盲導犬候補生アーシー(仮名)の

ベッドを置いてある家事室が

この数日間妙に湿っぽい香りに

満ちているなと思っていたら

・・・犬用ベッドの下にカービー

(可愛く言ってみようと)が・・・!

 

可愛いカービーの例:

 

 

即座にベッドを廃棄、

床を拭いて空気を入れ替えて

・・・今年の欧州の暑さの影響は

こんなところまできましたか・・・!

 

(暑さ関係なくそれはNorizoさんの

掃除技術の稚拙さが問題なのでは)

 

(そんな正論は控えてもらおう)

 

そんなわけでアーシーのために

新しいベッドを手に入れよう、と

寝具屋さんに足を向けました。

 

最近できたお店で

犬との歩行訓練中に

何度か前を

通ったことがあるのですが

・・・お客の姿が店内に

あったことが

かつてない、みたいな・・・

 

開店以来いつも店先に

『特別セール!』という

張り紙が貼ってある、みたいな・・・

 

で、そのお店が『客寄せ』に

『大特価販売:犬用ベッド』と

大書した紙を

窓に出していてですね。

 

アーシーと歩行訓練を兼ねて

お店の前まで歩いて行って

「犬と一緒に入店していいですか?」

と入口のところから

奥に向かって声をかけましたら

寝具の影から小さな女の子

(たぶん5歳くらい?)が出てきて

「お父さーん、わんちゃんって

お店に入ってもいいのー?」

 

どうやらこの子は店長の娘さんらしく

現在は夏休み中、今日は

お父さんの仕事場見学を兼ねて

お店番を引き受けているらしい様子。

 

で、この子が懸命に

接客をしてくれたのですが

自分も犬が大好き、とか

自分のおうちにも犬がいる、とか

そういう世間話は問題ないんですけど

お父さんとお母さんが最近

別居を開始したことなどは

そんな私のような一見の客には

あんまり言わないほうが

いいんじゃないかな、みたいな・・・

 

さて肝心の特価販売犬用ベッドは

なんというか

『安かろう悪かろう』感があり

生地もクッションも今一つ。

 

しかし私の隣では

労働の喜びに頬を輝かせた

5歳女児がきらきらした目で

私の一挙一動を眺めていて

・・・先ほども言ったようにこのお店は

基本閑古鳥が鳴いているお店。

 

もちろん対面販売よりも

ネット販売に力を入れている

お店なのかもしれないんですけど

しかしいずれにせよ私はもしかすると

このお店の今日唯一のお客・・・!

 

Norizoさん、幼女に負けて

本日犬用ベッド(5ポンド)を

お買い上げ。

 

夏の敗北者と呼んでください。

 

負け犬のポーズ

 

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