未来の約束

テーマ:

飲みに言った帰り道である人に言われた。


「今日は話せなかったから・・・次は隣に座ってもいいですか?」


私は酔った頭で適当に返事をして

「はぃっ」なんて簡単に約束をしてしまった。


次の日に「約束したよね」と言われて

(ぁ、そうだった><)と思い出したけれど


でも内心とても楽しみだったりもする。


いつも辛口の言葉で私をからかっては

笑っているそんな人が敬語をつかって・・・

未来の約束は何故かとても楽しみになる。


でも


そんな彼を私はずるいと思った。


だって


その日がいつ来るかも分からないのに

そんな日は来ないかもしれないのに


その間、私はその日を楽しみにしてしまうから。

その間、私は彼を気にするようになってしまうから。


その日がいつ来るかも分からないのに・・・。

そんな日は来ないかもしれないのに・・・ね。