わが前庭では

イチゴが旬を迎えております。

 

小さなボウル

1杯ぶんくらいのイチゴが

毎朝赤く色づいている感じ。

 

我が家のイチゴは

甘さ控えめ、香り鮮烈。

 

これに生クリームをかけて

食べるのが私は好きで、

夫(英国人)はそこにさらに

アイスクリームも投入します。

 

(注:夫は現在痩身努力中

 

 

 

 

さて、これらの我が家のイチゴ、

中にはどういうものか

大きくなる仮定で

実が『弾けて』しまったり

小さいまま真っ赤に

完熟してしまう実もあったり、

しかしここは『みんな違って

みんないい』の精神で。

 

 

 

 

食べてしまえば美味しいし。

 

しかし先日食べ頃を迎えた

とある実に対しては

どうしても私の食指が

動かなかったのであった・・・!

 

この右下の・・・

 

小ぶりなのはいい、

形が変なのも許す、

しかしこの緑の種の

密生具合は・・・!

 

ほら、私、この春、

散々バラ株やトウガラシ鉢で

アブラムシ殺生

手を染めたので・・・!

 

 

 

 

でも食べてしまえば

このイチゴも

美味しいイチゴでした。

 

食べたんかい!という

皆様のツッコミが聞こえる)

 

種が妙に主張するのも

歯ごたえマシマシと思えば、ええ。

 

日々の園芸作業で

鍛えなくとも許される

精神のどこかが

鍛錬されまくっている

実感のある私です。

 

 

週末が庭仕事で

終わっていく私に

愛の1クリックをお願いします

 


ガーデニング初心者ランキング