子どもが伸びる!子育てママががラクになる!心と環境の整理術 コーチング☆つくば

子どもが伸びる!子育てママががラクになる!心と環境の整理術 コーチング☆つくば

ママの心と環境を整えることで、子ども良い関係が作るれます。
ママは笑顔を発信基地です。ママの笑顔は家族の笑顔を創ります。
このブログから子育てママへの応援メッセージを届けます!


テーマ:

こんにちは!高橋世志子です。

先日の土曜日は、我が家の姉妹(中1・中3)の体育祭でした。
中学校の体育祭って、迫力があって、おもしろいですね。

団(3つの団で争います)やクラスの団結も見どころです。

 

 

 

 

リレーで勝てば、友達と手を取って喜んだり、

仲間を大声で応援したり。

体育祭を思いっきり楽しんでいる姿を見ることができました。


でもね、家では、

「あー、体育祭めんどうくさい」

「暑くていやだな~」

と、やる気のない発言が多々。

 

 

体育祭当日のお昼休みだって、

せっかく作ったお弁当も、

「暑くて食欲ないわー」とか、

「はあ、午後かったるい」とか、

つまんなそうにしているんですよね。

 

 

でもね、自分もそうだったよな~。
中学生の時に、

友達といるときと、

親といるときでは、

テンションまったく違かったもんね。


だから、私たち親は、

家での子どもの姿が、

その子の全てだと思わない方がいいですね。
 

 

やる気ない発言や、

かったるそうな態度が、全てじゃない。

その子の、ごくごく一部だってこと。

 

 

学校行事は、できるだけ参加したいですね。
私たち親の前で見せない別の顔を見ることができます。

 

 

そして、子どもたちが学校生活を楽しんでいる姿を見ると、いつも思うのです。

 

 

「私は、子どもに、楽しんでもらいたいと思っているんだな」

「子どもに、笑顔になってほしいと願っているんだな」

ってね。

 

 

体育祭の予行練習を休んで、

「また休むようなら、(演技についていけないから)本番に出るのは難しいかもしれないですね」

と先生に言われていた次女。

 

 

でも、当日は、演技もバッチリだったし、

担当の仕事も、きちんとこなしていました。

 

 

休む日もある。

かったるい時もある。

めんどうくさいと思う時もある。

 

 

でも、一生懸命走ることもできる。

友達と喜び合えることもある。

役割をきちんと果たすこともできる。

 

 

家での姿は子どもの一部でしかないんだな。

 

 

そんなことを感じた、体育祭でした!

 

 

おまけ。
長女と二人三脚をした夫、転んで怪我しました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

■絶賛募集中■

 

 

*****

 

無料メルマガ⇒子育てママのラク楽こころの整理術

個別のご相談は⇒体験コーチングへ

継続コーチング詳細は⇒継続コーチング

お問い合わせは⇒お問い合わせ

 

 


テーマ:

こんにちは、高橋世志子です。

9/3は、夏休みが明けて初登校。

毎回、「また行きたくないっていうのかな」

と心配になる、休み明け。

 

 

ま、結論から言うと、

やはり、登校渋りしましたー。

 

 

でもね、前日の夜には、

明日着て行く制服を枕元に用意し、

宿題やら、持ち物も、言われなくても準備して。

 

 

朝も、ちょっと食欲ない様子でしたが、
全く食べないということもなく。

 

 

「こ、これは!」
「もしや、普通に行くのか!」



と、期待していたのですが・・・


登校直前になり、二階の部屋の端っこに体操座り。

下を向いて、全身で「行きたいくないオーラ」を放っていました(笑)

 

 

はいはい。

やっぱりそうなのね・・・。

でも、今日は背中を押せば行けそうだな。

 

 

そう判断し、リアルに背中を押して、玄関まで(笑)

車から降りるのに少し時間がかかりましたが、なんとか登校して行きました。

 

 

今日は、ダメそうだな、とか、

今日は、背中を押せば行けそうだな、とか。

 

 

よーく子どもを観察して、あとは直感!

