期的には

 

糖質制限が必要な人もいるって

 

以前にも書いたよねw

 

 

 

糖尿病が進行している方とか、

 

 

がん細胞も「糖」が好き。

 

 

糖は癌細胞の餌なので

 

この餌(糖)を与えなければ

 

癌は生きていかれない筈。

 

ていっても簡単じゃないんだけど

 

ブドウ糖ってタンパク質からも

 

作っているしね。

 

 

 

癌の部位にもよりますし

 

その人の栄養状態にもよりますが

 

 

というのは、糖質制限で

 

本人が参っちゃったりするから

 

それじゃ栄養失調で免疫が落ちて

 

病気と闘えなくて

 

癌の前に感染症で

 

亡くなっちゃうかも知れない。

 

 

 

一方、糖質制限することで

 

癌の進行を遅らせることが

 

理屈上も可能だし

 

実際、功を奏した患者さんも

 

いらっしゃいます。

 

 

 

 

基本的に人間にとって糖は

 

全てに置いて悪者では無い。

 

必要です!

 

ただし摂り過ぎは問題です。

 

 

 

世間の人は極端だからね。

 

 

必要だって言うと

 

食べ過ぎるし、悪者だって言うと

 

全く食べないとか。

 

 

アドバイスする時、ここら辺の感覚を

 

物凄い気を使わなきゃいけないなと

 

思っています。私の感覚での

 

「少し」と世間の皆さんの「少し」の

 

量も、違うんですよ。

 


 

この感覚のズレがあることを

 

うっかり見逃してしまうんです。

 

 

 

数値化すると難しく捉えられて

 

面倒だと思われたら

 

実行して頂けないしね。

 

 

食事の感覚を徹底的に

 

矯正していくには、ほんと住み込みで

 

見張って無きゃダメなんじゃない?(笑)

 

 

 

 

前置き長くてスミマセン。

 

 

 

 

コーヒーのお話を先送りにして

 

 

今回は赤血球のお話しを軽くします。

 

始めの説明は

 

軽く読み流しちゃって下さいね。

 

 

そうしないと

 

ここでつまずいちゃう人もいて

 

その先まで読んでくれなさそうなので

 

 

 

その先が大事だからね。

 

 

 

 

 

血管内を流れている赤血球

 

赤血球 血流 イラスト素材

 

画像、お借りしました。

 

 

 

 

真ん中が凹んでいます。

 

 

凹んでいないと困るんですが

 

 

生まれたての子供の赤血球は

 

凹んでいません。

 

 

成長して大人の赤血球になる時に

 

脱核といって、核を捨てます。

 

 

「赤血球の脱核イラスト」の画像検索結果

 

 

こちらはゴローさんの手書きイラストを

 

お借りしました。

 

 

 

 

 

 

 

血は骨髄で作っていますよね

 

生まれたての赤芽球が

 

大人の赤血球になる様子です。

 

 

 

画像は日経グッディさんから

 

お借りしました。

 

 

 

 

この脱核に必要なのが

 

VB12と葉酸です。

 

 

 

ちょっと興味があってとか

 

必要に迫られてなどで

 

勉強している方はご存知ですよね。

 

 

以前、アメブロの

 

私の相談者さんの中にも

 

いらっしゃいました。

 

 

血液データを自分で見て

 

サプリメントを自分で飲んだり

 

していらっしゃいました。

 

 

そこだけ見ていても

 

ダメなんですが…。

 

 

 

実際に結果が出ないから

 

私の所に相談に来たのだと

 

思うので、この先は有料になります。

 

 

しつこいけどてへぺろ

 

 

分子整合栄養医学的に

 

相談に乗るのってね

 

 

時間や労力も掛かるけど

 

 

知識や情報の仕入れにも


技術を習得するにも


 

お金がかかるんですよ。

 

 

ご理解いただけると

 

幸いです。

 

 

 

質問されてもタダでは

 

答えられないので

 

宜しくお願い致します。

 

 

たまのブログからの

 

情報公開はサービスですラブラブ

 

 

 

 

話しを赤血球に戻します。

 

 

 

「赤血球の脱核イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

実はこの脱核の時に、

 

赤血球はミトコンドリアまで

 

捨ててしまいます。

 

 

という事は、ミトコンドリア内の

 

TCAサイクルや電子伝達系での

 

エネルギー産生が出来ないので

 

 

 

細胞内の解糖系だけでしか

 

エネルギーが作れません。

 

 

「糖」がないと

 

エネルギーが作れないのです。

 

 

 

 

 

毛細血管って細いですよね。

 

 

赤血球は

 

毛細血管の幅より大きいので

 

