クリスマス散策記+2018年最後のあいさつ(横浜みなとみらい21) | 首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

首都圏生きものめぐり ~生物と景観から公園緑地を応援するブログ~

 ビルの立ち並ぶ首都圏にも、生きものの暮らす環境は確かに存在します。
 ここでは、しがない雑誌編集者が直接足を運んだ
 身近な緑地・公園などで出合った「命」について
 各スポットの景観美も交えてお伝えいたします。


テーマ:

今年最後の記事は、例年通りクリスマス・イブの横浜散策記で。

結局今年も一緒に過ごすパートナーが見つからなかったので(爆)

今年も1人でみなとみらいをぶらりと歩きました。

 

前回同様に高島水際線公園からスタートしたのですが

例年と比べ、異様にユリカモメの数が少なかったのが気になります。

(後述の山下公園では多数見かけましたが)

 

 

 

 

 

 

アオサギ(左)とイソシギ(右)には遭遇しました。

常連かつ主のような存在であるアオサギはともかくとして

イソシギはここで出合うのはちょっと珍しかったりします。

(なお、過去にはタヒバリの集団にも遭遇しています)

 

 

 

 

 

続いて臨港パークへ。毎年ここにはオナガガモが飛来します。

ユリカモメもよく来るはずなのですが……今年はいないですね。

どうしたんでしょう? 数自体が減っているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

やはり例年通り、オナガガモ(左)が♂♀揃って訪れていました。

個体数自体はカルガモの方が多かったんですけどね。

 

右は海岸線をうろうろしていたハクセキレイです。

首をかしげてこちらを見ていました。 ……独りなのがそんなにおかしいですか?(呪)

 

 

 

 

 

ハクセキレイのいる風景 みなとみらい版

 

 

 

 

 

クリスマスらしく、イベントも開催中でした。

この時期の花壇は一般に地味なイメージを抱かれがちですが

実際に見てみるとそれなりに華やかです。

 

 

 

 

 

道中の公園で、手回しオルガンの演奏会をやっていました。

こういう催しはつい足を止めたくなるものです。

 

 

 

 

 

 

赤レンガ倉庫では、クリスマスにちなんだ食フェスを開催!

この前日比谷公園でレポートしたのとよく似ていますね。

誘惑に負けて、この日もソーセージのセットを買ってしまいました(右)。

フライドポテトも付けて1000円未満だったので、まあお財布にはやさしい方……かな?

 

 

 

 

 

ただ、上空に複数のトビが飛びまわっていましたので

立ち食いしている間変なプレッシャーが……(汗)。

 

トビの脅威に晒されているのは何も江の島だけとは限りません。

 

 

 

 

 

象の鼻テラスより。右奥に見える巨大な客船は

大桟橋に停泊しているものです。この時は2艘とまっていました。

本当は桟橋から間近で船を撮ろうかと思いましたが

ちょっと時間がなかったため、この日はスルーして山下公園へ。

 

 

 

 

 

山下公園は大賑わい。人はもちろんですが、ユリカモメもたくさん!

高島と臨港パークで見かけなかった分、こちらに集まっていたのか?

(山下公園の個体数自体はパッと見例年とほぼ同等でしたが)

 

 

 

 

 

手すりにズラリと並ぶユリカモメの大群。

人馴れしているので、余程近づかない限りは逃げません。

 

興味をもって撮ろうとする方は多いですね。

微笑ましいことですが、慣れていないと距離感をつかみにくいのか

近づきすぎて飛ばしてしまう姿も多々見られました。

 

 

 

 

 

人気者のユリカモメ君。皆から写真を撮られています。

……サンカノゴイ撮影の時のハクセキレイとはえらい違いです(涙)。

 

 

 

 

 

海に目を向けると、スズガモが多数観察できました。

以前にはカンムリカイツブリが見られたこともありましたが、

残念ながらこの日は見当たらず。

 

 

 

 

 

 

サンクンガーデンは以前にも話した通り、バラだけでなく様々な植物が入って

四季を通じて楽しめるようになったため、こんな寒い時期でも結構見栄えがします。

が……。↓

 

 

 

 

 

2つの植え込みの中にバラの木が植栽されているのがわかりますでしょうか?

なんと、まだ5~6割が元気に咲いています(汗)。

 

以前にも書いた通り、温暖化、四季咲き製の新品種の作出など

この時期にもバラが見られるのには色々な理由がありますが

先日、とある方より「肥料のあげ過ぎ」説も提唱されました。

バラの品種はもとより肥料もどんどん高品質のものが増えていますので

量が増えたことで、こんな寒い時期まで咲いてしまうケースもなくはない……かも?

 

ただ、今のこの時期に花を咲かせてしまうと

本来のピークである来年の春がどうなるのか少々心配だったりします(汗)。

バラも生きものですので、サプリメント(肥料)をあげたからといって

いつでも元気(開花状態)でいてくれるわけじゃありませんので……。

 

 

 

 

 

今年設置された、港の見える丘公園のガーデンベアモニュメント。

周囲は冬の花で彩られています。

 

 

 

 

 

港の見える丘公園もまた、冬の花で彩られつつ

まだバラが楽しめました。バラ目当てのカメラマンさんも結構な数。

意外と知られていませんが、冬のバードウォッチャーに負けないくらい

バラに特化して写真撮影される方も首都圏には多くいらっしゃいます。

(ただ本格的なカメラ持参という方よりは、スマホ持ちのマダム層が多いです)

 

 

 

 

 

 

左:ブラスバンド

右:グラハムトーマス(つるバラ)

 

元気に最盛期さながらに咲いていましたが、いずれも結構前に作出された品種であり、

上に挙げた「品種改良で長期間咲くようになったバラ」には(恐らく)当てはまりません。

ならやはり温暖化の影響か?というと一概にそうとも言い切れず……。

まあ、深く考えるとキリがないので、素直に「真冬にバラが撮れてラッキー」程度に

考えておくのがいいのかもしれません(汗)

 

ちなみに山下公園も港の見える丘公園も、混色型ガーデンに転換されたため

よしんば春~初夏のバラ最盛期の開花数が少なくても、

他の植物が開花してくれるため、

パッと見での見栄えのよさはそれなりにキープできるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

この日一番見栄えがしたのがこのバラ。

クイーン オブ スウェーデンといい、カップ咲きの丸っこい形が目を惹きます。

花のサイズはご覧の通り中型程度。冬場ながら形がきれいです。

 

……にしても、こう真冬にあちこちでバラが咲いてしまうと

ますます「クリスマスローズ」が誤解を招きそうです(汗)

クリスマスローズはキンポウゲ科で全く別の花ですので念のため。

 

 

 

 

 

ちなみに12月時点でのクリスマスローズはこんな感じです。ほぼ葉っぱだけ。

開花して見頃を迎えるのはあと1ヶ月半後~2ヶ月半後くらいでしょうか?

樹木であるバラと違い、こちらは草本植物で背丈もあまり高くないですが

元気に成長して年月を経たものは、こんもりとした存在感のある株になります。

 

 

 

 

 

最後に、近くにやってきたシジュウカラです。

ちょっと地味かもしれませんが、これが今年最後にUPする写真です。

ま、初心忘れるべからずということで(笑)。

 

 

 

さて、今年も残すところ、あと5時間強となってしまいました。

長かったようであっという間だった1年間。

今年も方々で生きものや風景と出合い、また新しい発見もたくさんありました。

 

2019年も、アナグマを主目標に掲げつつ(汗)、また方々に足を運ぶ予定です。

引き続き、首都圏生きものめぐりを何卒よろしくお願いいたします。

 

それでは皆様、よいお年を! (^-^)ノシ

 

 

 

 

 

【12/24 横浜みなとみらい界隈で撮影した生きもの】

アオサギ、イソシギ、オオバン、オナガガモ、カルガモ、シジュウカラ、スズガモ、トビ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ホシハジロ、ムクドリ、メジロ、ユリカモメ

 

 

【12/24 横浜みなとみらい界隈で捕獲したポケモン】

アサナン・・・2

ウリムー・・・3

オドシシ・・・2

ガーディ・・・1

カラカラ・・・1

キバニア・・・1

キャモメ・・・1

キリンリキ・・・6

ゴマゾウ・・・1

サイホーン・・・3

ストライク・・・1

タマザラシ・・・10

ツボツボ・・・1

デリバード・・・7

ニューラ・・・4

ピカチュウ(サンタ帽)・・・4

ヒトデマン・・・1

ヒノアラシ・・・1

ブルー・・・1

マクノシタ・・・1

ムックル・・・2

ユキカブリ・・・9

ユキワラシ・・・14

ラブカス・・・8

リリーラ・・・1

ルージュラ・・・4

 

≪総括≫

臨港パークでキリンリキ、赤レンガ倉庫でアサナン、

山下公園でサイホーンとラブカスが各々「巣」に指定されていたらしく多数出現しましたが、

如何せん散策エリアが広いので1ヶ所で狩りをしている時間はなく、捕獲数は控え目です。

狩りだけが目的なら、事前に攻略サイト等で営巣情報を把握し、

欲しい種の出るスポットにピンポイントでアクセス・常駐してプレイし続けるのが良いでしょう。

どこもポケストップの数が多いため、アイテムには困らないはずです。

K.Nakamuraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス