スコットランドに

戻ってきてから話をした

皆さんの意見を総合すると

・・・私が東京にいた5月、

特に前半は、ここらへん

素敵な晴天続きだったそうです。

 

 

それはもうBBQがよく似合う、

思わず薄着で庭に出る、

ああ、英国北部の

緑は美しい、みたいな・・・

 

それが5月下旬から

だんだん雲行きが

おかしくなり始め

6月に入ると

「あっちの山では

雪が降った」みたいな

ニュースが流れ。

 

わがお散歩仲間の

毒舌夫人のお宅では

スイートピー連隊が

寒さで室内避難を

余儀なくされたそうです。

 

「5月のね!中旬までは

順調に育っていたのよ!

それが突然の寒さの

ぶり返しで皆なんていうの?

『立ったまま気絶』みたいな

状態になっちゃったのよ!」

 

わが夫(英国人)の畑でも

今年はレタスの育ちが遅く、

果樹園ではリンゴの木が

花をつけ受粉するまでは

いったものの、

その後の冷え込みで

小さな実が落ちまくり、

夫に頼んで種を

まいてもらっておいた

マリーゴールドも

発芽率が低く

ロベリアに至っては

芽生えゼロ。

 

・・・今年はもしかして

英国は不作なのかな、と

今後の食糧事情を

不安に思いつつ、

それよりも何よりも

ねえ、これもしかして

・・・夏、このへん、

終わっちゃっていますか?

 

去年に引き続き私の

年間最高気温は5月の

東京で経験した31度?

 

・・・30度を

超えてくれとは申しません、

せめて1週間、いえ3日でいい、

Tシャツ陽気な日々が

来月あたりに

やってきますように・・・

 

お日様に祈りを捧げる6月です。

 

 

今朝がた日が出ていたので

袖まくりをして

園芸作業をしたところ

 

・・・腕に・・・

 

寒冷じんましんが・・・

 

これ、もしかすると

寒さじゃなくて

私の免疫が落ちているとか

そういう話ですかねっ?

 

・・・寒さ負けしているのと

免疫が低下しているの、

どちらのほうが

『マシ』なのか

考えながらの1クリックを


ヨーロッパランキング