数日前、夜のラジオニュースで

この話を聞いた時はあまりに

オチが出来過ぎていたため

「これは私の英語の

聞き取り間違いだな、

自分の中で話を作っちゃったな」と

反省したのですが、後から

BBCのネット記事を見つけ

私のリスニングが

間違っていなかったことが

証明されたので皆様にもお裾分け。

 

 

コロナワクチンの

接種が進む英国ですが

これは『打ちたい人がどんどん

打ってもらえる』状況ではなく、

保健当局が作ったリストに基づき

医療従事者・高齢者・

基礎疾患保持者などが

まずは優先的に接種の機会を

与えられている状態です。

 

つまり国民・市民側は

NHS(国民保健サービス)からの

連絡を待ち、その呼び出しを

受ける形で注射をしてもらう。

 

50代以上の人々への接種が

5月までに終わるだろう、というのが

現時点での見通しなのですが

そんな中イングランド在住の

とある男性の元にNHSから

「ワクチン接種にいらっしゃい」

との連絡が来たのだそうです。

 

男性は自分はまだ30代だし

基礎疾患もないし

医療従事者でもないし、と

GP(家庭医)に電話をして

「あの、これ、何かの

間違いじゃないですか」

 

「間違いではありません。

貴方は優先接種者リストに

名前が載っていますから」

 

「・・・僕、まだ40前ですし、

医療従事者でもないですし、

健康なんですけど・・・どうして

僕が優先されるんですか?」

 

「・・・あなたが肥満だからですよ」

 

「えっ?僕って

肥満だったんですか?」

 

「肥満だったんですかって・・・

あなたは病的肥満

(morbidly-obese)ですよ!」

 

「えええっ!」

 

男性曰く、確かに自分は

ロックダウンが始まってから

多少は体重が増えた、けれども、

でもそんな・・・肥満ってほどでは・・・

 

多少ぽっちゃりはしていても

まさか『病的』とまでは・・・

 

え・・・でもそうなんだ、

僕は病的な肥満者だったんだ・・・

 

で、私の聞いていたラジオでは

ここで番組司会者が

「それでアナタ、実際のところ

身長体重はどれくらいなんです」

 

「それがですね、問い合わせをした

翌日にGPからまた電話が

かかってきまして、あらためて

向こうが記録を調べたところ、

僕って身長が6.2フィート

(約188センチ)なんですけど、

それが『6.2センチ』で

登録されていたらしいんです。

体重は普通に正しい数値が

記録されていらしくて、だから

BMIが物凄い数値

なっていたらしいんです」

 

しかし私はこれ、

ニュースを聞いて高らかに

笑わせていただきましたけど

・・・一歩間違えると

医療事故につながる

かなり危険なミスですよね。

 

BBCの取材に応じた医師も

「このお話の愉快さは

私にもわかりますが、

ですがここには

我々が取り組むべき課題が

あることにも気づかされます」

 

ちなみにこの男性が

「僕が病的肥満だったなんて・・・!」

と動揺していた時、男性のお母様は

「私は驚かないわね。

アナタお肉がついてきたもの。

教えてもらえてよかったじゃない」

 

・・・お母様・・・!

 

なおわが夫(英国人)は

「身長6.2センチの

適正体重って

どれくらいなんでしょう?」

 

身長6.2センチの時点で

それは霊長類ヒト科として

不健康な気もしますしね。

 

先週私が一番笑った

ニュースの話でした。

 

 

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング