新年のごあいさつに代えて(○○のいる風景シリーズ) | 首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

 ビルの立ち並ぶ首都圏にも、生きものの暮らす環境は確かに存在します。
 ここでは、しがない雑誌編集者が直接足を運んだ
 身近な緑地・公園などで出合った「命」について
 各スポットの景観美も交えてお伝えいたします。


テーマ:

あけましておめでとうございます。

今年も「首都圏生きものめぐり」を何卒よろしくお願いいたします。

 

新年のごあいさつに代えまして。昨年ブログで何度か登場しました

「生きもののいる風景」シリーズより厳選してお送りいたします。

干支にちなんでイノシシでもいたら万々歳でしたが(汗)

基本、鳥が中心です。そんな中でやはりクマバチが異彩を放っています。

 

 

 

 

 

清澄庭園&ヒドリガモ(2月)

 

 

 

 

不忍池&ユリカモメ(4月)

 

 

 

 

 

江奈湾&強風に耐えるクマバチ(5月)

 

 

 

 

 

東京港野鳥公園&チュウシャクシギ(5月)

 

 

 

 

 

秋ヶ瀬公園近隣の田んぼ&トウキョウダルマガエル(6月)

 

 

 

 

 

伊佐沼の田んぼ&セイタカシギ(6月)

 

 

 

 

 

酒匂川河口&コアジサシ(6月)

 

 

 

 

 

水元公園&コサギ(7月)

 

 

 

 

 

国営昭和記念公園&カルガモ親子(7月)
 

 

 

 

 

平塚市内の田んぼ&タゲリ(11月)

 

 

 

 

 

いたち川&アオサギ(12月)

 

 

 

 

風景とセットで観察すると、生きものがどんな環境を好むのか?

色々と面白いものが見えてくるような気がします。

K.Nakamuraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス