製造業の売上増加と新規拡大コンサルタント 照井清一のブログ

製造業の売上増加と新規拡大コンサルタント 照井清一のブログ

モノづくり企業の売上増加と新規開拓に役立つマーケティング、モノづくり、イノベーションについてのブログ


テーマ:

こんにちは

インダストリー4.0で、それぞれ個人に合ったものができるといわれています。

すでに紳士服は、オーダースーツを売りにする店が増えています。

しかし私が困っているのはスーツでなく、下着です。

クラシックな純日本人体形なので、今どきの人に合わせた下着は腕が長すぎます。

そのためワイシャツから肌着のそでが出てしまいます。

インダストリー4.0でそでの長さが選べると良いのですが、

この程度の選択もできないのが現実です。

男性用肌着(ヒートテック)で7分そでを探しましたがありません。

そこで女性用ヒートテックを調べたら、8分そでがあったので買ってみました。


長さはちょうどよかったのですが、

大きな問題がありました。


胸元がUネックなので大きく開いているのです。

クイーンの故フレディ・マーキュリーのステージ衣装みたいです。

おかげで、決して人前でワイシャツを脱げなくなりました。

(まあ普通、脱ぐことはありませんが。)




◆売上1/3からの大逆転!展示会の活用 その3 ブースに来てもらうために用意すべきもの◆


ブログ「展示会の活用 その2 人をひきつけるもの」で、

お客様に注意を向けてもらうには、

お客様が関心を持っていることを訴えることと書きました。

それはあなたの会社の名前や製品でなく、お客様自身の課題や悩みです。

それを解決するようなものがあれば、お客様は思わず目を留めます。

それをお客様に訴えるのがキャッチコピーです。

例えば、

体重が気になる人には、「10日間で3kg」、

尿酸値が高い人には「プリン体ゼロ」、

ネジのゆるみに困っている人には、「緩まないネジ」

です。

では、どうしたらキャッチコピーに目を向けたお客様に

ブースに入っていただくことができるでしょうか?

お客様がブースにきてもらうために用意すべき3つのポイントについて書きました。

詳細は、以下の経営コラムを参照願います。


http://ilink-corp.co.jp/4081.html


◆経営コラム「30年先を見通す経営」◆

経営コラム「30年先を見通す経営」は、ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、

企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを毎週に更新しています。

以下に登録していただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)

http://ilink-corp.co.jp/malmag.html



◆12月16日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

経営勉強会「未来戦略ワークショップ」12月は

「事務ロボットによりホワイトカラーの仕事がなくなる!」~話題のRPAの特徴と課題~

2015年野村総研とマイケルAオズボーン氏の研究によれば、

日本では49%の仕事がロボットやAIに代替可能ということです。

今、定型業務を自動的に処理する事務ロボットRPAが大きな話題となっています。

12月16日(日) 9時30分~12時

刈谷市産業振興センター 405講義室

参加費 500円

参加希望の方は、前日までに電話かメールでご連絡ください。

連絡先は以下を参照願います。

http://ilink-corp.co.jp/contact_us.html


◆12月6日(木)セミナー「利益を確実にするためのシンプルな原価計算の仕組み」◆

多くの企業は

「大企業のような原価計算システムは導入できない、しかし今のやり方で本当に利益が出ているのか分からない」

と悩んでいます。

そこで本セミナーでは、

エクセルを使った簡単な原価計算と赤字を「見える化」する仕組みをお伝えします。

詳細は、以下のサイトを参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/2692.html



◆書籍 「中小企業の展示会マニュアル」◆

~脱下請けのための新規顧客開拓術~

中小企業が展示会で新規開拓を行うのに必要な

・展示会の選び方

・展示の仕方やPR方法

・ブースのつくり方や顧客との会話の仕方

・展示会後のフォロー

までの詳細なマニュアルです。

特に「下請け」で自社をどうやってPRしたらよいのかわからない

という方にはとても参考になる本です。

詳細は以下をご参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/3915.html

製造業の個別原価と工場革新で経営改善を実現する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを参照願います

株式会社アイリンク


テーマ:

こんにちは!

