こんにちは Minori です。

日本語名をつけている

犬をよく見かけます。

 

旅行先であった柴犬は、

HARUKI という名前でした。

村上春樹のファンなので、

そう名づけたそうです。

ただ、イタリア人は、

H の発音をしないので、

ARUKI、ARUKI って

言うもんだから、

え ?歩き

妙な名前をつけるなって

思ったら。

 

ARUKI だと 歩き って

意味になっちゃうよ

ってヴァレが言ったら

笑っていました。

 

今日は AKIRA って、

犬にも会いました。

 

日本語がそのまま

イタリアでも使われている

例もよく目にします。

 

クイズ番組のクイズの

答えが MANGA だったり、

本屋で見かけた紙芝居の枠。

木枠の上の部分に、

KAMISHIBAI って

書いてあったり。

 

まあ、日本でも

雑誌や車、レストラン、

商品名などに

イタリア語がたくさん

使われてますものね。

 

さて、本日は。

ニュースで覚える

イタリア語。

 

今日取り上げる

記事はこちら。

 

飼い主に再会した犬、

嬉し涙を流す。

日本の研究者が発表

 

 

なんでも、5時間以上

飼い主と離れていると、

飼い主に再会した時、

犬は嬉し涙を

流すことが分かった

と言うのです。

 

か、可愛い💓

 

ローラを飼い始めて、

2年が過ぎました。

もう、すっかり

家族の一員です。

 

image

 

犬は感情表現が

本当に豊かです。

嬉しさ gioia

悲しさ tristezza

寂しさsolitudine

怒り rabbia

喜怒哀楽が手に取る

ように分かります。

 

そんな犬🐕たち。

嬉し泣きまで

していることが

確認されたと

麻布大学獣医学部の

研究チームが

発表したという

記事です。

 

では、早速見出しから。

 

I cani piangono di gioia quando rivedono i loro proprietari, dice una ricerca giapponese

 

細かく区切って

読んでいきます。

 

I cani 

犬は

piangono di gioia 

嬉し泣きする

quando rivedono 

再会した時

i loro proprietari, 

飼い主に

dice 

言う

una ricerca giapponese

ある日本人の研究者は

 

飼い主に再会した犬、

嬉し涙を流す。

日本の研究者が発表

 

どんどん読んで

いきましょう。

 

Gli scienziati hanno confrontato il volume delle lacrime dei cani prima e dopo essersi riuniti ai loro proprietari dopo più di cinque ore di separazione

 

Gli scienziati 

科学者たちは

hanno confrontato

比較した 

il volume delle lacrime

涙の量を 

dei cani 

犬の

prima e dopo 

essersi riuniti 

再会の前と後で

ai loro proprietari 

飼い主との

dopo più di cinque ore 

di separazione. 

5時間以上の

別れの後

 

科学者らは

5時間以上ぶりに

飼い主と再び会う前と

後の犬の涙の量を

比較しました。

 

confrontare[他].と比較する

riunirsi 集まる

separazione[女]分離、

 

Hanno scoperto che la quantità di lacrime aumenta in modo significativo quando sono insieme

 

Hanno scoperto che

彼らは…ということを

発見した 

la quantità di lacrime

涙の量が 

aumenta in modo 

significativo

大幅に増加する 

quando sono insieme.

一緒にいると

 

彼ら(科学者たち)は、

(犬が飼い主と)

一緒にいると、

涙の量が大幅に

増加することを

発見しました。

 

quantità[女]量

lacrima[女]涙

aumentare[自]増える

in modo significativo

大幅に

 

Il nuovo studio ipotizza che questa caratteristica si sia sviluppata durante il processo di addomesticamento: per  rafforzare i loro legami con gli esseri umani gli animali avrebbero imparato a piangere per aumentare l'empatia.

 

Il nuovo studio

新たな研究は

ipotizza che 

…という仮説を

立てている

questa caratteristica 

この特徴は

si sia sviluppata 

発達したのではないか

durante il processo di 

addomesticamento: 

家畜化の過程で

 

ipotizzare[他]仮説としてたてる

svilupparsi [代]発達する、発展する

addomesticamento[男]

飼い慣らすこと、調教

per  rafforzare 

強化するために

i loro legami 

絆を

con gli esseri umani 

人間との

gli animali 

動物は

avrebbero imparato

学んだのだろう 

a piangere 

泣くことを

per aumentare 

l'empatia.

感情を高めるため
 
人間との絆が深まるよう
動物は感情を高めるため
泣くことを学んだ。
新たな研究では
この特性は(動物が人に)
飼われてきた過程で
発達したものだという
仮説を立てている。
 

rafforzare[他]強化する

empatia[女]感情移入、共感

 

Gli scienziati suggeriscono che l'ossitocina, un tipo di ormone rilasciato nei cani quando interagiscono con le persone, svolge anche un ruolo nella produzione di lacrime. 

Gli scienziati 

科学者らは

suggeriscono che

…ということを

示唆している

l'ossitocina, 

un tipo di ormone

ホルモンの一種である

オキシトシンが 

rilasciato nei cani 

犬から放出された

quando interagiscono

交流した時に 

con le persone, 

人と

svolge anche un ruolo 

という役割も

果たしている

nella produzione 

di lacrime. 

涙を生成する

 

科学者らは

犬が人と触れ合う際に

出すホルモンの一種、

オキシトシンが

涙の分泌に関与

していると

示唆しています。

 

ossitocina オキシトシン

ormone [男]ホルモン

rilasciare[他]解き放つ

interagire[自]相互作用を及ぼす

svolgere[他]果たす、行う

ruolo[男]役割、ポジション

 

いかがでしょう。

ざあっと読んできました。
 
いやいや…。
イタリア語の語順、
特に新聞記事は、
日本語と全然違いますね💦
いつか慣れるんだろうか。
 
とにかく、
犬、すごいです!
 

  Skypeイタリア語レッスン

ヴァレンティーノがSkype で イタリア語 🇮🇹 の レッスンを しています。 

1時間 4000円 

30分 2000円

まずは 

た〜っぷり1時間

無料体験レッスン

を是非お試しください !!  

随時、受け付けております。 

お問い合わせもお気軽に ニコニコ

 

右矢印 詳しいご案内 無料体験レッスンの 

  お申し込みはこちらから