 

 

子どもを送った後、

あさイチで、不登校についてやっているの見て、

「あー、今日の判断はどうだったのかなー」

と不安になったりしたけれど。

 

 

でもね、帰りに迎えに行ったら、
学校に行ったら、あーだった、こーだったと、

色々お話するくらい元気だったので、

ちょっとホッとした母なのでした。

 

 

これからも、自分の不安を、自分でしっかり受け止めていくしかないんだなー。

 

 

私も、娘も、適度にがんばって、適度に休んで、やって行こう。

そんなことを思った、9月の初登校日でいた。

 

 

自分の不安を受け止める・・・
子どものこころのコーチング講座(初級)でお伝えしますね。
 

 

 

■絶賛募集中■

 

 

*****

 

無料メルマガ⇒子育てママのラク楽こころの整理術

個別のご相談は⇒体験コーチングへ

継続コーチング詳細は⇒継続コーチング

お問い合わせは⇒お問い合わせ

 


テーマ:

こんにちは、高橋世志子です。
子どもが夏休みの間は、何もかもゆる~く生活していたので、

気付けばカラダもゆるゆる。

 

 

ウエストがゴムの物ばかり着ていたので、久々に履いたパンツが・・・ヤバっ(^_^;)

 

 

さて、今日は久々にギボ(義母)ネタですよ~。

 

 

 

昨日の話しです。

夫から夕食いらない、との連絡が入り、

こんな日は、て・ぬ・き・決定!


子供たちのリクエストにより、ラーメンとなりました。


しかし、ゆるんだボディが気になる私。
ラーメンは危険だわ。

ということで、私だけ一人鍋にすることにしました。

 

 

ギボ様はあまり食べないので、ラーメン3人分を、

長女:次女:ギボ=1.2:1:0.8

くらいの割合で盛り付け、

みんなが食べている間に、一人鍋を調理。

 

 

娘「あー、ラーメン美味し~」

娘「カカ(ママ)、ダイエットで食べれなくてかわいそ~」

などと言う言葉に惑わされまいと、

豆腐と野菜に集中・集中!

 

 

すると、いつになくラーメンが美味しかったのか、
ギボ様が物足りなかった様子。

冷凍してあった麺を出してきて、ゆで始めました。
(替え玉ね)

 

 

私「え?もうひと玉たべるんですか?」
義「うん、ちょっと足りなかったから」

 

 

いやいや、少し物足りなかったとは言え、もうひと玉はムリでしょ?



と思い、娘たちに、

「ババが麺ゆでてるから、おかわりしたら?」

と促すも、お年頃の娘たちだって、これ以上は食べたくない。

 

 

するとギボ様、ゆであがった麺を、0.3玉自分の器に入れて、

残りの 0.7玉をスープだけになった次女の器に入れて、

 

 

私の前に、ドーン。

「世志子さん、どうぞ」

 

 

 

って、おい~!!
ここまでの流れ、聞いてなかったんか~い!

 


お鍋食べた上に、ラーメン食べたら、意味ないでしょ~。
しかも、ぬるいラーメン!

しかも、私の分量の方が多い~!
 

 

いやいや、全身が熱くなったのは、

鍋のせいか、ギボ様のせいか(笑)

 

 

しかし、ここはキッパリ!
「私はラーメン食べないので、どうぞ」

 

 

結局、ギボ様トータル 1.7人分くらい食べて、試合終了となりました(笑)
(ギボ様、ラーメンはたくさん食べる、と脳内データにメモ)

 

 

いやいや~

ギボ様の天然っぷりに、「鬼!」と思った夕食でした(笑)


ダイエットの敵は、秋の味覚とギボ様だわ~。

 

■絶賛募集中■

 

 

*****

 

無料メルマガ⇒子育てママのラク楽こころの整理術

個別のご相談は⇒体験コーチングへ

継続コーチング詳細は⇒継続コーチング

お問い合わせは⇒お問い合わせ