このままでは通る事ができず、

 

 

赤血球が毛細血管に入る時

 

自分の身体を折り畳んで

 

小さくなります。

 

 

 

この小さく折り畳むのに

 

エネルギーが必要で

 

そのエネルギーを「糖」でしか

 

賄えない赤血球という細胞は

 

 

 

私達が低血糖などを起こして

 

血糖値が低いと

 

 

赤血球がエネルギーを作れなくて

 

小さく折り畳めないので

 

毛細血管を通ることが出来ません。

 

 

 

VB12や葉酸が足りなくても

 

赤血球が小さくなれないので

 

毛細血管を通れません。

 

 

 

という事は何が起こるかというと

 

 

手足の先が震えたり

 

痺れたり、冷え性で

 

手先がいつも冷たいなんてことが

 

起こってきます。

 

 

 

ここで勘違いしちゃいけないのは

 

このような症状が、全て

 

赤血球のせいだとか

 

VB12や葉酸が足りないせいでは

 

無いという事です。

 

 

 

手先が冷えるからとか

 

震えるからとか、

 

神経痛があるからとかで

 

VB12を飲めば治るんじゃないかって

 

思っちゃう方、いらっしゃいましたw

 

 

 

神経痛は間違っちゃいないかも

 

知れませんが、とはいえ

 

 

 

病態を改善させるほどの

 

高容量の栄養(サプリメントなど)は

 

根本原因も分からないのに

 

闇雲に人の真似したって

 

あんまり意味ないですよ。

 

 

かえって可笑しなことに

 

なってしまうんです。

 

 

それ程、BV12自体にも特徴が

 

ありますから、

 

DNAの発現にも関与しますし

 

メチル化回路でも重要な

 

役割をしています。

 

 

 

ビタミンB12は別名

 

コバラミンとも言いますが

 

その種類は

 

メチルコバラミン

 

ヒドロキシコバラミン

 

シアノコバラミン

 

アデノシルコバラミン

 

などがあり

 

それぞれに特徴的な

 

異なる働きがあります。

 

 

 

例えばメチレーションが

 

まわり過ぎの

 

オーバーメチレーションの人には

 

抑制させるヒドロキシコバラミン、

 

 

逆にメチレーションが回らない

 

アンダーメチレーションの人には

 

メチルコバラミンが向いていますが

 

働きはそれだけではありませんから

 

私がここで書いた事だけで

 

判断しないで下さいね。

 

 

 

それから血液検査の

 

アンダーメチレーションや

 

オーバーメチレーションの指標は

 

あくまでの予測です。

 

 

あまり当てにしてもダメですw

 

 

 

 

その自分の症状が

 

どこから来ているのか

 

根本原因を突き止めもしないで

 

サプリメント治療をする事は

 

検査もせずに抗がん剤を打つのと

 

たいして変わらない行為では

 

ないでしょうか?

 

 

私はそう思います。

 

 

 

痺れている原因や

 

痛みのある原因の全てが

 

栄養欠乏ではないし

 

 

栄養欠乏だとしても

 

なぜ欠乏まで至ってしまうのか

 

そこが問題なんです。

 

 

毒物のせいもあると思います。

 

 

今の時代、何も注意せずに

 

普通に生活していて

 

食事が良いはずがないです。

 

それだけ毒ばかり販売される

 

時代になりました。

 

 

ハンバーガーや

 

ドーナツ屋さんなんかの

 

新商品が出ると

 

こぞってTVなどではCMが流されますが

 

こんなの日本だけみたいです。

 

 

海外でこんなことしたら

 

クレーム殺到らしい。

 

 

 

毒と言えば環境やストレスなんかも

 

考察してみる必要があります。

 

 

その為の検査ですし

 

 

痛みや痺れを取り除くため

 

病態を完治させる確かな

 

エビデンスが必要なんです。

 

 

 

 

 

 

 

副腎疲労の酷い方も

 

先の方が常に冷たい方多いです。

 

 

スーパーの冷気が流れている

 

棚の前を通るのが辛いとかね。

 

 

手を握ると、大抵の人は

 

どんなときも冷たかったりします。

 

 

本人はあまり自覚してない時も

 

あるみたいですが。

 

 

 

 

 

 

なんだか長くなってしまってすいません。

 

 

まとまりが無くなってしまいましたが

 

これで終わります。

 

 

 

出来が悪いけど

 

しかたない。。


多動感いっぱいですが汗

 

 




 

切り替え切り替え(笑)

 

今夜も自分の時間に

 

入らせて頂きます。

 

 

 

閲覧有難う御座いました。

 

 






てへぺろ