笠岡市立竹喬美術館で開催されていた「うつわ展」に行ってきました。

陶芸主体の展覧会と思って出かけましたが、陶芸、絵画、彫刻、写真な

どジャンルの異なる県内作家による展示会でした。「うつわ」と言っても

捉え方は千差万別、具体的でも、抽象的でも表現できる世界だと解釈

致しました。今回の展覧会では、出展作家のコメントビデオも観ることが

でき、「うつわ」という課題にどのように取り組んだかが良く解りました。

帰りしな、1階の竹喬作品常設展示室に入り1品、1品をじっくり鑑賞し

新たな、感動を与えて頂きました。