鳥が多いか、人が多いか(2章 清澄庭園&六義園) | 首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

 ビルの立ち並ぶ首都圏にも、生きものの暮らす環境は確かに存在します。
 ここでは、しがない雑誌編集者が直接足を運んだ
 身近な緑地・公園などで出合った「命」について
 各スポットの景観美も交えてお伝えいたします。

 

2章はまず、少々山手線沿線からは離れますが、

以前に仕事で訪れた清澄庭園へ。ここも池が結構広く

カモの飛来地となっています。

 

場所にも寄りますが、柵もなく飛石を渡るような所もある(右写真)ので

うっかり足を滑らせたりしないよう注意は必要です(汗)。

 

 

 

 

 

離れ小島のひとつはこんなことに。

究極のアオサギのいる風景です。

 

 

 

 

 

 

カモ類はやはり集団性の強いホシハジロが目立ちましたが、

ヒドリガモもそこそこ観察できました。

 

泉の森(神奈川県大和市)なんかだとヒドリガモばかりなのですが

今回はそんなに出合っていません。不忍池にもいなかったし……。

 

 

 

 

 

学生時代に必ず1人クラスにいた

落ち着きのない男子みたいやつ

 

 

 

 

 

こちらでもバタバタしている個体が。

ん?でもこれは他のカモとちょっと違うぞ……↓

 

 

 

 

 

なんと、1羽だけでしたがミコアイサ♀が来ていました!

例年、浮間公園で撮影していますが、都会の飛来数は多いとは言えません。

東京都真っ只中の清澄庭園で撮れたのは、結構幸運かも?

あと、毎度毎度何でメスばっかだろうか?

 

 

 

 

 

ミコアイサ1羽を除くと、他はオーソドックスな種。

ホシハジロヒドリガモキンクロハジロが3本柱といえます。

不忍池で観察したヨシガモとユリカモメは見られませんでした。

 

ただ、生息密度はかなり高め。

少なくとも後述の六義園よりは数が多いと感じました。

バードウォッチングスポットというには少々パンチ不足かもしれませんが

日本庭園めぐりと同時に鳥を探すには最適のスポットかも?

 

 

 

 

 

不忍池に続き、こちらでもカワセミが出てきました。

文化財として隔離保全(?)されているためか

ここの池には外部から排水が流れ込むことが(基本)ないので

水質も良好に保たれ、カワセミにとっても暮らしやすいのかも?

 

もっとも、今はもうカワセミも都内のあちこちに進出してきているのですが……。

 

 

 

 

 

 

清澄庭園といえば、仕事で執筆した際にも取り上げたのですが

あの岩崎弥太郎が大量に運び込ませたという「石」が特徴です。

弥太郎は相当の石マニアだったらしく、岩石の種類は実に豊富。

ちなみに右の佐渡赤玉石が最も希少価値が高く高価だそうで

コレ1つで一戸建てが2件建つという専らの噂(汗)

(今はもう採掘できないそうです)

 

 

 

 

 

正月はまだ1ヶ月先ですが、清澄庭園前で餅つきをやっていました。

テント等も出ていて地元のオバちゃんがパッキングしていたので

売っているのかと思いきや、残念ながら町内会用のイベントで非売品。

めちゃくちゃ美味そうだっただけに無念です……。

 

 

 

 

 

仕方ないので家系ラーメンで済ませました。

3番目の行き先である、六義園の近くにあります。

多分他にもチェーン展開しているお店です。

 

公園・庭園内で食事を済ませられれば一番なのですが

そういう園内にあるのは基本的に甘味処なので

ガッツリ食事したいのなら外で食う所を探した方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

さて、六義園は今回が2回目の訪問。

都立庭園らしくといいますか、小規模ながら菊の展示も見られました。

あと、春の名物の枝垂桜しかり、右写真の大イチョウしかり、

樹木のサイズが非常にデカいのが目立ちます。

 

 

 

 

 

一方でカモについては、決して少ないということはないのですが

清澄庭園よりも密度は低い……という印象。

面積はこちらの方が上ですし、周囲の環境についても

六義園の方が深い雑木林に包まれていて恵まれているようにも感じるのですが。キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

ヒドリガモキンクロハジロはこちらでも健在。

あと、マガモ(右写真)がかなり多く観察できました。

 

 

 

 

 

ちょうど六義園は夜間のライトアップイベントをしていたり

紅葉真っ盛りだったこともあって、この日はかなり混んでいました。

というより、都立9庭園のなかでもここは特にそうした催しが多く

例年人口密度がコンスタントに高くなって賑わうらしいので、

どうしてもカモの数は相対的に少なくなるのかもしれません。

 

 

 

 

 

意外と高低差もある六義園。

写真のような小高い丘からだと、園全域を見渡せます。

 

 

 

 

 

ハトの巣

ちなみに「マメト」ではなく「マメト」です

……進化させてもあんまりバトルの役には立ちません(汗)

 

 

 

 

 

枝垂桜の目の前で、ちょうどお昼頃にイベントを実施。

花のないこの時期でもこれだけドッと人が集まるのですから

春のサクラ満開期にはもっと凄いことになるんじゃないかと。

 

 

落ち着いた佇まいで水鳥の数・種類が多い清澄庭園に

茶屋やイベントなどの集客コンテンツが充実していて賑やかな六義園

同じ都立9庭園ですが、そのテイストは大きく異なります。

バードウォッチングに関しては、この日の結果だけ見ると前者がおススメですが

六義園でも三脚を構えている人はいますし、カワセミ辺りは普通に出てきそうです。

 

 

 

≪3章に続く≫