現実とは、女性のおしりを触ること。 | 空想クソ野郎の話 一話完結!

空想クソ野郎の話 一話完結!

掲載内容は全てフィクションです。
実在の人物・団体・事件等には一切関係ありません。


テーマ:
 さて…
 今、君は電車に乗っている。
 埼玉県から東京に走る、そう埼京線だ。
 混んではいない。午前10時ぐらいだから。
 そして目の前にある女性のおしりだ。
 それが今日の問題だ。
 

 君はニートだ。
 自分で働きもせず、しかしスマホとiPadを持っており、ちょうど今、電車に揺られながら絶妙な体幹バランスにより、プレイステーションvitaで遊んでいる。
 家に帰れば、小学校低学年の時に与えられた自分の快適な部屋がある。(長男の特権)
 AKBのポスターは貼っていないが、初音ミクのポスターが自分のベッドの真上の天井に貼り付けられている。
 今日は西武池袋で行われるミニライブに出張だ。


 でも君は33歳。
 そろそろ現実を知って、独り立ちをしなくちゃね。
 朝立ちじゃないよ。(それは十分)
 父親も来年で、もう定年だよ。
 母親は次男しか期待しちゃいないけどね。
 さあ、目の前のお尻を触ろう。
 触ったね。
 女子大生だね。
 あれ、思ったほどやわらかくないね。
 うん、揺れる電車内で足を突っ張って立っていて、ジーンズで、ちょっと痩せすぎだからかな。
 次だ。
 隣の女子高生のお尻を触ろう。スカートだ。
 ほら、やわらかい。むちっとしているね。大きいおしりだね。
 あ、そんなに強く触ったらだめだよ。


 おしりが思ったより硬めだったり、柔らかかったり、小さかったり、大きかったり、そんなに大したことなかったり、でも興奮したり…
 しかも細く見えても、結構大きかったりするからね。おしりは。
 これがリアル、そしてさらに現実世界に本格チャレンジだ!
 駅員に引き渡されたね。警察も来たね。母親が泣いているね。弟が冷たい目で見ているよ。
 父親は君をとうとう勘当して家を追い出すよ。
 やったね。リアルが充実しているよ。

空想クソ野郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス