盲導犬候補生アーシー(仮名)と

歩行訓練を兼ねて

スーパーに買い物に行きました。

 

先日風邪をひいて以来

どうも『正しい歩行』が

出来ていない私と犬は

ここは初心に帰って

よく行くお店の

馴染んだ野菜売り場で

時間をかけて

練習をしてみようか、と。

 

懸念していたよりは『上手』に

歩行が出来たアーシーに

少しほっとした私は

さて、では玉ねぎを購入しよう、と

バラ売りの野菜を入れるための

ビニール袋を1枚手に取り

さてこの口を

開けようとするとこれが開かない。

 

ええ、私、乾燥肌なんです・・・

 

もうこれは

子供のころからそうなんです・・・

 

買い物かごを床に置き

左手に犬のリードを持って

残る右手でひたすら

ビニール袋の口の部分を

シャワシャワ擦っておりましたら

何かの拍子にビニール袋が

指の間から滑り落ち

犬の鼻先に漂い落ちて、

そして犬の鼻というのは

湿っているものですから

そこに軽く張り付いてしまって

・・・これはちょっと

危険ではありませんか!

 

慌てて犬の口元から

ビニール袋を取り除き

もう背に腹は代えられない、

ここは速やかにビニール袋の

口を開かせよう、と

躊躇することなくそのまま

ビニール袋の口の部分を摘んだ

自分の右手を軽く舐めたのですが

・・・ええ、そのビニール、

寸前に犬の鼻と口を

一瞬とはいえ

覆っていたじゃないですか。

 

瞬間的に鼻腔に広がる

犬の口腔、涎の香り。

 

そしてその時の私は

犬との歩行訓練中。

 

歩行訓練中の私は常に

右手の指先に

犬のご褒美用のお菓子を

持っている感じなのですが

その残り香というか味が・・・

 

つまり私は犬と犬用菓子と

濃厚な間接キッス

してしまったというか・・・

 

おいおいおい!

 

アーシー、さっき

車から降りてしばらく

せっせと肛門周辺を

舐めていましたけど!

 

(直接表現ですみません)

 

その後のことは

ちょっと思い出したくありません。

 

とりあえず私のお腹は

まだ壊れてはおりません。

 

しくしくしく。

 

 

スコットランドに春が来ました

日中の気温が20度に達しました

 

・・・あれ?これはもう夏か?

 

細けえこたーいーんだよ

(喜びのあまり口調が乱れる)

 

フリージア鉢を始め

色々な花を外に出し

空いた窓辺で

新しい種をまき・・・

 

ちなみにフリージアを今年は

屋外栽培する理由は

本年の我が家には

去年の春には存在しなかった

『球根の芽引っ張り屋』が

存在するからだったりしまして

 

(しかも現場に

証拠となる毛を残していく、

金田一先生、これは犯人は

犯行を隠す気がないのでは)

 

・・・あの犬め

 

そんな犬との間接キッスを

想像するだけで悶絶しそうなあなたも

違う意味で痺れるあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