命の重み 手の中に

テーマ:
【よこはま動物園ズーラシア】

飼育ノート


昨年12月22日に生まれた
ユーラシアカワウソの「くねこ」は、
激しい水流で遊ぶのが大好きな活発な子
(*´д`*)。

でもね、
生まれた時は体長10㌢足らずで、
手のひらに乗っけても、小いさいくらいで、

無事に生きられるか、
分からない状態だったんだよ。
 
出産直後、母親の「モコ」は、
授乳が上手くできなくて、
赤ちゃんの泣き声は、次第に弱まっていったんだ。

動物園で飼育されてる母親には、
よく見られることだよね。

野生の母親は、どうなのかな?

このまま見守るべきか。

人工哺育に切り替えるべきか。

モコお母さんは、
赤ちゃんを大事に育てている様子だったので、とても悩んだらしいよ。

それでも、命を最優先に考えて、
生後25時間目、飼育員の手で育てる決断をしたんだ。

ユーラシアカワウソの人工哺育はとても難しく、成功例が少ないんだ。

国内では、よこはま動物園ズーラシアが、
2016年に、初めて成功して以来だよ。

赤ちゃんは体温が下がる一方で、
とても危険な状態。

そこから、3時間おきに、
1日8回の哺乳がスタート。

しばらくすること、
飼育員が懸命に育てた甲斐あって、
少しずつ体温を取り戻してきた。

そして、キュルキュルっと元気に鳴き始めた。

飼育員は、保育器の隣で仮眠をとりながら、
成長に合わせてミルクの量や温度・湿度を調節。

生後33日目、初めて目を開けた時の感動といったら、それはもう(#^.^#)。


先月から日数を限定して、
「くねこ」ちゃんのいっはん公開をしてるよ。

ぜひ会いに来て下さいって☆


生まれたばかりの「くねこ」ちゃん
「モコ」お母さんに抱っこされてるね。



飼育員がミルクを与える人工哺育の様子
ほんと、小っこいね。



一般公開中の「くねこ」ちゃん
足にピンクレッドのカキがついてる。
可愛い(*´д`*)。



終わり☆