11月19日、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、

金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕されました。


1999年瀕死の日産を立て直すためにルノーから来たカルロス・ゴーン氏は、

それから19年の長きにわたって、日産、そしてルノーの経営トップの地位にありました。

このような長期間経営トップの地位にあれば、

権力の集中化や派閥の肥大化など多くマイナス面が現れます。


なぜ、彼は次の経営者にバトンタッチせず、トップに居続けたのでしょうか。


また巨額の報酬に注目が集まっていますが、

なぜ彼は一生かかっても使いきれないような報酬を求めたのでしょうか。


進化心理学によれば、人の判断は様々なバイアスがかかっています。

それは外敵から身を守り、配偶者を獲得し、子孫を反映させるために

太古の昔から獲得した能力です。

これは人だけでなく、猿やチンパンジー、鳥や魚にも備わっています。


その中には、権力への固執もあります。


人の報酬や権力に対する執着は、

ひょっとすると、猿のボスと同じものかもしれません。



◆弊社ニュースレターモノづくり通信第56号を発行しました◆

買い物から経営まで、様々な場面で人は意思決定します。

この意思決定、いつも正しいとは限りません。

買い物の失敗でしたら損害は大きくありませんが、

経営における意思決定の誤りは、倒産に至ることもあります。


この意思決定の誤りはどのようにして起きるのでしょうか。


意思決定について従来の経済学では、

「人は常に合理的な判断を行う合理的経済人」

と考えていました。


対して心理学者のダニエル・カーネマンーは、

「人の意思決定にはバイアスがかかっていて、非合理な決定も行うこと」

を発見しました。

なぜ、意思決定にバイアスがかかっているのか?

進化心理学によれば、

「人が文明を手にするはるか大昔から、外敵から身を守り、子孫を残すために獲得した能力」

が原因と考えられます。

バイアスにより実際よりも誇大に危険を感じ早く行動するためです。


モノづくり通信第56号は、進化心理学から見たこの意思決定のバイアスついて書きました。

詳細は以下を参照願います。

http://ilink-corp.co.jp/wpst/wp-content/uploads/2018/11/monotsukuri_tsuushin_56.pdf



◆モノづくり通信のバックナンバーは、以下からご参照いただけます。

http://ilink-corp.co.jp/category/newsletter



◆経営コラム「30年先を見通す経営」◆

経営コラム「30年先を見通す経営」は、ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、

企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを毎週に更新しています。

以下に登録していただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)

http://ilink-corp.co.jp/malmag.html


◆12月16日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

経営勉強会「未来戦略ワークショップ」12月は

「事務ロボットによりホワイトカラーの仕事がなくなる!」~話題のRPAの特徴と課題~

2015年野村総研とマイケルAオズボーン氏の研究によれば、

日本では49%の仕事がロボットやAIに代替可能ということです。

今、定型業務を自動的に処理する事務ロボットRPAが大きな話題となっています。

12月16日(日) 9時30分~12時

刈谷市産業振興センター 405講義室

参加費 500円

参加希望の方は、前日までに電話かメールでご連絡ください。

連絡先は本メールの最後にあります。



◆12月6日(木)セミナー「利益を確実にするためのシンプルな原価計算の仕組み」◆

多くの企業は

「大企業のような原価計算システムは導入できない、しかし今のやり方で本当に利益が出ているのか分からない」

と悩んでいます。

そこで本セミナーでは、

エクセルを使った簡単な原価計算と赤字を「見える化」する仕組みをお伝えします。

詳細は、以下のサイトを参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/2692.html



◆書籍 「中小企業の展示会マニュアル」◆

~脱下請けのための新規顧客開拓術~

中小企業が展示会で新規開拓を行うのに必要な

・展示会の選び方

・展示の仕方やPR方法

・ブースのつくり方や顧客との会話の仕方

・展示会後のフォロー

までの詳細なマニュアルです。

特に「下請け」で自社をどうやってPRしたらよいのかわからない

という方にはとても参考になる本です。

詳細は以下をご参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/3915.html



◆メルマガ後記◆

ゴーン会長の事件で不思議なのは、捜査に日産自動車が全面協力している点です。

多くの企業の不祥事は、組織の体面を保つために

企業は問題を隠ぺいしようとするからです。

また21日には、ルノーがゴーン会長の留任を発表しました。


これから事実解明をするのに、早々と留任を発表するのも不思議です。

なかなか奥が深そうな事件です。



製造業の個別原価と工場革新で経営改善を実現する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを参照願います。

株式会社アイリンク


テーマ:

こんにちは!

