地元の集まりに

顔を出しました。

 

犬の同伴OKとのことだったので

盲導犬候補生アーシー(仮名)も

連れて行き、講演を聞いたり

食事をしたり談笑したり。

 

 

帰宅してわが夫(英国人)が

しみじみ言ったのは

「アーシーは8割、いや

9割は問題なく

行動できていましたよね。

ただアーシーの場合、

残りの1割の問題行動が

やたら目立つんですよね」

 

そうなんです。

 

講演会場にしずしずと入り

席に着き、演者が話をする間

静かに椅子の下に

座っていることは出来る、

が、その後に聴衆が拍手をすると

「それは・・・それは私への賛辞?

静かにしていた私への賞賛?

ありがとう!本当にありがとう!

じゃあ遠慮なくカーテンコールを!」

 

アーシー、リードを持っていた

わが夫とその座っていた椅子を

吹っ飛ばす勢いで会場の中心に

躍り出ようとしてもう大変。

 

小さな子に撫でられても

腰を落としたまま

動かないでいることはできる、

他の犬に吠えかけられても

顔をそらして無視することはできる、

でも好みのタイプの大犬(雄)が

思わせぶりに正面から

近づいてくるとそれはもう

尻尾を振って

近寄りたがって仕方ない。

 

私が席を外した隙に

わが夫は隣にいた老婦人に

「お宅のその犬、盲導犬

候補生らしいですけど

まだ躾を開始して

いないんですか?」と

(嫌味を)言われてしまったそうで

「ああいうことを言われると

やはりガックリ来ますね、

たとえ自分たちが協会の

指示通りに犬に

対処している自信があっても」

 

ただそういうことを仰る方もいれば

集会の後半、顔見知りの老紳士が

ニコニコしながら近づいて来て

「君のところのその犬、

もしかして

避妊手術はまだなのかい」

 

「ええ、まだなんです。

次の発情期が来たら

その後に手術の予定です」

 

「ああ、やっぱり。

さっきから見ていたけど、

この子のこの興奮ぶりは

避妊手術前の雌犬に

特有の、よくある態度だよ」

 

「そういうものなんですか」

 

「僕は何頭も犬を飼ったけど、

雌犬というのはね、

避妊手術をすると

びっくりするくらい

気性が落ち着くものだよ。

この子、基本の躾は

ちゃんと入っているようだし、

避妊手術が終わったらきっと

見違えるようないい犬になるよ」

 

恐るべし避妊手術・・・!

 

ただ老紳士の言葉は

私と夫にとっては

希望の明星となりまして、

しかししばらく経つと

夫は暗い顔をして

「でもあの人の言葉が真実なら

アーシーは避妊手術後に

びっくりするほど気性が変わって

青ジャケットへの拒否ももう

示さなくなるかもしれませんよね」

 

「そうだな、そうなればその後の

ハーネスの着用も問題なしだろう」

 

「そうしたら・・・そうしたらですね、

きっとアーシーは

盲導犬訓練学校に

入学してしまいますよね。

それで盲導犬に

なってしまいますよね」

 

「まあそうだな、でもそれは

悲しいけれども我々が当初から

目指していた目標で・・・」

 

「いいんです、

アーシーはいいんです、

あの子はそうなったら絶対に

いい盲導犬になるでしょうし。

でも僕たちは?この長きにわたる

犬の反抗期・狂乱期が

避妊手術で終わりを告げて

驚くほどに優秀な気質を

アーシーが見せたところで

僕たちはその名犬を

手放すことになるんですよ!」

 

「うん、でもそれは

パピーウォーカーの

宿命というか・・・」

 

「それで僕たちが2頭目の

盲導犬候補生を

引き取るとしますよね。

名犬になったアーシーを見て

盲導犬協会側は僕たちを

『いいパピーウォーカー』と

認識するでしょうから

そこはきっと問題なく

2頭目を手元に預かれますよね」

 

「おっ、君、前向きだな!」

 

「でもそれは僕たちと協会だけが

理解していることで

近隣住民の皆さんにしてみたら

僕たちは大事な盲導犬候補生を

育成しそこなった

駄目人間二人組ですよ!

だって今日の集会が

アーシーにとっては

参加できる最後の地元の

集まりだったんですから!

見てますよ、皆見てますよ、

アーシーが椅子ごと

僕を引きずったところとか

興奮してサマーソルト

(でんぐり返し)を

決めたところとか!」

 

「ま、まあそれは・・・」

 

「僕は賭けてもいいですよ、

僕らが2頭目の盲導犬

候補生を引き取ったら

絶対に善意の隣人たちが

盲導犬協会に

クレームを入れます!」

 

君、後ろ向きだな・・・!

 

どっちに転んでも

悩ましい気がする

今日この頃です。

 

 

まあでも9割は

ちゃんと出来ていたんです!

の1クリックを

人気ブログランキングへ