そんなわけで術後の私。

 

 

看護を担当してくれて

いるのはわが夫(英国人)。

 

看護とはすなわち

主に『食事の世話』なのですが

退院した翌日の昼食、

万事繰り合わせて

夫が用意したメニューは

『スパゲティミートソース』、

別名『ひき肉のトマト炒め』。

 

おなじみの赤色のソースには

何故かショウガの

みじん切りも入っていて

「ほら、君がよく『ショウガは

健康食材』って言っていたから」

 

「な、なるほど」

 

ちなみにこちらのミートソース、

噛み締めるたびに何故か口内で

シャリッシャリッという音がして

「ふふふ、気が付きましたか、

僕、玉ねぎはあえて最後に投入、

加熱時間を短めにしたんです」

 

「・・・それは何故?」

 

「もちろん君にビタミンを

摂取してもらうためですよ!

野菜は加熱しすぎると

ビタミンが飛びますからね!」

 

「ああ・・・なるほど・・・」

 

素材の味が生きている

素敵な食卓でございました。

 

 

個人的には病み上がりには

ビタミン摂取より

消化のしやすさを

重視したいところなんですが

まあこういうのは個人差ですから

 

・・・ええ、自分に

言い聞かせているのよ

 

シャリシャリ玉ねぎが

お好きなあなたも

ショウガの効能を

信じるあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