先日、中国へ行ってきました。

出張の際は、ジョギングシューズとウェアを持って行って

見知らぬ土地を走るのが私の楽しみです。

中国でも早朝ジョギングしました。

ところが、途中で道を間違えてしまい、

いくら走ってもホテルに着きません。

グーグルマップもおかしな方向を指して全然当てになりません。

スマホはデータ通信しかできず、ホテルに電話をかけられません。

しかも中国ではタクシーもスマホアプリで呼ぶため、

手を挙げても止まらないと聞いていました。


さすがに焦りました。


目の前のホテルに飛び込んで、タクシーを呼んでもらうように頼みましたが、

フロントが電話しても全然つながりません。

そうしたらホテルの人が道路に出て、走っているタクシーを無理やり止めて、

乗っている人に交渉して、相乗りさせてもらうことができました。


親切な人に救われて、中国の人を見直しました。


今度、日本で困っている外国人がいたら、助けてあげようと思いました。

外国で迷子になる恐怖は、よくわかりましたので。





◆減価償却費とはどのような費用か?アワーレートから考える◆


アワーレート、中でも設備のアワーレートを計算する際は、

設備の減価償却費が大きな割合を占めます。

この減価償却費は設備の購入費用を耐用年数の間、適宜分割した費用です。

減価償却費にはいろいろな制約があります。

例えば、耐用年数が税法で決められていて、実際の設備の耐用年数とは異なる。

償却方法が定率法と定額法の2種類ある。

などです。

そのため、アワーレートを計算する際に様々な問題が生じます。

そこで、減価償却費とはどのような費用なのか?

減価償却費の成り立ちから、

現在の減価償却費のやり方や耐用年数の短縮制度や増加償却の仕組みを解説しました。

そして実際の設備の損耗と減価償却費の差異が

どのようにアワーレートに影響するか解説しました。


詳細は、以下の経営コラムを参照願います。

http://ilink-corp.co.jp/4042.html


◆経営コラム「30年先を見通す経営」◆

経営コラム「30年先を見通す経営」は、ものづくり企業の「30年先の経営」を考えるヒントとして、

企業経営、技術の進歩、イノベーションなどのテーマを毎週に更新しています。

以下に登録していただきますと、更新情報のメルマガをお送りします。

(登録いただいたメールアドレスは、メルマガ以外には使用しませんので、ご安心ください。)

http://ilink-corp.co.jp/malmag.html



◆11月18日(日)経営の勉強会「未来戦略ワークショップ」を開催します。◆

毎月開催しています経営勉強会「未来戦略ワークショップ」

次回は、11月18日(日)に

「捨てられる銀行、中小企業の資金調達の課題2」

~米国の中小企業金融との比較~

10月の勉強会で、バブル崩壊と不良債権処理がどのように金融庁の姿勢を変え、

それがどのように金融機関に影響を与えたかを学びました。

11月は、10月の続きとして、アメリカの中小銀行がどのように融資を行っているかを学びます。

アメリカでは、日本よりはるかに多く(7000行、日本は約300行)金融機関があり、

中小・小規模企業を主な顧客に取引しています。

そこには意外にも「リレーションシップバンキング」や「事業性評価による融資」など

金融庁の目指す金融機関の姿がありました。


11月18日(日) 9時30分~12時

刈谷市産業振興センター 502講義室

参加費 500円

参加希望の方は、前日までに電話かメールでご連絡ください。

連絡先は本メールの最後にあります。



◆11月22日(木)セミナー「利益が増える!価格決定と価格交渉の仕組み」◆

製造業の中小企業を対象に、

受注価格を高くするための価格決定と価格交のセミナーを開催します。


厳しいコストダウン要求の中、受注金額の数円の差が利益を大きく変えます。

そのためには、見積作成から価格交渉までの活動を組織的に行う必要があります。

本セミナーでは、高く受注するための見積のポイントと

大手との価格交渉のポイントをお伝えします。


詳細は、以下のサイトを参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/2683.html



◆12月6日(木)セミナー「利益を確実にするためのシンプルな原価計算の仕組み」◆

多くの企業は

「大企業のような原価計算システムは導入できない、しかし今のやり方で本当に利益が出ているのか分からない」

と悩んでいます。

そこで本セミナーでは、

エクセルを使った簡単な原価計算と赤字を「見える化」する仕組みをお伝えします。

詳細は、以下のサイトを参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/2692.html



◆書籍 「中小企業の展示会マニュアル」◆

~脱下請けのための新規顧客開拓術~

中小企業が展示会で新規開拓を行うのに必要な

・展示会の選び方

・展示の仕方やPR方法

・ブースのつくり方や顧客との会話の仕方

・展示会後のフォロー

までの詳細なマニュアルです。

特に「下請け」で自社をどうやってPRしたらよいのかわからない

という方にはとても参考になる本です。

詳細は以下をご参照ください。

http://ilink-corp.co.jp/3915.html


◆メルマガ後記◆

相乗りさせてもらったタクシーの女性が、

どこから来たのかと英語で聞いたので、

日本から来たと答えました。

英語で話しかけたので、旅行者かと思い

どこから来たのかと聞いたら、

地元の人でした。

中国の内陸部でも英語を話せる人がいて、

教育水準が高くなっていることを実感しました。

 

個別原価と原価に基づく見積で利益を改善する
株式会社アイリンクについては、以下のURLを
参照願います。

株式会社アイリンク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス