車椅子でもダイビング | ママみかセブ島の日々
2010年01月25日(月)

車椅子でもダイビング

テーマ:スコッティーズのお客様

もう、かれこれ、先月の話になってしまうのですが、車椅子のダイバーである松井さんがスコッティーズでダイビングを毎日、2本、4日間されました。 そして、パラセーリングも楽しんでいかれました。ニコニコグッド!

始めの問い合わせからご予約まで英語でメールをスコッティーズのスタッフとしていたので、実は私は、松井様が来られるまで、知りませんでした。あせる



ママみかセブ島の日々  


私も「え!車椅子を使用しているダイバーさん。ボートに乗るときなど大丈夫かな。」と思っていたのですが、


松葉杖で、そして、やさしいご主人さんのサポートで、普通のダイバーさんと全く変わらないダイビングを楽しまれてました。音譜


って言うか、普通のダイバーさん以上に楽しまれてました。合格


って言うのも、実は、ご夫婦で手話ができる叫びので、水中でも、会話ができていました。


すごい!叫び


私は一緒に潜る機会がなかった汗のですが、一緒に潜ったスタッフから聞きました。耳


ご主人様は、ダイブマスターですし、日本でも海外でも沢山のダイビングスポットを潜られているようです。目


帰国された後、松井様からメールが届きました。その一部をご紹介させていただきます。クラッカー左矢印

全文は、スコッティーズのホームページ内お客様の声でご紹介しています。右矢印こちら


滞在中は大変お世話になりました。ダイビング、パラセイリングともに楽しむことができ、2009年を充実した気分で終えることができました。

セブの水族館のような(赤、青、黄色…の魚がいっぱい)海はとても感動的でした。流れに身を任せて漂っているだけ、見ているだけで癒されました。本当にありがとうございました。次の機会にはシャングリラに滞在してダイビング以外のアクティビティーも楽しんでみたいと思います。


4日間毎日2本ずつ潜られていたということもあり、スコッティーズのスタッフとも、とっても仲良くなられてました。


車椅子でも、変わらずできるスポーツ、ダイビング。ってやっぱりいいですね。


スタッフ一同また、松井さんご夫婦に近いうちにセブで会えることを待っています。


ペタしてね

ママみかとパパスコットのセブ島生活&マリンスポーツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス