生まれて初めてのダイビング! | ママみかセブ島の日々
2009年08月28日(金)

生まれて初めてのダイビング!

テーマ:スコッティーズのお客様
前回のどうしてセブに決めましたか? でも、お話しましたが、

夏休みサーフィン、お盆で日本日の丸からのお客様が多い今、もちろん、私もお客様と話す機会がたくさんありました。チョキニコニコ

そして、今回、お会いして、自分のためにもよかったなぁ、またお会いしたいなぁと思わせてくれた、Tさんご夫婦をご紹介させていただきます。

スコッティーズ は、たくさんの方に体験ダイビング に参加していただいてます。

やはり、きれいな海で有名なセブ島ですから、
セブ島に来たなら、本当にぜひぜひ海の中ダイビングをみていただきたいですね。

スノーケリングスノーケル2でも、もちろんきれいな海海。を見ることができますが、やはり、中にもぐって、別世界を体験ダイビングしていただきたいものです。

体験ダイビング に参加されるお客様も実は、いろいろなお客様がいます。

実は、ライセンスそれもインストラクターのライセンスを持っていながら、お友達や家族が持っていないので、一緒に参加される方

体験ダイビングを何回も体験されている方

そして、やはり一番多いのは、今回、Tさんご夫婦のように、生まれて初めて、ダイビングをされる方です。

ご夫婦そろっての初体験ダイビングフィンは、本当にどきどき、わくわくされてました。
お二人とも、子供に戻ったかのように、不安ながらも、顔はニコニコニコニコで、
お迎えに行って出会ったときから、私たち3人で車の中は、にぎやかでした。131

車の中での会話のほんの一部を紹介しますね。

「50歳すぎてからでも、できますか?」
「60歳すぎでからも、ライセンスを取って、世界中いろいろなところに潜りに行っている方も、いますし、70歳、80歳になってもダイビングしている人は、たくさんいますよ。」

70歳のリピーターダイバーさんのことを書いたブログはこちらリピーターダイバーさん。

「でも私たち本当に、初めてなんですけど大丈夫ですか?」
「ほとんどの方が始めての方ですよ。」

「泳げなくても大丈夫です?」

「大丈夫ですよ。プロのインストラクターがちゃんと親切、丁寧に教えてくれます。」




そうして、ちょっと不安ながらも、楽しみにしていたダイビングダイビングが、終了ビックリマーク
もちろん、記念に
体験ダイビングの証明書を持って、パシャリカメラビックリマーク写真を撮らせていただきました。


ママみかセブ島の日々
50歳以上には、見えないでしょう音譜セブの人は、よく笑っていると歳をとらないのよ。
なーんて、言っていますが、本当かもしれませんねぇ。ニコニコチョキ

世界中地球いろいろなところに、旅行飛行機に行かれているご夫婦だけに、英語アメリカがとっても上手なTさん。
ダイビングダイビング終了後、スコットパパラブラブとも話されていました。
そこで、
スコットパパラブラブは、Tさんに、

「初体験ダイビング参加してからの一番の問題はねぇ・・・・・。」

聞いていた私は、
(何はてなマーク問題はてなマークはてなマーク何をまたお客様に言っているのだろうか、
スコットパパラブラブはてなマーク冗談でも、その冗談が通じれば、いいけど・・・・・。えっ

「1回で止められない事。はまってしまうこと顔だと、もちろん、笑いながら、話していました。

そして、Tさんご夫婦も、笑って顔いました。

「その通り!!とってもよかったです。」と、
ホッはっ

私もよく、フィリピン人に間違われますが、Tさんの旦那様もよく、日本人にみられないと、言われていました。そして、
スコットパパラブラブも後で、Tさんの英語アメリカの発音も日本人離れしていて、本当に英語アメリカで話されていると、日本人だとわからない。と言っていました。


ダイビングダイビングは、よくご夫婦カップルでも潜られています。
ゴルフやテニスと一緒で、2人で、仲良くいつまででも、できるスポーツのひとつですからね。スコッティーズ にも毎年のように長年こられているとっても仲のよいご夫婦がいます。そのお二人のことを書いたブログはこちら、リピートダイバー です。

初体験ダイビングフィン終了後のTさんご夫婦は、本当に大感激チョキニコニコだったと、喜んでもらいました。

フィリピンフィリピンそして、セブ島に来られたのは、今回が初めてだとおっしゃていたTさん。
観光スポットもいいけど、現地の人が行くマーケットなどに行って、その現地の人の生活風景も見たいとおっしゃられていましたし、タクシーにしても、チップにしても、こちらのお金の価値観も知っておいた上で、払いたいですね。

など、あー海外旅行では、日本日本と違うことを見る、体験するだけでは、なく、本当にこういうところに気をつけたらいいのかぁと、私も聞いていて、勉強になりました。

そんなご夫婦から、日本日本に無事到着しましたというメール手紙をいただきました。

その一部をみなさんにもご紹介してもOKとTさんに許しをもらうことができたので、
ご紹介させてもらいます。ちなみに、奥様は、学校の先生です。

今回のフィリピンの旅は、私たち夫婦に色々なことを教えてくれました。
ゴージャスなリゾートホテルの周りにはタイムスリップしたかのような貧しい村や町が
たくさんあります。道には子供たちがはだしで溢れ、若者も日陰でけだるそうに座っているか、
友達と話しています。でも皆とても素晴らしい笑顔をしています。物売りもそんなにしつこくないし、
中国人のように道端で大声で喧嘩している風景にも遭遇しませんでした。
マーケットやお店の長い列も割り込む人も無く、きちんと順番を待っています。
「人間の幸せって何だろう?」と考えさせられました。私たちはフィリピンのほんの一部分を見ただけですから、
それだけで全ても判断することはできませんが、人間の暖かさをフィリピン人は失わずに持っていることは確かだと思います。
真っ白な歯を見せる素晴らしい笑顔と、自由奔放に育った子供たちが日本の学校に入ると、日本の校則でがんじがらめ
になります。事情を知らない日本の先生たちは、ルールを守れないフィリピンの子供たちをいい加減でだらしない
と怒ります。初めて日本に来た供たちは、なんて「怖い国」だと思うことでしょう。
家内にとって今回の旅は、フィリピンの子供たちを教育していくうえでとても貴重な経験になりました


Tさんご夫婦、今回の旅行先にセブ島ハイビスカスを選んで頂きそして、
初体験ダイビングフィンへのご参加大変ありがとうございました。ラブ

次回は、ダイビングダイビングのライセンスを取りにぜひ、帰ってきてくださいね。
もしくは、次回会うときは、すでにライセンスダイバーになっていたりして。うひひ

また、セブ島ハイビスカスで会えるのを楽しみにしています。131

何歳になっても、やはり何かを初めてするというのは、度胸ドキドキがいるかもしれませんが、とても新鮮です。期待すまいる

何かを学ぶということは、とてもいい経験です。sei

みなさん、旅行旅行って本当にいいですよ。ラブラブ
いろいろな人との出会いをして、自分を見直したり、
初体験したり、そこの食べ物を初めて食べたりぺこ

私は、仕事上、旅行旅行に行かなくても、たくさんの人との出会いは、ありますが、また、旅行旅行に行きたくなってきました。(里帰り以外に。)あは




ママみかとパパスコットのセブ島生活&マリンスポーツさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス