こんばんは。

またまたお稽古のお話です。が、6月30日に向けて、新しい作品もちょっとずつ制作中なので、また完成したら早く紹介したいですおねがい


昨日はお稽古に行ってました。まずは課題紹介。

王羲之の蘭亭序の臨書。2枚目が難しかったかも。


智永の真草千字文の臨書。相変わらず大きくなりがちですが、ここは書きやすかったかもしれない。


この二つはオッケイいただきました。


そして、これが今年の昇段試験の課題。


趙孟ふ(あとで漢字に直します笑)の赤壁賦の臨書。あの有名な、学科の中で誰かしらが書いてたなぁ~という印象の赤壁賦。(笑)私はお恥ずかしながら、これが初のちゃんとした臨書です。しかも細字っていう。。難しすぎる(^^;)(笑)いろいろガタガタw

でも書いてて案外楽しかったです。これはこれから2か月くらい書き込みます。

いつものやつ。


光明皇后の楽毅論の臨書。2回目かな??独特な線の引き方が難しいですね。「之」のはらいは、いっつも合ってるのか不安になる。(笑)お稽古ではこれをひたすら書いていたので次回紹介します。



行書課題。かなり右上がりを意識したつもりだったのですが、こうやって見ると足りないですね。。

678月と昇段試験があるので、課題がいつもより+2つになる&夏の無料体験の計画も立てなきゃなので、大丈夫かいなと我ながら心配ですが(笑)、いろんな臨書ができて楽しい気持ちもあります。頑張ろー!